『ボス』『ソフトバンクモバイル』『悪い奴ほどよく眠る』 テレビで見られる重鎮の俳優 2010年春

これがテレビコマーシャルか 驚きの重厚なキャスティング

今年の2月であったか、テレビを見ていると、聞き覚えのある声がテレビからしてくる。

男性の声が複数。画面から受ける雰囲気は重厚で、いい大人が見るテレビドラマのようだ。しかしすぐに終わってしまったから、それはテレビコマーシャルだったのかもしれない。

さほど時間経たずに、また同じものを見る機会があった。

テレビドラマができてしまうほどに俳優をそろえてのテレビコマーシャル。竜雷太、岩松了、矢島健一に石田太郎、そうだ、上田耕一もいた。

これが『アデランス ヘアクラブ』のテレビコマーシャルというから驚いてしまった。思わず「この人たちは何やってんの」と口をついて出てきたぐらいだ。

そういえば、女性向きのかつらのテレビコマーシャルでは、野際陽子や松坂慶子が出ているから、最近ではさほど驚くことでもないかもしれない。

しかしこれだけ重鎮が顔をそろえていると、面白みを感じられないテレビドラマが多いなかで、やはりテレビドラマの様相を呈してくる。

 

俳優が若すぎて声が、動きが軽い だからテレビドラマに面白みを感じない

『面白みを感じられないテレビドラマが多い』と私が思う理由の一つに、その出演者の多くが良くも悪くも若いこと、がある。

人さえ集めてしまえばテレビドラマは成り立つものだ、と本気で考えているのではないかと思わせるようなキャスティング。

つまらない脚本。最近の脚本軽視は甚だしい。

奇抜な演出でどれだけその軽視をカバーすることができているのだろう。疑問だ。

何をどうしたらこのテレビドラマを見ることができるのだろう、とテレビドラマを敬遠してしまうことがここ数年多い。

 

重鎮揃い踏み 格の違いを見せ付ける俳優たち

そんななか、テレビコマーシャルやあるいはテレビドラマで実績経験を積み重ねてきた、重鎮や名脇役などと評される人が出演しているものは、興味深く感じられる。

缶コーヒー『サントリー ボス』

出演:北大路欣也、加藤茶、松坂慶子、加藤剛

平成22年3月4日に見たテレビコマーシャルとして。 

北大路欣也と加藤剛の組み合わせが、しかもテレビコマーシャルで見られるというのは面白い。それだけで映画を思わせる。

モバイル『ソフトバンクモバイル ホワイトプラン』

出演:北大路欣也(声のみ)、樋口可南子、若尾文子

平成22年3月5日に見たテレビコマーシャルとして。

午前中にグーグルの『急上昇』を見たら、3位あたりに若尾文子がランクされていたからどうしたんだろうと思いながら夜にテレビを見ていたら、このテレビコマーシャル。これか、これだな。

まだまだテレビや映画、舞台と一線級での活躍思わせる、声の張りと佇まい。

ドラマ『悪い奴ほどよく眠る』

出演:村上弘明、とよた真帆、若井なおみ、高橋元太郎、本田博太郎、中野誠也

平成22年3月5日に見たテレビドラマとして(放送局フジテレビ、放映時間2100-2254)。

全ては見ていないのでドラマの内容は分からない。蛇足ながら黒澤明の映画も見ていない。

高橋元太郎は、ドラマ『水戸黄門』のうっかり八兵衛役は老けすぎて見るに耐えないけれど、このドラマの演技はよかった。いい味出してる、というのはこのことだ。

本田博太郎は、何をやっても本田博太郎なんだけれど、それぞれのテレビドラマで少しずつ違っている。ずっと見ているとその話のなかに引き込んでくれて安心をもたらしてくれる。

もしかしたら石橋蓮司や平泉成、北村総一朗なども、そうかもしれない。

中野誠也は、相も変わらない精悍な顔つき(このドラマでは悪人の顔つきであったが)に通る声の良さ。近頃その名前すら聞いていなかったが、嬉しくなった。

 

  • 記事名:『ボス』『ソフトバンクモバイル』『悪い奴ほどよく眠る』 テレビで見られる重鎮の俳優 2010年春
  • 記事更新日:2010年3月7日、2016年1月12日、2016年2月23日、2016年6月12日
  • 記事出典元:山上真の「本当に笑顔にできるんですか!!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)