川崎アゼリアの『藤子・F・不二雄ミュージアム』広報コーナー(神奈川県川崎市)ふくよかなドラえもんのぬいぐるみが懐かしい

【藤子・F・不二雄ミュージアム】の広報コーナーを川崎アゼリアで見た ふくよかなドラえもんのぬいぐるみが懐かしい(神奈川県川崎市)2016年夏

原画も、本も、ぬいぐるみも

2016年8月11日

ミューザ川崎シンフォニーホールに足を運ぶための最寄り駅である川崎駅。

11時30分開始のクラシックコンサートの公開リハーサルが13時過ぎに終わり、食事をしようと川崎駅の東側へと足を運びました。

駅から10分ほどのところにある、天ぷらが美味しいうどん屋で食事をすることを本当に楽しみにしていたのですが、行列ができていたので諦めました。残念。

その代わりのチェーン店のうどん屋が結構美味しかったので良しとしましょう。安くあがりましたし、その店の雰囲気も悪くなく、これであれば次もあるかもしれません。

 

しばらく川崎駅周辺を散歩して、14時30分頃にミューザ川崎シンフォニーホールへと引き返しました。

その最中にあったのが、地上と地下街『アゼリア』の連絡通路にある藤子・F・不二雄ミュージアムの広報コーナーでした。

地上からですと、みずほ銀行川崎支店の近くの、階段やエスカレーターがある38番出入口を降りてすぐのところにあります。

 

川崎アゼリアの『藤子・F・不二雄ミュージアム』広報コーナー(神奈川県川崎市)キャラクターの看板とぬいぐるみ
川崎アゼリアの『藤子・F・不二雄ミュージアム』広報コーナー(神奈川県川崎市)キャラクターの看板とぬいぐるみ

 

川崎駅から行くと少し遠く、見つけにくいところにあるかもしれません。これだけを目当てに来る人はなかなかいないでしょうが、原画(レプリカかもしれません。はっきりと見ていないので不明です)やコミック、キャラクターのぬいぐるみなど所狭しと飾られています。

あまり人通りがないこともあって、それだけ人のことを気にする必要がないから、5分でも10分でもその場にいたくなります。素通りはもったいない。

 

川崎アゼリアの『藤子・F・不二雄ミュージアム』広報コーナー(神奈川県川崎市)ドラえもんのぬいぐるみやコミック、原画が飾られている
川崎アゼリアの『藤子・F・不二雄ミュージアム』広報コーナー(神奈川県川崎市)ドラえもんのぬいぐるみやコミック、原画が飾られている

 

私のようにある程度の年代のドラえもんといえば、ふくよかな体型のドラえもんが懐かしいと思う人もいるのではないでしょうか。これだよこれ、という良い感じの小さなぬいぐるみも飾られていました。

 

川崎駅近くの藤子・F・不二雄ミュージアムの広報コーナーの概要

  • 川崎駅近くの藤子・F・不二雄ミュージアムの広報コーナー
  • 場所:地下街『川崎アゼリア』の29番出入口・30番出入口を通過して、38番出入口、39番出入口(市役所通りへ抜ける出入口)へ行く途中
  • 住所:〒210-0007 神奈川県川崎市川崎区駅前本町3-1(川崎アゼリア)
  • 地図:【アゼリア フロアガイド】http://www.azalea.co.jp/floorguide/
  • 写真撮影日:2016年8月11日

本記事参考サイト:川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム

  • サイト管理者:株式会社藤子ミュージアム(川崎市による指定管理者)
  • サイトアドレス:http://fujiko-museum.com/
川崎アゼリアの『藤子・F・不二雄ミュージアム』広報コーナー(神奈川県川崎市)ふくよかなドラえもんのぬいぐるみが懐かしい
川崎アゼリアの『藤子・F・不二雄ミュージアム』広報コーナー(神奈川県川崎市)ふくよかなドラえもんのぬいぐるみが懐かしい

 

以上

  • 記事名:【藤子・F・不二雄ミュージアム】の広報コーナーを川崎アゼリアで見た ふくよかなドラえもんのぬいぐるみが懐かしい(神奈川県川崎市)2016年夏
  • 記事更新日:2016年8月15日、2016年9月15日、2017年4月26日
  • 記事出典元:山上真オフィシャルサイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)