相武台前の『彼岸花・曼珠沙華』(神奈川県相模原市)

相武台サンハイムの【彼岸花・ヒガンバナ】2012年秋(相武台前駅)

人の血を吸う花 彼岸と此岸をつなぐ花

今秋初めて彼岸花を見たのは、彼岸を過ぎてからであった。

そのせいでもないが初めて、白い彼岸花を見た。

赤い彼岸花が数本の横に1本だけ。

多勢に無勢か。いや同じく彼岸花。

赤く咲いても血が通う彼岸花。

白く咲いても心が和む彼岸花。

相武台前の『彼岸花・曼珠沙華』(神奈川県相模原市)

2012年10月3日

相武台サンハイム辺りの彼岸花。

今年はこの花、ほとんど見ていない。

夏暑く雨少なく、開花が遅れたせいもあるか。

今期初見の彼岸花は、隣の白いそれとともにもはや散ってしまった。

金木犀がおいでおいで。今年はいずれでその香りを嗅ごう

本記事の彼岸花の概要

  • 名称:曼珠紗華(彼岸花)
  • 撮影場所:神奈川県相模原市南区相武台
  • 最寄り駅:小田急小田原線 相武台前駅

本記事の名称、更新日、出典元、写真撮影日

■ 記事名称:相武台サンハイムの【彼岸花・ヒガンバナ】2012年秋(相武台前駅)

(旧:【曼珠沙華・彼岸花】を相武台前で見た 赤く咲いても白く咲いても(神奈川県相模原市)2012年秋)

■ 記事更新日:2012年10月3日、2016年2月9日、2016年3月23日、2016年9月11日、2017年9月12日、2017年9月24日、2019年9月25日

■ 記事出典元:山上真の噂のスマイリングアワー

■ 写真撮影日:2012年10月3日