そば処『桂庵八丁堀店』(東京都中央区) 八丁堀駅より徒歩3分。緑色の『そば』の大きな幕ですぐに分かる。宝町駅より徒歩3分。『小諸そば桜橋店』が見えてきたら左に折れてすぐのところ。

【カレー南ばんそば】を八丁堀・宝町で食べた(桂庵八丁堀店:東京都中央区)2016年夏

暑い季節に冷たい風にあたりながら、それはそれは熱い蕎麦を座ってゆっくり食べる、幸せな日曜日の昼下がり

2016年8月21日 日曜日

この日は午前中に新宿の角川シネマ新宿で映画『Wの悲劇』を観て、それから東京駅に出て京橋にある東京国立近代美術館フィルムセンターで展覧会『角川映画の40年』を観ました。

その新宿と京橋の間のお昼に食事をしたのが、京橋の先の八丁堀にある桂庵八丁堀店です。

本サイト関連記事:角川映画祭で【薬師丸ひろ子】の映画『Wの悲劇』(昭和59年12月)を観た(角川シネマ新宿:東京都新宿区)2016年夏

本サイト関連記事:展覧会【角川映画の40年】を見た(東京国立近代美術館フィルムセンター:東京都中央区)2016年夏

 

東京駅から東京国立近代美術館フィルムセンターへ。すぐ先に八丁堀があるとは先日まで知らなかった。

八丁堀といえば中村主水で三田村邦彦。

『wの悲劇』で彼女ら(薬師丸ひろ子と世良公則)が千秋楽を迎えた家には百日紅が咲いていた。ここではヒャクジツコウが似合う。

●引用元 Twitter:山上真@makotomys 2016年8月22日

●備考:( )内は本記事作者が加筆したもの。

 

ドラマ『必殺仕事人』において藤田まことが演じた八丁堀同心の中村主水。

彼と同じく、仕掛人である『飾り職人の秀』が三田村邦彦。格好良かったですね。

彼は映画『Wの悲劇』においてヒロインを演じた薬師丸ひろ子の、所属劇団の新進気鋭の先輩俳優であり、女として初めてのお相手です。そのつながりでの話です。

昔はなんら思い入れもなかった百日紅(サルスベリ)ですが、ここ数年は、夏になると見たくなる目に鮮やかな花です。

『猿が滑る』よりも『夏の盛りに100日咲いて、愛する者を待つ』ヒャクジツコウの方が、この場合にはふさわしいと思うのです。

 

東京国立近代美術館フィルムセンターと桂庵八丁堀店の間に咲いていたピンク色の百日紅。映画『Wの悲劇』でも見ることができる。
東京国立近代美術館フィルムセンターと桂庵八丁堀店の間に咲いていたピンク色の百日紅。映画『Wの悲劇』でも見ることができる。

 

東京駅から徒歩で京橋駅、東京国立近代美術館フィルムセンター、宝町駅、首都高を通り抜けて、こちらの桂庵八丁堀店に行きました。

その流れですと、『小諸そば』の看板が見えてきたら十字路を左に曲がってすぐのところに桂庵八丁堀店があります。キョロキョロしていないと通りすぎるかもしれません。

暖簾や『そば』と書かれた大きな幕を見ると、店のイメージカラーは緑のようですね。

 

そば処『桂庵八丁堀店』(東京都中央区) 八丁堀駅より徒歩3分。緑色の『そば』の大きな幕ですぐに分かる。宝町駅より徒歩3分。『小諸そば桜橋店』が見えてきたら左に折れてすぐのところ。
そば処『桂庵八丁堀店』(東京都中央区) 八丁堀駅より徒歩3分。緑色の『そば』の大きな幕ですぐに分かる。宝町駅より徒歩3分。『小諸そば桜橋店』が見えてきたら左に折れてすぐのところ。

 

開業が2014年ということもあって、店の外も小ぎれい。

それは店の中も同じことです。結構なこと。小ぎれいで明るい。しかも全席が椅子席。

最近は、立ち食いそば屋、立ち食いうどん屋に(美味しいところもあるのだけれど)15分と店にいることはないとはいえ、立ちっぱなしや清潔感の不十分な店であることが少なくなく、安いだけで良いのだろうか、と思うようになりました。

それであれば少し料金は上がっても、ゆっくりと腰を据えて食事ができるところがよいのではないかと以前にも増して思います。桂庵八丁堀店はその希望を叶えてくれる。

 

日曜日もランチ営業していることもありがたい。

八丁堀はビジネス街と思っていましたが、少し歩いてみましたら、昔ながらの町並みも見ることができる街であるということが分かりました。そのことも営業曜日に影響しているのでしょうか。

 

そば処『桂庵八丁堀店』(東京都中央区) 出入口正面。入って右側に勘定場と調理場。入って左側で食事をする。清潔感の明るい場所で全席椅子席。
そば処『桂庵八丁堀店』(東京都中央区) 出入口正面。入って右側に勘定場と調理場。入って左側で食事をする。清潔感の明るい場所で全席椅子席。

 

桂庵八丁堀店。カレー南ばん蕎麦。

すっきりしてカレー粉の香りはっきりとしたつゆが良い。

蕎麦の量も丁度。

豚、玉ねぎ、長ねぎ。

店内明るく清潔感あり器は陶器、お冷はグラス。

一人で蕎麦屋に30分の贅沢な時間。

これが800円で何の文句ありや。

●引用元 Twitter:山上真@makotomys 2016年8月22日

 

客足は2,3組ということもあって、注文して5分ほどでカレー南ばんそばを出してくれました。

カレー南ばんそばが熱い。外が暑いからといってぬるいそばを出されては困ります。熱くて良い。猫舌でも熱くてよいです。

塩気の強さよりもカレー粉の香りがよい。くどさはなく、すっきりさらっとしたつゆを飲み干す。

 

そばの大盛りは100円増しとのことですが、そうしなくても満腹。細いそばであることも関係しているかもしれません。

お冷は各席に置かれているのでおかわりを。食事をしたなという充実感とゆっくりできて良いなという幸福感。「ごゆっくりどうぞ」の言葉に偽りはありません。

これで800円。何の文句がありましょう。

 

そば処『桂庵八丁堀店』(東京都中央区) 店の外に貼り出されているお品書き。そばうどんと丼。そばの大盛りは100円増し。
そば処『桂庵八丁堀店』(東京都中央区) 店の外に貼り出されているお品書き。そばうどんと丼。そばの大盛りは100円増し。

 

そば処『桂庵八丁堀店』(東京都中央区) 店の外に貼り出されているお品書き。飲み物とおつまみ、晩酌セット1200円(飲み物1品、おつまみ3品、もりまたはかけ。ただし夕方以降のみ)。
そば処『桂庵八丁堀店』(東京都中央区) 店の外に貼り出されているお品書き。飲み物とおつまみ、晩酌セット1200円(飲み物1品、おつまみ3品、もりまたはかけ。ただし夕方以降のみ)。

 

八丁堀駅・宝町駅近くのそば処『桂庵八丁堀店』の概要

  • そば処『桂庵八丁堀店』
  • 住所: 〒104-0032 東京都中央区八丁堀3-10−3正和ビル1階
  • 最寄り駅:JR・東京メトロ 八丁堀駅より徒歩3分。都営浅草線宝町駅より徒歩3分。東京メトロ銀座線京橋駅より徒歩7分。
  • 営業時間1:平日 11時-22時
  • 営業時間2:土・日・祝 11時-15時
  • 地図:【Google Map】https://goo.gl/maps/NoRXUAqUnon

 

そば処『桂庵八丁堀店』(東京都中央区) そばの器は陶器、お冷はグラス。椅子席でゆっくり食事ができることは小さくない幸せだ。
そば処『桂庵八丁堀店』(東京都中央区) そばの器は陶器、お冷はグラス。椅子席でゆっくり食事ができることは小さくない幸せだ。

 

以上

  • 記事名:【カレー南ばんそば】を八丁堀・宝町で食べた(桂庵八丁堀店:東京都中央区)2016年夏
  • 記事更新日:2016年9月1日、2016年10月2日、2017年6月11日
  • 記事出典元:山上真オフィシャルサイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)