歌【好きですかわさき愛の街】 生まれ育った街で聴いた、馴染んだ、涙した 2016年秋

歌手は明瞭できれいな声の、芹洋子

『好きですかわさき愛の街』を歌っているのは、ずっとダ・カーポだと思っていた。

芦屋雁之助版テレビドラマ『裸の大将』のテーマ曲『野に咲く花のように』や映画『宇宙皇子』のテーマ曲『夢狩人』を歌った、ダ・カーポだ。

だから芹洋子だと知って驚いたが、明瞭できれいな声に納得。

いずれも歌が上手だから勘違いをしたのだろう。

作曲は『武田信玄』『関ヶ原』『男はつらいよ』の、山本直純

軍歌調とも評価されうる勢いあるこの曲の曲調も、作曲者が山本直純と知れば、なるほどな。

『キネマの天地』のテーマを思い出す。

この曲を耳にして子供ながら、心が踊り動かされたことは今でも覚えている。

これも彼が作曲した、声楽入りの曲である『武田信玄』『風と雲と虹と』と合わせて、『好きですかわさき愛の街』における芹洋子と男性との掛け合い、歌声も印象深い。

詩にみる、人として生きる喜び

綺麗事で埋め尽くされたとも理解することができるこの曲の詞。所々に良いなと思える詩が出てくる。年を取ったおかげだ。

1番から3番まですべてを見渡すと、朝、昼、夜の場面と理解することもできる。人間の生活、サイクルそのものだ。

街への希望、そこに住み生活する人間の幸せ、生きる喜びを『好きですかわさき愛の街』にみることができないだろうか。だから目頭熱くなったと思うのだ。

『川崎』繋がりの曲として

『川崎踊り』もいい。盆踊りでよく耳にした。

数年前に、オリジナル歌手が誰なのかを知った時の、衝撃の大きさは忘れられない。

あの過剰なコブシのきかせ方からすれば納得いくものだが、都はるみとは。

この曲も、曲のみならず、詩も好きだ。

形を変えても残るもの、オリジナル(ここでは芹洋子版の『好きですかわさき愛の街』、都はるみの『川崎踊り』)は、やはり良いですね。

歌『好きですかわさき愛の街』の概要

  • 曲:『好きですかわさき愛の街』
  • 発表年:1984年
  • 作詞:肥後義子
  • 補作詞:石本美由起 
  • 作曲:山本直純
  • 歌:芹洋子

本記事参考サイト:川崎市民の歌「好きです かわさき 愛の街」 (フルVer)

  • サイト管理者:YouTube 動画 全国 鉄道・バス
  • サイトアドレス:2017年4月15日現在 https://youtu.be/rjyHowSvqPc

本記事参考サイト:【川崎市ホームページ】川崎市民の歌「好きです かわさき 愛の街」について知りたい。

 

以上

  • 記事名:歌【好きですかわさき愛の街】 生まれ育った街で聴いた、馴染んだ、涙した 2016年秋
  • 記事更新日:2016年9月23日、2017年4月15日
  • 記事出典元:Twitter 山上真@makotomys

【藤子・F・不二雄ミュージアム】の広報コーナーを川崎アゼリアで見た ふくよかなドラえもんのぬいぐるみが懐かしい(神奈川県川崎市)2016年夏

原画も、本も、ぬいぐるみも

2016年8月11日

ミューザ川崎シンフォニーホールに足を運ぶための最寄り駅である川崎駅。

11時30分開始のクラシックコンサートの公開リハーサルが13時過ぎに終わり、食事をしようと川崎駅の東側へと足を運びました。

駅から10分ほどのところにある、天ぷらが美味しいうどん屋で食事をすることを本当に楽しみにしていたのですが、行列ができていたので諦めました。残念。

その代わりのチェーン店のうどん屋が結構美味しかったので良しとしましょう。安くあがりましたし、その店の雰囲気も悪くなく、これであれば次もあるかもしれません。

 

しばらく川崎駅周辺を散歩して、14時30分頃にミューザ川崎シンフォニーホールへと引き返しました。

その最中にあったのが、地上と地下街『アゼリア』の連絡通路にある藤子・F・不二雄ミュージアムの広報コーナーでした。

地上からですと、みずほ銀行川崎支店の近くの、階段やエスカレーターがある38番出入口を降りてすぐのところにあります。

 

川崎アゼリアの『藤子・F・不二雄ミュージアム』広報コーナー(神奈川県川崎市)キャラクターの看板とぬいぐるみ
川崎アゼリアの『藤子・F・不二雄ミュージアム』広報コーナー(神奈川県川崎市)キャラクターの看板とぬいぐるみ

 

川崎駅から行くと少し遠く、見つけにくいところにあるかもしれません。これだけを目当てに来る人はなかなかいないでしょうが、原画(レプリカかもしれません。はっきりと見ていないので不明です)やコミック、キャラクターのぬいぐるみなど所狭しと飾られています。

あまり人通りがないこともあって、それだけ人のことを気にする必要がないから、5分でも10分でもその場にいたくなります。素通りはもったいない。

 

川崎アゼリアの『藤子・F・不二雄ミュージアム』広報コーナー(神奈川県川崎市)ドラえもんのぬいぐるみやコミック、原画が飾られている
川崎アゼリアの『藤子・F・不二雄ミュージアム』広報コーナー(神奈川県川崎市)ドラえもんのぬいぐるみやコミック、原画が飾られている

 

私のようにある程度の年代のドラえもんといえば、ふくよかな体型のドラえもんが懐かしいと思う人もいるのではないでしょうか。これだよこれ、という良い感じの小さなぬいぐるみも飾られていました。

 

川崎駅近くの藤子・F・不二雄ミュージアムの広報コーナーの概要

  • 川崎駅近くの藤子・F・不二雄ミュージアムの広報コーナー
  • 場所:地下街『川崎アゼリア』の29番出入口・30番出入口を通過して、38番出入口、39番出入口(市役所通りへ抜ける出入口)へ行く途中
  • 住所:〒210-0007 神奈川県川崎市川崎区駅前本町3-1(川崎アゼリア)
  • 地図:【アゼリア フロアガイド】http://www.azalea.co.jp/floorguide/
  • 写真撮影日:2016年8月11日

本記事参考サイト:川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム

  • サイト管理者:株式会社藤子ミュージアム(川崎市による指定管理者)
  • サイトアドレス:http://fujiko-museum.com/
川崎アゼリアの『藤子・F・不二雄ミュージアム』広報コーナー(神奈川県川崎市)ふくよかなドラえもんのぬいぐるみが懐かしい
川崎アゼリアの『藤子・F・不二雄ミュージアム』広報コーナー(神奈川県川崎市)ふくよかなドラえもんのぬいぐるみが懐かしい

 

以上

  • 記事名:【藤子・F・不二雄ミュージアム】の広報コーナーを川崎アゼリアで見た ふくよかなドラえもんのぬいぐるみが懐かしい(神奈川県川崎市)2016年夏
  • 記事更新日:2016年8月15日、2016年9月15日、2017年4月26日
  • 記事出典元:山上真オフィシャルサイト