そば、うどん『元長』(東京都台東区)

【あなご天そば】を上野で食べた(元長:東京都台東区)2017年夏

店に入る前に

そば、うどん『元長』(東京都台東区) 店全体を上野駅側から見たところ。首都高速1号上野線が上を通る昭和通り沿いにある。
そば、うどん『元長』(東京都台東区) 店全体を上野駅側から見たところ。首都高速1号上野線が上を通る昭和通り沿いにある。

 

初来店。

店の外に大きな紙で『当店メニュー』が貼り出されている。その他にも個別メニューのチラシが貼り出されている。店の中には、別のメニューも案内されていた。

注文は店内の券売機にて行う。支払い方法として、現金のほかにスイカ・パスモが利用できる。

そばかうどんか、口頭で伝える。

 

注文してから5分ほど待つ ナスの天ぷらが気になる

そば、うどん『元長』(東京都台東区) 店全体を上野駅側から見たところ。黄色い掛け看板、ポスター貼付物が目立つ。
そば、うどん『元長』(東京都台東区) 店全体を上野駅側から見たところ。黄色い掛け看板、ポスター貼付物が目立つ。

 

18時前で、客は私一人。気のいい親父さんが一人で対応。

店はオシャレではないが小ぎれいで、奥からラジオの野球中継が流れてきた。

全席椅子あり。椅子が高く、テーブルが広い。短い時間のなかでもゆったりできて良い。

店の奥に化粧室あり。利用していないので中の状況は分からない。

出入口側にセルフサービスの水がある。

 

揚げ置きのナスの天ぷらを見たら、見たことのない大きさだった。今度はこれだ。

おろし揚げなす200円も気になった。

 

あなご天そば 470円

そば、うどん『元長』(東京都台東区) 店の外に貼り出されているメニュー。温かいものより冷たいものの方が値段が50円ほど高い。かき揚げ380円に対して、冷やしかき揚げは430円。なす天単品90円は良いな。
そば、うどん『元長』(東京都台東区) 店の外に貼り出されているメニュー。温かいものより冷たいものの方が値段が50円ほど高い。かき揚げ380円に対して、冷やしかき揚げは430円。なす天単品90円は良いな。

 

器は大きめで陶器、四角いお盆はプラスチック。

そば、温かいつゆ、あなごの天ぷら、小口切りの長ねぎ。

 

つゆはすっきり甘い。くどくなく口の中に甘さ辛さが居座らない。これが良い。

『茹でたて自家製麺』のそばは長く細く、柔らかめ。香りは弱め。

そば、うどんの大盛りは100円でそれでもありがたいのに、量の多さも嬉しい。

 

あなごの天ぷらは小さめ。見た目も柔らかな黄色い衣は、薄く柔らかめのサクサク。油の香りはするがくどくない。

やはり揚げたての天ぷらは良い。それを受け止めるそば、つゆもまた良い。

 

上野駅近くのそば、うどん『元長』の概要

  • 名称:元長(もとちょう)
  • 住所:東京都台東区東上野4-10-7 東ビル1F
  • 最寄り駅:JR山手線ほか、東京メトロ銀座線ほか 上野駅 徒歩5分
  • 営業時間1:平日 600-2100
  • 営業時間2:土 700-1400
  • 休日:日、祝日
  • 地図アドレス(GoogleMap):https://goo.gl/maps/QodSAU1gPLu
そば、うどん『元長』(東京都台東区)
そば、うどん『元長』(東京都台東区)

 

以上

  • 記事名:【あなご天そば】を上野で食べた(元長:東京都台東区)2017年夏
  • 記事更新日:2017年7月8日
  • 記事出典元:山上真オフィシャルサイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)