陶芸への郷愁 2010秋

芸術の秋といえば、目処は立たないが陶芸を再開したい。

といっても小さい頃に10年ほどやらせてもらったので粘土細工でしょうが。

  • 人の手から生み出される皿、茶碗、花瓶…
  • 美しさと力強さと壊れるもろさ。
  • 土に触れ生かされていたこと

今夏blogで久しぶりにお会いできた先生に感謝します。

 

追記 2013/7/1

陶芸の再開の目処立たず。追い立てられる日々。貧乏暇なし。

追記 2016年3月7日

陶芸の再開の目処まったく立たず。困った人だ。上記の先生はお元気そう。

 

  • 記事名:陶芸への郷愁 2010秋
  • 記事更新日:2010年9月30日、2016年1月7日、2016年3月7日
  • 記事出典元:山上真の「噂のスマイリングアワー」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)