【三國連太郎】バンザイ 緒形拳・林与一のドラマ『必殺仕掛人 消す顔消される顔』(昭和47年10月7日)を見た 2010秋

江戸の町を火の海にする 大悪党の三國連太郎

表では、火事場で人助け。

裏では、江戸を火の海にして木材で大儲け。

ハッキリとした顔立ちに大きな通る声。その大悪党役は三國連太郎。

今回は『特別出演』のクレジットで重みあり。

幽霊となった中村玉緒、ものまねの秋野太作

確かに出演していたのに、クレジットされていない中村玉緒の不思議。

林与一の「妻と息子が待っている」のまねで笑いを誘う秋野太作のおかしさ(この頃の名前は津坂匡章でした)。

ドラマ『必殺仕掛人 消す顔消される顔』の概要

  • ドラマ『必殺仕掛人 消す顔消される顔』
  • 出演:緒形拳、林与一、秋野太作、中村玉緒、山村聡
  • 出演:三國連太郎(特別出演)、石山律雄 その他
  • 放送日:1972年10月7日
  • 脚本:山田隆之
  • 音楽:平尾昌晃
  • 監督:松本明
  • 備考:ホームドラマチャンネルで放送中。今月は『地獄花』田村高廣と『おんな殺し』加賀まりこが特に良いです。

本記事参考サイト:声良し 顔良し 姿良し【田村高廣】のドラマ『必殺仕掛人 地獄花』(昭和48年1月20日)を劇場で観た 2016年冬

 

本当に健康食品のテレビコマーシャルのあの人なのか 三國連太郎

今日(平成22年10月11日)は仕事は一切しない

と決めて何をしたかといえば、衣替え、掃除、TVを見ること。

映画『飢餓海峡』を予定も、気が変わってビデオ録画していた『必殺仕掛人』に。

結局『飢餓海峡』に出演の三國連太郎を『必殺仕掛人』で予期せず見ることに。

健康食品のCMに出ている人と同一とは思えません。

 

役者というのはエゴイスト

追記 2016年3月9日 

昨日読んだ夕刊紙に彼のことを取り上げたコラムが載っていました。

自己主張の強いトラブルメーカーだから『ごね連』と呼ばれていたと。

そんな三國連太郎曰く

「役者というのは、どんなにそしりを受けても自分のことしか考えられないもの。エゴイストなんです」

■引用元:日刊ゲンダイ2016年3月9日(8日発行)『名物スタッフ「記録係」鈴木敏夫氏が語る 山田組はつらいよ』 ■記事作成者:鈴木敏夫(山田洋次監督率いる『山田組』スタッフの記録係)

そんな役者たちを見て心を動かされるわけです、私などは。

そう思うとなんだかな。

 

以上

  • 記事名:【三國連太郎】バンザイ 緒形拳・林与一のドラマ『必殺仕掛人 消す顔消される顔』(昭和47年10月7日)を見た 2010秋
  • 記事更新日:2010年10月24日、その他、2016年2月7日、2016年3月9日、2016年10月7日、2017年5月8日
  • 記事出典元:山上真の噂のスマイリングアワー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)