村田英雄の歌【皆の衆】にみる徳川家康、関ヶ原 2009年秋

徳川家康 化かして、皆の衆をまとめたたぬき

「徳川家康 啼くまで待った」とは『皆の衆』の第2番で出てくる歌詞です。

そのように、千載一遇逃すものかと辛抱した徳川家康は、天下分け目の関ヶ原で勝利し、江戸幕府開府、豊臣家滅亡と徳川家の世を築きます。

『皆の衆』は「嬉しかったら 腹から笑え」「悲しかったら 泣けばよい」と始まります。

勝利したときの腹から笑う家康満面の笑みが浮かんできます。そのためにしてきたことは、その歌詞とは逆の『豊臣家安泰のため』といううそ偽りです。

「嬉しかったら 腹から笑え」

「豊臣を安泰とするためなら 徳川を討つべし」

むしろ石田三成こそが豊臣家安泰のために忠義を尽くし奮戦した。しかし、それは家康に敗北したと同時に、己にまで負けたと同じこと。

 

石田三成

「今こそ太閤殿下の御恩に奉ずべきときではないか」

(『関ヶ原 第3夜 男たちの祭り』より)

石田三成

「義が、正義が勝てぬわけがない」

(『関ヶ原 第2夜 さらば友よ』より)

 

ドラマ『関ヶ原』における石田三成のセリフからも分かる、その実直すぎる正直すぎる思いが、人心を離れさせ、孤立を生み、敗北を呼び込んでしまったのは皮肉なものです。

「嬉しかったら 腹から笑え」「悲しかったら 泣けばよい」というのは実に難しい。

そうはできないこともある。

そうしてはならないときもある。

そうしたから、三成は負けた。

そうしたら、家康は勝てなかった。天下を我が手中にしたい。だから『豊臣家安泰のために、治部少輔三成を討つべし』。

豊臣秀吉子飼いの武将、福島正則や加藤清正また黒田長政や藤堂高虎など、歴々の強者の働き、支えを得たのは、徳川家康のうそ偽りの賜物。皆の衆の働き、支えあっての家康260年の天下取り。

 

石田三成 実直さ、理想のなかに人への感謝はあるか

石田三成(加藤剛)

「金吾が裏切れた義理か。今こそ太閤殿下の御恩に奉ずべきときではないか」

大谷刑部(高橋幸治)

「すべきだ、とおぬしは責めるが、今はあの男を責めるよりも、裏切りをした場合の手立てを講じておかねばならぬ」

石田三成

「いや、もう一度松尾山の陣へ行ってくる」

大谷刑部

「無駄なことだ」

(『関ヶ原 第3夜 男たちの祭り』より)

 

「こうあるべきだ」「こうでなければならない」。正義の実現に心を砕く理想主義者、石田三成に、豊臣家のため働いてきた者へ、豊臣家を支えてきた者への理解、感謝はどれだけあったのでしょうか。

「嬉しかったら 腹から笑え」「悲しかったら 泣けばよい」は実に難しい。

「豊臣を安泰とするためなら 徳川を討つべし」は、19万石の一介の武将に過ぎない石田三成一人にできるわけがない。複数人で、組織で、豊臣家ゆかりの武将一丸となって初めて成し遂げられること。

「今こそ太閤殿下に報いよ」「家康をなぜ討たない。踊らされているのがわからぬたわけめ」では理解もなければ感謝もない。それでは250万石の大大名である家康を討てるわけがない。石田三成は豊臣秀吉ではないのだから。虎の威を借るなんとやらにみえてくれば、それこそばかしあいで、滑稽ですらある。

家康のうそ偽りこそが、秀吉に仕えた歴々の強者の心を強く揺り動かした。そこにあるのは、一時の露の如くとはいえ、その者たちへの理解、感謝。その皆の衆の働きが、支えが、皮肉にも豊臣家を滅ぼす。

 

裏表のない言動に価値を見出す

「どうせこの世は そんなとこ」

「そうじゃないかえ 皆の衆」

家康がうそ偽りへの理解を求めたものに聞えてなりません。わしのことをたぬき、古狸めと人は言うが、わしとて人間じゃ、うそ偽りは仕方がないじゃないか、と。

もしも、本当にそうであるならば、「嬉しかったら 腹から笑え」「悲しかったら 泣けばよい」はなおさらのこと難しい。難しいのが当然ではないか。仕方がない。いや、だからこその輝き、裏表ない言動の素晴らしさなのか。

この歌詞を聴きますと、涙を流すことがあります。それができないことの悔しさなのか。難しさゆえの素晴らしさを感じてなのか。涙は喜びに満ちあふれたときにながすもの、と決めていますから、私はその理由を後者の方と考えたい。だからこそ、駆け引きなく、掛け値なしで、私の思いや考え、感じたことを表すことに心を砕きたい。

 

先日(※ 平成21年11月10日)お亡くなりになった俳優・森繁久彌さんは、ドラマ『関ヶ原』において徳川家康を演じていました。そのご子息は、お亡くなりになった直後のマスコミへの会見でこのように森繁久彌さんを評しています。

「裏表のない、さっぱりとした潔い人でした」

 

→ 本サイト関連記事 【加藤剛】【森繁久彌】のドラマ『関ヶ原』(昭和56年1月2-4日)を見た さまよえる古狸のうめき声 2009年秋

 

歌『皆の衆』の概要

  • 曲:『皆の衆』
  • 発表年:1964年
  • 作詞:関沢新一
  • 作曲:市川昭介
  • 歌:村田英雄

 

  • 記事名:村田英雄の歌【皆の衆】にみる徳川家康、関ヶ原 2009年秋
  • 記事更新日:2009年11月18~19日、2014年1月23日、その他、2016年1月1日、2016年2月16日、2016年5月27日
  • 記事出典元:山上真の「本当に笑顔にできるんですか!!」「5 あの歌この歌 誰が喜び思わざる 裏表のない言動の素晴らしさ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)