【南武線開業90周年】を武蔵溝ノ口駅で見た 3月9日に、ご縁にサンキュー(神奈川県川崎市)2017年春

JR南武線開業90周年を迎えた2017年3月9日

 

2017年3月9日

川崎駅から登戸駅までの区間で開業された南武線が、90周年とのこと。まだ立川駅までは走っていなかったんですね。

私が集中的に利用していた数十年前の、南武線のある駅のトイレは、用を足せればいいと言う程度で、衛生的であるとはいえない状況でした。私が小さかったせいもあるでしょうが、怖かった。

いつの間にやら武蔵溝ノ口駅周辺はきれいになりましたが、それを、パッとしなかった武蔵小杉駅周辺がアッという間に追い越してしまった。私の家や仕事場に近い、田舎臭さの抜けない海老名駅もここ10年で更に開発され発展が見込めるとのことですが、駅って、街って、何なんでしょう。

 

 

武蔵溝ノ口駅の下りホーム。この場所にある自動販売機には、いつも新垣結衣のポスターが貼ってあるように思うのは気のせいでしょうか。ファンではないけれど、心持ちが悪いはずはありませんが。

『十六茶』もいつの間にか、市販飲料水のスタンダードになりました。

 

 

文章が長いからでしょう、この電光掲示板の文章はスクロールしてました。切りが良いというのに、中途半端な写真でお粗末さまです。

私の祖父は長生きしましたが、それでも90歳を迎えることはできませんでした。6両編成という首都圏では短い電車ではありますが、90周年を迎えたJR南武線はまだまだ利用される電車であり続けるのでしょう。

私にとって、今の南武線は、川崎駅にあるミューザ川崎シンフォニーホールでコンサートを聴く時に利用する電車であるということ。利用する理由も変わります。それだけ時間が経っている。

 

たまたま行った3月9日の武蔵溝ノ口駅で見かけた『南武線開業90周年』。

3月9日でサンキュー。感謝にご縁があるのか。

その日は急遽、仕事場に入った際に、以前にお役立てくださった方から数年ぶりに電話がありました。色々とあったとのことだけれども、電話で声を伺う限りでは変わりなし。これもご縁なのかしら。ご縁に感謝を。

 

JR南武線武蔵溝ノ口駅で見た南武線開業90周年の概要

  • JR南武線開業90周年
  • 場所:JR南武線武蔵溝ノ口駅 改札通過後すぐ
  • 住所:〒213-0001 神奈川県川崎市高津区溝口2-1-1
  • アクセス:JR南武線武蔵溝ノ口駅
  • 地図:省略
  • 写真撮影日:2017年3月9日

本記事参考サイト:南武線(川崎~登戸間)開業90周年イベントのお知らせ [PDF/554KB]【JR東日本ウェブサイト】

  • 備考:PDFファイルです。記念列車の運行(終了済み)、オリジナル商品や鉄道グッズの販売、各種イベントの紹介について案内されています。2017年4月中旬からは『南武線開業90周年記念クイズラリー』を開催予定とのこと。
  • サイト管理者:東日本旅客鉄道株式会社
  • サイトアドレス:2017年3月15日現在(トップページにリンク設定を求めているためリンクしない)
    http://www.jreast.co.jp/press/2016/yokohama/20170303_y01.pdf

 

 

以上

  • 記事名:【南武線開業90周年】を武蔵溝ノ口駅で見た 3月9日に、ご縁にサンキュー(神奈川県川崎市)2017年春
  • 記事更新日:2017年3月15日
  • 記事出典元:山上真オフィシャルサイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)