展覧会【第36回冬ぼたん】に行った(上野東照宮:東京都台東区)2018年冬

 

上野恩賜公園を通って上野東照宮へ

上野恩賜公園に設置された上野東照宮の立て看板。

上野の森美術館の『生賴範義展』を諦めて、当初の予定通り2年ぶりのぼたん苑へ。

【冬季のぼたん苑】2月28日まで。

往来絶えず、外国人やカメラ持参者も少なくない。

牡丹は200株以上あるそうで、予定時間を延長し1時間以上滞在した。素晴らしい時間。

 

入苑料は中学生以上で700円。

入口で出迎えてくれたパンダの親子。

目立つのはハボタンと思われるが、苑内のハボタンを重点的に撮影していた外国人もいた。可愛らしいということなのだろうか。

 

藁に覆われたボタン、白と赤

牡丹を藁で覆っている。霜よけのため。ここまでに2年かける。

手間暇かける。そう考えると、700円とは有り難い入苑料だ。

『立入禁止』『NoEntry』と書かれた出口からぼたん苑に入ってきた奴らの気が知れない。日本語も英語も読めない、読まない人とは。

 

牡丹にはそれぞれ名称が付せられているが、私には覚えられない。色、花びらの大小や形などの違いは分かりやすい。

赤色と白色の牡丹を一箇所に並べている場所もある。

咲いていない花も少なからずあったから、これから足を運んでも楽しめる。

 

 

黄色のボタン、黄色のロウバイ

牡丹のなかで黄色のものは、他の色と比べて香りが強いそうだ。

その案内に従って顔を近づけてみると、良い心持ちになった。

 

黄色の繋がりで言えば、これも嬉しいロウバイの色、そして香り。

仕事や心配事を忘れられる一時、有り難い。

 

器に盛られた鮮やかな冬ぼたん

このような趣向は2年前には無かったのではないか。これもまた鮮やかで嬉しい。

同じぐらい嬉しく感心したのは、このような趣向だけで満足している見物客がいるように見受けられなかったこと。

好きな人が、好きなものに、好きなだけ、接することができる空間は良い。

 

上野東照宮社殿、神々しさ変わらず

この内部は非公開。

拝観料は中学生以上で500円。

この金額のためだろうか、お金を出すのが惜しいのか、拝観者は本当に少ない。これこそ勿体ない。すぐそこまで足を運んでいるのだから。

御狸様も、御神木も、素晴らしい彫刻も、この黄金色も。

初めて来た2年前、心を奪われ今回もまた。

 

『第36回上野東照宮・冬ぼたん』の概要

  • 第36回上野東照宮・冬ぼたん
  • 期間:2018年1月1日から2月28日まで(期間中に終期が2月25日から変更になった)
  • 時間:9時30分から入苑締切16時30分
  • 入苑料:中学生以上700円、団体20名以上の場合は600円、小学生以下は無料
  • 備考:次回は『春のぼたん祭』として、2018年4月11日から5月13日まで開催予定。

 

上野東照宮ぼたん苑の概要

  • 名称:上野東照宮ぼたん苑(上野東照宮内)
  • 住所:〒110-0007 東京都台東区上野公園9-88
  • 交通アクセス1:JR上野駅 公園口より徒歩5分
  • 交通アクセス2:京成電鉄京成上野駅 池之端口より徒歩5分
  • 交通アクセス3:東京メトロ上野駅 不忍口より徒歩10分

本記事参考サイト:上野東照宮公式ホームページ

  • サイト運営管理者:上野東照宮
  • サイトアドレス:2018年4月1日現在。リンク設定対応について公式サイトでは未詳のため、リンクを設定しない。
  • https://www.uenotoshogu.com/

 

以上

  • 記事名:展覧会【第36回冬ぼたん】に行った(上野東照宮:東京都台東区)2018年冬
  • 記事更新日:★2018年1月18日、★2018年1月19日、2018年4月1日
  • 記事出典元:★Twitter 山上真@makotomys、山上真オフィシャルサイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)