ブーランジュリチロ(東京都町田市)のパン【あまなつ】 パン生地と色味が同じだが、それでも甘夏の色は鮮やかで目を引く。甘夏の甘みやわずかな苦味がまた春に良い。

ブーランジュリチロのパンを食べた【食パン・じゃがいも・甘夏】(東京都町田市)2017年春

パン屋『ブーランジュリチロ』は町田駅から徒歩で10分ほど

パン屋『ブーランジュリチロ』(東京都町田市) 町田駅から徒歩10分ほどのところにある。この先に町田森野郵便局がある。建物が住宅街に溶け込んでいるので見落とすかもしれないが、ガラス張りのため店内の雰囲気を外から知ることができ、立看板も出ている。
パン屋『ブーランジュリチロ』(東京都町田市) 町田駅から徒歩10分ほどのところにある。この先に町田森野郵便局がある。建物が住宅街に溶け込んでいるので見落とすかもしれないが、ガラス張りのため店内の雰囲気を外から知ることができ、立看板も出ている。

 

食パン

ブーランジュリチロ(東京都町田市)のパン【食パン】 正式な名称は失念した。トースターで3分ほど焼いたもの。甘みが強い。購入時は6枚切りと3枚切りがあった。
ブーランジュリチロ(東京都町田市)のパン【食パン】 正式な名称は失念した。トースターで3分ほど焼いたもの。甘みが強い。購入時は6枚切りと3枚切りがあった。

 

ジャガイモのパン

ブーランジュリチロ(東京都町田市)のパン【名称失念】 トースターで3分ほど焼いたもの。ホワイトソースのようにパンを覆うのはジャガイモ。その味がしっかりとして舌触りも。ジャガイモ、鶏肉、玉ねぎ。香草も入っていたかも。嫌味のない味。
ブーランジュリチロ(東京都町田市)のパン【名称失念】 トースターで3分ほど焼いたもの。ホワイトソースのようにパンを覆うのはジャガイモ。その味がしっかりとして舌触りも。ジャガイモ、鶏肉、玉ねぎ。香草も入っていたかも。嫌味のない味。

 

ブーランジュリチロ(東京都町田市)のパン【名称失念】 トースターで3分ほど焼いたもの。鶏肉は申し訳程度のものではなく、見た目通り納得のいく大きさ、歯ごたえ、味のものが散りばめられている。
ブーランジュリチロ(東京都町田市)のパン【名称失念】 トースターで3分ほど焼いたもの。鶏肉は申し訳程度のものではなく、見た目通り納得のいく大きさ、歯ごたえ、味のものが散りばめられている。

 

あまなつ

ブーランジュリチロ(東京都町田市)のパン【あまなつ】 パン生地と色味が同じだが、それでも甘夏の色は鮮やかで目を引く。甘夏の甘みやわずかな苦味がまた春に良い。
ブーランジュリチロ(東京都町田市)のパン【あまなつ】 パン生地と色味が同じだが、それでも甘夏の色は鮮やかで目を引く。甘夏の甘みやわずかな苦味がまた春に良い。

 

パン屋『ブーランジュリチロ』の概要

  • パン屋『ブーランジュリチロ』(boulangerie chiro)
  • 住所:〒194-0022 東京都町田市森野2-31-5
  • 営業時間:平日 8:00~18:30(定休日は日曜日、第2,4,5水曜日)
  • アクセス1:JR横浜線・小田急小田原線 町田駅 徒歩8分(JR線ホームからは2,3分余分にかかる)
  • 地図:【GoogleMap】https://goo.gl/maps/3zLR7k5PwEF2
  • 写真撮影日:2017年4月13日
ブーランジュリチロ(東京都町田市)のパン【あまなつ】 カスタードクリームの焼き色も食欲をそそる。甘すぎないのは甘夏の良さを活かすためか。パン、果物、カスタードの調和の良さ。
ブーランジュリチロ(東京都町田市)のパン【あまなつ】 カスタードクリームの焼き色も食欲をそそる。甘すぎないのは甘夏の良さを活かすためか。パン、果物、カスタードの調和の良さ。

 

以上

  • 記事名:ブーランジュリチロのパンを食べた【食パン・じゃがいも・甘夏】(東京都町田市)2017年春
  • 記事更新日:2017年4月25日、2017年8月12日
  • 記事出典元:山上真オフィシャルサイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)