歌『星影の小径』1950年。詞矢野亮、曲利根一郎。歌小畑実(オリジナル)、歌ちあきなおみ。

歌【星影の小径】甘さに酔えるみのるもいい、情熱情念のちあきもいい 2009年秋

歌『星影の小径』1950年。詞矢野亮、曲利根一郎。歌小畑実(オリジナル)、歌ちあきなおみ。

俳優・千秋実といえば

ドラマ『関ヶ原』の山内一豊

俳優・千秋実(ちあき みのる)といえば、私にとってはテレビドラマ『関ヶ原』です。

森繁久彌演ずる徳川家康の挙兵の折に「わが領地をお通り下さい」と我真っ先に手を挙げて、お家を守った『功名が辻』山内一豊。

数年前に大河ドラマ『功名が辻』で同じ役を演じていた上川隆也とは随分とイメージが違いますが、出演シーンは多くはないものの、山内一豊といえば千秋実と強く印象に残っています。

ちなみに、石田三成演ずるは加藤剛です。これがまた良い。

黒澤明映画の常連

また、千秋実は巨匠と謳われる映画監督・黒澤明の映画作品の常連としても知られています。『七人の侍』『どん底』『隠し砦の三悪人』など。

そのなかでも『羅生門』は1951年、ヴェネチア国際映画祭グランプリ受賞作。

その『羅生門』の封切がされたのは前年、昭和25年のことでした。

 

小畑実が歌う『星影の小径』

俳優・千秋実とは名前が同じ『みのる』で、年齢は何歳か下の歌手・小畑実。

彼は1950年(昭和25)に『星影の小径』を発表しました。

それまでに何曲ものヒット曲を生み出した小畑実はさらに評価を高めます。

甘く酔いしれる、優しく温もりのある声。高い声にのせて運ばれるその魅力。

歌『星影の小径』の「アイ ラブ ユー  アイ ラブ ユー」

その言葉がもつ、心とかされる甘さを一層感じさせる小畑実の魅力ある声は、『星影の小径』を聴く者を舞い上がらせ、軽やかに、心弾ませます。

今でこそ、そのように思える小畑実の『星影の小径』。

はじめて聞いた時、私はいい印象をもつことができませんでした。はっきりと覚えていることです。あまりにも私のもっていた『星影の小径』への印象とは違うがために。

初めて聴いた『星影の小径』は別の人が歌っていました。その人の印象があまりに強かったのです。

 

初めての『星影の小径』は、別の歌手の声で聴いた

『星影の小径』を初めて聴いたのは、十数年前になるでしょうか。歌手・小畑実の声ではない歌手の声で初めて聴きました。

初めの一音は低く、しかしその一音の後は天を目指すかのような、舞い上がっていくかのような声。それなのにこちらへと迫ってくる声。

黒い闇のなかを銀や金がまばゆくきらめき、そのなかを『星影の小径』が低く静かに響き渡る。

その声は情熱とも情念ともとれる意味を持ちながら、黒い闇に真紅のルージュを一筋引く。

その女性の歌声に、力に心を奪われる

歌っているのは女性なんです。

車のテレビコマーシャルソングとして使われた『星影の小径』に、私は心を奪われます。

その声に強く魅了され、頭のなかを何度も、幾度となく『星影の小径』とともに、その声が駆け巡る。その思いが唇に伝わり唇から声を出させる。

しばらく、それどころか初めて聴いた時からずっと、『星影の小径』をその声と全く同じものとして理解していたのです。

一時は小畑実の『星影の小径』を否定するほどのその女性の魅力

それがいつでしたか覚えていませんが、誰かが歌っていたこの曲を偶然に耳にしたんです。偶然も粋なことをしてくれます。この曲が『星影の小径』という題名であることを知り、元々は歌手・小畑実が歌っていることも知りました。

それは、あんまりに『私のなかの星影の小径』とは違うので、聞きたくないといい思いをしなかったのです。同じ歌だとは全く思えない、正反対のものといってもいいほどのものでしたから。

それなのに面白いもので月日がその良さを教えてくれたのでしょうか、小畑実の『星影の小径』は今ではまた聴きたい、軽やかな、心弾ますいいものだ、そう思っているのは前述のとおりです。

 

ちあきなおみと小畑実の『星影の小径』

黄色やオレンジ色の温かな、幸せを思わずにはいられない小畑実の『星影の小径』。

黒い闇に、光る銀や金の眩しさに真紅の一筋を走らせ情熱を、情念をほとばしらせるその女性の『星影の小径』。

『いつまでも 抱かれて』いたい小畑実。

『いつまでも 夢うつつ』のその女性。

そのいずれもが、私には『アイ ラブ ユー  アイ ラブ ユー』。

曲の素晴らしさ。そして歌手のきらめき。

『星影の小径』に真紅のルージュを引いたその女性。

そのテレビコマーシャルは、車の『アウディ』。

その歌声は、いまだ喝采鳴り止まない、歌手・ちあきなおみでした。

 

歌『星影の小径』の概要

  • 歌:『星影の小径』
  • 発表年:1950年
  • 作詞:矢野亮
  • 作曲:利根一郎
  • 歌手:小畑実、ちあきなおみ

本記事参考サイト:Audi フォルクスワーゲン日本 ちあきなおみ① 1993

  • 備考:このテレビコマーシャルはいま見ても、いま聴いても、心揺さぶられるかっこよさは変わりません。
  • サイト管理者:YouTube plantfolklore
  • サイトアドレス:2017年12月1日現在 http://youtu.be/ejVYH6LrLoQ

 

以上

  • 記事名:歌【星影の小径】甘さに酔えるみのるもいい、情熱情念のちあきもいい 2009年秋
  • 記事更新日:2009年11月6~8日、2014年1月24日、2015年12月10日、2015年12月31日、2016年1月9日、2016年2月16日、2016年5月16日、2017年12月1日
  • 記事出典元:山上真の「本当に笑顔にできるんですか!!」「テレビで 育ち 支えられ・小径を一緒に ちあきとみのる」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)