色付く【イチョウ並木】を東京駅近くで見た(行幸通り:東京都千代田区)2017年秋

植物【イチョウ・銀杏】行幸通り(東京・丸の内)2017年秋、パレスホテル東京、東京駅丸の内駅舎、丸の内中央広場。

丸の内・行幸通りのイチョウ並木

2017年11月4日 土曜日

皇居東御苑を大手門から出まして、内堀通り、行幸通りと移動しました。

内堀通り(東京・皇居)2017年秋、紅葉。

行幸通り(東京・丸の内)2017年秋、イチョウ並木。

東京駅丸の内駅舎へと通じる行幸通りのイチョウ並木は、緑色の木もありましたが、ある程度の木が黄色に色づき、見ていて心地のよいものでした。

行幸通り(東京・丸の内)2017年秋、イチョウ並木。

行幸通り(東京・丸の内)2017年秋、イチョウ並木。

行幸通り(東京・丸の内)2017年秋、イチョウ並木。

 

イチョウにズームイン

行幸通り(東京・丸の内)2017年秋、イチョウ並木。茶色のビルは東京海上日動ビルディング本館。その奥に新丸ビル。

行幸通り(東京・丸の内)2017年秋、イチョウと青空。

行幸通り(東京・丸の内)2017年秋、イチョウ並木。向こう側にバスの列。

行幸通り(東京・丸の内)2017年秋、イチョウ。

 

ビルを背にしてイチョウを

茶色のビルは東京海上日動ビルディング本館。その奥に新丸ビル。

行幸通り(東京・丸の内)2017年秋、イチョウ並木。茶色のビルは東京海上日動ビルディング本館。その奥に新丸ビル。

内堀通りから見たパレスホテル東京と、行幸通りから見たパレスホテル東京、手前に和田倉噴水公園。

パレスホテル(東京・皇居近く)2017年秋、内堀通りから見る。

パレスホテル(東京・皇居近く)2017年秋、行幸通りからイチョウとともに。

お濠の石垣。行幸通りからイチョウ並木、皇居方面を見る。

行幸通り(東京・丸の内)2017年秋、イチョウとお濠。

行幸通り(東京・丸の内)2017年秋、イチョウ並木。皇居方面を見る。

二人だけど、Gメン75みたい。

 

行幸通りを通って東京駅丸の内駅舎へ

和田倉噴水公園辺りで楽しげな音を耳にしていましたが、この日は行幸通りあるいは丸の内地区で何らかのお祭りをしていたらしく、東京駅丸の内駅舎寄りの行幸通りにてその音源である集団に遭遇しました。

遠目から見ていましたが、もっと近くで見聞きすればよかった。ピーヒャララの秋であります。

行幸通り(東京・丸の内)2017年秋、東京駅丸の内駅舎を見る。

東京駅丸の内駅舎前の丸の内中央広場、人がよく集まりそこに留まる姿を本当によく見るようになりました。日本の玄関であります。

東京駅丸の内駅舎(東京・丸の内)2017年秋、丸の内中央広場。

 

以上

  • 記事名:色付く【イチョウ並木】を東京駅近くで見た(行幸通り:東京都千代田区)2017年秋
  • 記事更新日:2017年11月14日
  • 記事出典元:山上真オフィシャルサイト

【黄金色の並木】を後楽園駅近くで見た(文京シビックセンター展望ラウンジ:東京都文京区)2016年秋

植物【イチョウ・銀杏】後楽園(東京・後楽園)2016年秋、文京シビックセンター展望ラウンジ、小石川後楽園。

都道434号線牛込小石川線の並木が黄金色に変わってゆく

後楽園にある文京シビックセンター(文京区役所)25階の展望ラウンジより臨む(東京都文京区) 真ん中の庭園は小石川後楽園、左手の小さな白い半丸は東京ドーム。右手前にある礫川(れきせん)公園に紅葉あり。ハゼノキと思われる。

後楽園にある文京シビックセンター(文京区役所:東京都文京区)25階の展望ラウンジより見たものです。

真ん中の庭園は小石川後楽園、左手の小さな白い半丸は東京ドーム。

右手前にある礫川(れきせん)公園に紅葉あり。ハゼノキと思われます。

後楽園にある文京シビックセンター(文京区役所)25階の展望ラウンジより臨む(東京都文京区) 都道434号線の並木。その半分ほどが緑色から黄色へと変わっている。この植物は何だろう。

都道434号線の並木。

その半分ほどが緑色から黄色へと変わっています。この植物は何だろう。

後楽園にある文京シビックセンター(文京区役所)25階の展望ラウンジより臨む(東京都文京区) 黄色に変わっていく都道434号線の並木。黒い建物は住友不動産飯田橋ファーストタワー。その右に東京都庁が見える。

黄色に変わっていく都道434号線の並木。

黒い建物は住友不動産飯田橋ファーストタワー。

その右に東京都庁が見える。晴れていればその隣に富士山も。

後楽園にある文京シビックセンター(文京区役所)25階の展望ラウンジより臨む(東京都文京区) 地上と雲に挟まれ生まれた陽の帯が美しい。右手前に住友不動産後楽園ビル。真ん中の木々は東京大学大学院理学系研究科附属植物園。

地上と雲に挟まれ生まれた陽の帯が美しい。

右手前に住友不動産後楽園ビル。

真ん中の木々は東京大学大学院理学系研究科附属植物園。

 

文京シビックセンター25階展望ラウンジの概要

  • 文京シビックセンター(文京区役所)25階展望ラウンジ
  • 住所:〒112-8555 東京都文京区春日1-16-21
  • 開所時間:9時-20時30分。休所日:年末年始(12月29日~翌年1月3日)、文京シビックセンター全館休館日(5月第3日曜日)
  • 入場料:無料
  • アクセス1:東京メトロ丸ノ内線(4a・5番出口)、同じく南北線(5番出口)後楽園駅 徒歩1分
  • アクセス2:都営地下鉄三田線、同じく大江戸線 春日駅 文京シビックセンター連絡口より徒歩1分
  • アクセス3:JR中央・総武線 水道橋駅 東口より徒歩9分(途中に都営地下鉄水道橋駅あり)
  • 地図:【Google Maps】https://goo.gl/maps/GfYcPLpXSMK2
  • 写真撮影日:2016年11月23日

本記事参考サイト:文京区 文京シビックセンター展望ラウンジ

  • 備考:『東側には東京スカイツリー、西側には新宿副都心と富士山、北側には筑波山等を望む大パノラマが広がります』とサイトには案内があります。また東京スカイツリーが完成していく過程を写真で案内しています。
  • サイト管理者:文京区役所
  • サイトアドレス:2017年11月18日現在(連絡を要するためリンクをしない)
    http://www.city.bunkyo.lg.jp/bunka/kanko/osusume/lounge.html

本記事参考サイト:公園へ行こう!|小石川後楽園

  • 備考:後楽園駅からも飯田橋駅からも行くことができます。小石川後楽園は隣接している東京ドームよりも大きいのですね。
  • サイト管理者:公益財団法人東京都公園協会
  • サイトアドレス:2017年11月18日現在(リンク対応につき不明のためリンクしない)
    https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index030.html

本記事参考サイト:文京区 礫川公園

  • 備考:『れきせん』と読むとのことで初めて知りました。写真撮影時はブランコが大きく揺れていました。小人は風の子です。
  • サイト管理者:文京区役所
  • サイトアドレス:2017年11月18日現在(連絡を要するためリンクをしない)
    http://www.city.bunkyo.lg.jp/bosai/midori/kuritukouen/kouen/rekisen.html

後楽園にある文京シビックセンター(文京区役所)25階の展望ラウンジより臨む(東京都文京区) 真ん中右手の木々は東京大学大学院理学系研究科附属植物園。真ん中の建物は小石川パークタワー。

後楽園にある文京シビックセンター(文京区役所:東京都文京区)25階の展望ラウンジより見る。

真ん中右手の木々は東京大学大学院理学系研究科附属植物園。

真ん中の建物は小石川パークタワー。

後楽園にある文京シビックセンター(文京区役所)25階の展望ラウンジより臨む(東京都文京区) 都道434号線の黄金色の並木。

都道434号線の黄金色の並木。

 

以上

  • 記事名:【黄金色の並木】を後楽園駅近くで見た(文京シビックセンター展望ラウンジ:東京都文京区)2016年秋
  • 記事更新日:2016年11月29日、2017年11月18日
  • 記事出典元:山上真オフィシャルサイト

暑い夏に緑の涼しげな幸せを 新宿御苑の『プラタナス』(東京都新宿区)2012夏

 

新宿御苑の緑の葉のプラタナス(東京都新宿区)

昨日は11月3日で文化の日。

新宿へと足を伸ばし新宿御苑で花を見て美味しいパンを、それから本を見て回って…

財布がない。ああ忘れてしまった。カバンの引継ぎはこれだから困る。

 

午前中は曇っていたが、12時30分前後からいい天気に。さすがに冬に差し掛かった頃だ。陽の光浴びられる時間が短い。

 

写真は今夏の青々と茂ったプラタナスの木。11月中にお目にかかりたいものだが、さて。

菊の大輪もだ。

 

写真情報

  • 名称:プラタナス
  • 撮影場所:新宿御苑 東京都新宿区内藤町
  • 撮影年月日:2012年8月25日

 

  • 記事名:夏に緑の幸せを 新宿御苑の『プラタナス』(東京都新宿区)2012夏
  • 記事更新日:2012年11月4日、2016年1月29日、2016年3月26日、2016年6月12日
  • 記事出典元:ブログ「山上真の噂のスマイリングアワー」