アニメ『ドラえもん ゆめの町ノビタランド』を見た【4】菊池俊輔の素晴らしさ 2010年春

子ども向けのドラえもんにジャズ? 音楽担当の菊池俊輔

のび太やドラえもんは『ポラロイドインスタントミニチュア製造カメラ』と『ガリバートンネル』でノビタランドをつくりあげる。彼らは『ノビタランド』でしずかちゃんやジャイアンたちを呼んでみんなで自分の思い通りに遊ぶ。

そこに初めて足を踏み入れたときの、6人が横に並んで町の中を指を鳴らして歩いていく光景は、ジャジーな音楽をバックにしてとてもかっこうよかった。子ども向けアニメだからといって制作に手抜かりはない。だからこそ今もなお、アニメ『ドラえもん』として愛されているのだろう。

5人ではなく『6人』というのは、ドラえもん、のび太、しずかちゃん、ジャイアン、スネ夫。あとの一人は出来杉君、ではない。それは帽子を被った、長身の男の子である。ほとんど見かけない子だ。

旧作の音楽担当である菊池俊輔の音楽は、今聞いても良いものだ。状況に応じたメリハリのついた音楽。例えば、アニメとは程遠いように思われている時代劇ドラマ『暴れん坊将軍』の音楽も菊池俊輔の作品である。いずれの作品でも印象強いのはさすがだ。

作曲家:菊池俊輔の作品例

  • ドラえもん
  • Dr.スランプアラレちゃん
  • ドラゴンボール
  • 仮面ライダーシリーズ
  • 暴れん坊将軍
  • 長七郎江戸日記
  • 江戸の鷹
  • 『旅の終わりに』作詞:立原岬(作家:五木寛之のペンネーム)、作曲:菊池俊輔、歌:冠二郎

 

  • 記事名:アニメ『ドラえもん ゆめの町ノビタランド』を見た【4】菊池俊輔の素晴らしさ 2010年春
  • 記事更新日:2010年4月7日、その他、2016年2月6日、2016年2月27日、2016年6月27日
  • 記事出典元:山上真のスマイルダイアリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)