街【京橋】2017年秋、公衆電話ボックスの貼り紙、東京国立近代美術館フィルムセンター(展覧会『生誕100年 ジャン=ピエール・メルヴィル、暗黒映画の美』

【京橋】散歩 公衆電話の貼り紙、ジャン=ピエール・メルヴィル(東京国立近代美術館フィルムセンター:東京都中央区)2017年秋

街【京橋】2017年秋、公衆電話ボックスの貼り紙、東京国立近代美術館フィルムセンター(展覧会『生誕100年 ジャン=ピエール・メルヴィル、暗黒映画の美』

東京スクエアガーデン近くの交差点にて

2017年11月4日 土曜日

明治屋京橋ストアー、京橋トラストタワー、もっともっと向こうにある日本橋高島屋の方面を見ています。

30年以上前の、京橋と言いますと

私にとっては、営団地下鉄時代の銀座線の京橋駅。

街【東京・京橋】2017年秋、東京スクエアガーデン付近の交差点。明治屋京橋ストアー方向を見る。

銀座線に乗って京橋駅に着きますと、『京橋』だったか『きょうばし』だったか、やけに古臭い文字で、駅名の看板が書かれていました。

その当時は銀座線に乗っている最中にどこかでほんの数秒、車内の電灯が消えたことがあったもので、それと併せてなんだか古いな、という印象が強く残っています。

今ではそんなイメージ、ほとんど京橋にありません。

350ml缶の大きさに合わせて、『アサヒ スーパードライ』の広告の大きさもスリムです。

街【東京・京橋】2017年秋、東京スクエアガーデン付近の交差点。明治屋京橋ストアー方向を見る。目の前には京橋創成館の『アサヒ スーパードライ』の広告看板。

 

公衆電話ボックスに『NTTからのお願い』

街中の電話ボックスは、いつの間にか、携帯電話ボックスになっていたのですね。

マナー違反者はオフィス街という場所柄…。

「このご時世、どうせ公衆電話なんて使われないでしょ!」ではないでしょ。

街【東京・京橋】2017年秋、東京メトロ京橋駅から東京国立近代美術館フィルムセンターへ行く道にある公衆電話ボックス。『NTTからのお願い』と貼り紙がされている。

そういう奴らが天災などで携帯電話、スマホ、iPhoneが使えなくなった時に、我先と公衆電話ボックスに駆け込まないように、行列を作らないように。

お天道さんが見ています。NTTさんが見ています。

街【東京・京橋】2017年秋、東京メトロ京橋駅から東京国立近代美術館フィルムセンターへ行く道にある公衆電話ボックス。『NTTからのお願い』と貼り紙がされている。

 

東京国立近代美術館フィルムセンター

街【東京・京橋】2017年秋、東京国立近代美術館フィルムセンター。

展覧会『生誕100年 ジャン=ピエール・メルヴィル、暗黒映画の美』

この日は展覧会として『生誕100年 ジャン=ピエール・メルヴィル、暗黒映画の美』が開かれていました。2017年12月10日までです。

私は洋画が苦手で、フランスの映画監督であるジャン=ピエール・メルヴィルも数か月前に初めて知ったほどです。せっかく知る機会があったのだから、興味を持てるかもしれず良いではないか、と思って足を運びました。

映像はほとんどありませんで、ポスターや写真、資料や本展特製の解説案内などを主にしたものでした。

街【東京・京橋】2017年秋、東京国立近代美術館フィルムセンター。展覧会『生誕100年 ジャン=ピエール・メルヴィル、暗黒映画の美』の特大ポスター。

クラシック音楽演奏会にも、展覧会にも自己中心的に音や声を出す奴は要らない

残念ながら、ジャン=ピエール・メルヴィルの映画作品を観ようとまでは思えませんでした。

観覧客が少ないなかで、大声で喋っている奴がいて、ダイレクトに私の耳を直撃して耳障りで集中することができなかったからです。ただでさえ洋画が苦手だというのに。

知らない奴の大声や笑い声は不快なのです。

確証がなく、あくまで私の勝手な推測ですが、その人は本展覧会の関係者ではないか。詳細は省きます。巡り合わせ、私の運の無さでしょうが、こうやって潜在ファンは潰されてゆくのです。

去る2017年9月23日には、同じ建物の小ホールにて、アラン・ドロン主演、ジャン=ピエール・メルヴィル監督の『仁義』が上映されることを知っていましたから、それを観ていたら違っていたのでしょう。その時は、そうしたいと思うほどに彼に心を動かされていなかったのです。

展覧会の会場で、作品の予告編映像を数分、小さな14インチ前後のテレビで見ることができましたが、それは『仁義』でした。少し興味が湧いたので、残念でなりません。

2017年11月11日から17日までの会期で、東京・新宿の角川シネマ新宿にて、『ジャン=ピエール・メルヴィル監督特集上映』が行われているのですが、私はそれをパスしました。

だけど本展覧会のポスター(チラシと同じ)のデザイン、私は好きです。

1951年頃のエヴァ・ガードナー

街【東京・京橋】2017年秋、東京国立近代美術館フィルムセンター。映画会『ジョージ・イーストマン博物館 映画コレクション』の特大ポスター。

こちらの特大ポスターの方が強く印象に残った、東京国立近代美術館フィルムセンターへの来館になってしまいました。2017年10月28日から11月5日まで行われていた映画会『ジョージ・イーストマン博物館 映画コレクション』のものです。

カラーの女性の見目麗しさゆえですが、監督アルバート・ルーイン(東京国立近代美術館フィルムセンターの表記による。この人の氏名の読み方は、日本では何種類かあるようす)の映画『パンドラ』における、エヴァ・ガードナーであるとのこと。

もちろん、洋画苦手な私は初めてその名前を知りました。フランク・シナトラの妻だったことも初めて知りました。昔の、鰐淵晴子を少し思い出しましたがどうでしょう。

この後は、何度も延期して待ちに待った、上野の博物館での展覧会です。

街【東京・京橋】2017年秋、東京国立近代美術館フィルムセンター。展覧会『生誕100年 ジャン=ピエール・メルヴィル、暗黒映画の美』映画会『ジョージ・イーストマン博物館 映画コレクション』の特大ポスター。

 

以上

  • 記事名:【京橋】散歩 公衆電話の貼り紙、ジャン=ピエール・メルヴィル(東京国立近代美術館フィルムセンター:東京都中央区)2017年秋
  • 記事更新日:2017年11月15日
  • 記事出典元:山上真オフィシャルサイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)