三浦友和のドラマ『系列』(平成5年5月29日,6月5日)を見た【名場面3】浜岡茂哉代表取締役会長解任後、男と女 2012年春

三浦友和主演のNHKドラマ【系列】名場面その2会長解任後、男と女

私は本作品を本放送時に視聴し強く心を動かされた者の一人です

本放送から20年近く経ってもその思いを忘れることなく再放送を切望し、2012年2月、その再放送を視聴し、改めて本作品に出会えて良かったと思った者の一人です。

佐藤慶演じる浜岡茂哉が代表取締役会長をクーデターにより解任された時から、三浦友和演じるその息子・浜岡祥吾が新たなスタートをすると決めた時までの一連の場面は、思わず声が出るほどに私の目頭を熱くさせ、明日への、未来への希望を抱かせてくれた、嬉しく、また字のごとく有難いひと時でした。

これからご案内するものは、録画していた本作品を見て、それぞれのキャストのセリフを字におこしたものです。目に見える形で残すことでその思いを表したいと考えた結果です。

様々な思い考えをもたせるものかもしれません、何かありましたらご連絡ください。他意はありませんので適切に対応させていただきます。

本作品を作り上げたスタッフ、キャストに敬意を表するとともに感謝します。

まだ温かいと思うか

茂哉・美和子夫婦(佐藤慶・奈良岡朋子)は縁側に腰を下ろしている。美和子は茂哉に目をやり茂哉は正面を向きながら話し始める。

 

美和子(奈良岡朋子)「私の言ってたこと?」
茂哉(佐藤慶)「おまえが言ってたことが分かる気がするよ。」

茂哉(佐藤慶)「50年もの間、ひたすら走り続けて今日突然走るのを止めたような気がして。突然止まってみたら、自分がどこへ向かって走ってたのかも分からない。つまりおまえが言っていたのはそういうことだろう。」

美和子(奈良岡朋子)「かもしれないわね。」

 

茂哉(佐藤慶)「どうしたらいい? 道に迷ったのはおまえのほうが先だ。」

美和子(奈良岡朋子)「まず、自分がどこにいるのか見つけることね。」

茂哉(佐藤慶)「自分がいるところ?」

美和子(奈良岡朋子)「そう。」

茂哉(佐藤慶)「どうやって?」

美和子(奈良岡朋子)「さあ。」

 

茂哉(佐藤慶)「まだ温かいと思うか?」

美和子(奈良岡朋子)「温かいって?」

 

茂哉は少し、美和子に目をやる。

 

茂哉(佐藤慶)「陶芸用の土だ。」

美和子(奈良岡朋子)「そうね。それがいいかもしれないわねえ。」

 

話し終わると茂哉は少しうつむき、美和子は笑みを浮かべながら空を見上げる。

俺は俺のやり方で、君の親父と戦うかもな

父・茂哉に自らの力不足を指摘された恒男(西城秀樹)は家を飛び出す。家の外で待っていた二宮多美子(高梨亜矢)は恋人であり東京自動車副社長・二宮晴久(嵐圭史)の娘。そこで二人は短く言葉を交わす。

 

多美子(高梨亜矢)「結局、父の思惑通りになるのね。」

浜岡恒男(西城秀樹)「俺は大成にはいかない。」

多美子(高梨亜矢)「じゃああたし、あなたについていこうかしら。」

恒男(西城秀樹)「あぶないぜ俺は。君の親父はいい金づるになるからな。」

 

ここで音楽、ラフマニノフ作曲『ピアノ協奏曲第3番』が流れ始める。

 

恒男(西城秀樹)「俺は俺のやり方で、君の親父と戦うかもな。」

 

一人去る恒男。しっかりと前を見て歩く彼のその目には、涙が浮かんでいた。

愉快で自信をもって働ける、働くことが心の栄養になるような、そんな会社、作ってみせる

公園に来た祥吾・圭子夫婦(三浦友和・浅田美代子)。二人だけで話し合う、これからのこと。

 

祥吾(三浦友和)「俺たちの預金はあとどのくらい残ってる?」

圭子(浅田美代子)「何するつもり?」

祥吾(三浦友和)「小さな大企業をつくる。」

圭子(浅田美代子)「小さな大企業?」

祥吾(三浦友和)「世界に通用する、技術とアイディアを持った会社をさ。愉快で自信をもって働ける、働くことが心の栄養になるような、そんな会社、作ってみせる。」

 

圭子が歩きはじめる。

 

圭子(浅田美代子)「うーん…銀行にはあと500万円とちょっと。」

祥吾(三浦友和)「500か…」

圭子(浅田美代子)「ああ、まだあるわ。」

祥吾(三浦友和)「えっ」

圭子(浅田美代子)「あたしよ」

 

ここで音楽、ラフマニノフ作曲『ピアノ協奏曲第3番』が流れ始める

 

圭子「ふふっ、お金なんてなくたって大丈夫。」

 

祥吾は圭子の肩を抱き寄せ二人は微笑む。

公園中央の池を挟んだ向こう側を、自転車に乗った小学生ぐらいの女の子が二人通り過ぎていく。

 エンドロールへ

 

三浦友和主演 ドラマ『系列』に関する本サイトの記事

『土曜ドラマ 系列』の概要

出演者で知る『土曜ドラマ 系列』

主演・関係者:三浦友和、西城秀樹、浅田美代子、蟹江敬三、佐藤B作

関係者:川谷拓三、細川俊之、嵐圭史、柳生博、松村達雄

助演:佐藤慶、奈良岡朋子

名場面で知る『土曜ドラマ 系列』

『土曜ドラマ 系列』の名場面1:浜岡茂哉代表取締役会長解任(公開未定)

『土曜ドラマ 系列』の名場面2:浜岡茂哉代表取締役会長解任後、家族の話し合い

『土曜ドラマ 系列』の名場面3:浜岡茂哉代表取締役会長解任後、男と女

 

以上

  • 記事名:三浦友和のドラマ『系列』(平成5年5月29日,6月5日)を見た【名場面3】浜岡茂哉代表取締役会長解任後、男と女 2012年春
  • 記事更新日:2012年3月17、19、20日、2015年12月29日、2016年1月3日、2016年3月19日、2016年6月1日、2017年3月27日、2017年10月14日
  • 記事出典元:山上真の「本当に笑顔にできるんですか!!」【土曜ドラマ 系列 第2部】ドラマ名場面3-1、3-2、3-3

三浦友和のドラマ『系列』(平成5年5月29日,6月5日)を見た【名場面2】浜岡茂哉代表取締役会長解任後、家族の話し合い 2012年春

三浦友和主演のNHKドラマ【系列】名場面その2会長解任後、家族の話し合い

私は本作品を本放送時に視聴し強く心を動かされた者の一人です

本放送から20年近く経ってもその思いを忘れることなく再放送を切望し、2012年年2月、その再放送を視聴し、改めて本作品に出会えて良かったと思った者の一人です。

佐藤慶演じる浜岡茂哉が代表取締役会長をクーデターにより解任された時から、三浦友和演じるその息子・浜岡祥吾が新たなスタートをすると決めた時までの一連の場面は、思わず声が出るほどに私の目頭を熱くさせ、明日への、未来への希望を抱かせてくれた、嬉しく、また字のごとく有難いひと時でした。

これからご案内するものは、録画していた本作品を見て、それぞれのキャストのセリフを字におこしたものです。目に見える形で残すことでその思いを表したいと考えた結果です。

様々な思い考えをもたせるものかもしれません、何かありましたらご連絡ください。他意はありませんので適切に対応させていただきます。

本作品を作り上げたスタッフ、キャストに敬意を表するとともに感謝します。

わしらは機械だけじゃなく、人までロボットにしてしまったんだ

大成照明器社長、立山錦一(川谷拓三)ほかが引き起こしたクーデターが成功。浜岡茂哉(佐藤慶)が代表取締役会長を解任された。

その直後、彼の自宅に家族が集まり話しをしている。茂哉のほかに長男・浜岡祥吾(三浦友和)、その妻・浜岡圭子(浅田美代子)、そして茂哉の妻・浜岡美和子(奈良岡朋子)。

茂哉は居間であぐらをかきタバコをふかしている。

 

美和子(奈良岡朋子)「解任されたの?」

祥吾(三浦友和)「何も言わなかったんですか?」

美和子(奈良岡朋子)「ええ。」

 

圭子(浅田美代子)「だけど立山さんはお父様に引き立てていただいて取締役になったんじゃ。その立山さんがなぜまた…。」

茂哉(佐藤慶)

「立山じゃない。あれはロボットだ。わしが作り東京自動車が作り替えたロボットなんだ。戦後45年、わしらが汗水流して頑張った結果が立山なんだ。」

「わしらは機械だけじゃなく、人までロボットにしてしまったんだ。」

 

美和子(奈良岡朋子)「はっ、恒男。」

恒男(西城秀樹)「聞いたよ。」

 

恒男が来ると同時に、茂哉は腰を上げて縁側に移動する。

人間はやっぱり、金で集まるんじゃなくて夢で集まるんだよ

縁側に移動した浜岡茂哉に代わって、その息子・浜岡祥吾、恒男兄弟が居間に腰を下ろす。

恒男は祥吾に訴える。

 

恒男(西城秀樹)「残って戦うべきだ。」

祥吾(三浦友和)「戦う?」

恒男(西城秀樹)「このまま黙っていることはない。戦う材料はある。」

祥吾(三浦友和)「大成照明器はもう、変わらないと思う。」

恒男(西城秀樹)「残る気はないってことか?」

祥吾(三浦友和)「僕は技術屋だ。技術屋の喜びは、夢に見たものを作って売ることだよ。系列がある限り、大成という会社ではもう、夢を見ることは無理なんだ。」

恒男(西城秀樹)「どうあっても、残る気持ちはないのか。」

祥吾(三浦友和)「人は何と言うか分からんが、人間はやっぱり、金で集まるんじゃなくて夢で集まるんだよ。」

 

ここで音楽、ラフマニノフ作曲『ピアノ協奏曲第3番』が流れ始める 

 

恒男(西城秀樹)「何もかも捨てて、どうするんだよ」。

祥吾(三浦友和)「人生まだ半分だ。これから20年、いや30年、それだけあれば夢の1つや2つは叶えられるだろう。それに勝負どころは、折り返し地点が過ぎてからだと思わないか?」

 

縁側に腰を下ろしている茂哉が口を開く。

いつの間にかそういう楽しみがなくなり、楽しみどころか物を売る苦しさや作る苦しさまで、どこかへ消えたような気がする

浜岡祥吾・恒男兄弟の話を引き受けるかのように、縁側で腰を下ろしている彼らの父・茂哉はこれまで大成照明器と歩んできた自らを振り返る。

 

茂哉(佐藤慶)

「41年か。爺さんと俺が大成を創業してから41年だ。そういえば昔は物を売ったり買ったりすることが楽しかったなあ。売れるようにするためにはどう作ったらいいか、そういうことを考えるのが楽しかった。」

「それがなぜだろう。いつの間にかそういう楽しみがなくなり、楽しみどころか物を売る苦しさや作る苦しさまで、どこかへ消えたような気がする。」

「祥吾、悪かった。とうとうおまえに引き渡すことができなかった。」

祥吾(三浦友和)「いやもうそのことは。」

恒男(西城秀樹)「俺がやる。俺が大成に残る。」

茂哉(佐藤慶)「残ることはない。自分のために残るんならまだしも、わしのためならお断りだ。」

恒男(西城秀樹)「どうして父さんのためじゃいけないんだ。兄さんだって父さんのために、大成を引き継ごうとしたじゃないか。」

茂哉(佐藤慶)「おまえは今まで何をしてきたというんだ。」

 

ここで音楽、ラフマニノフ作曲『ピアノ協奏曲第3番』が流れ始める

 

茂哉(佐藤慶)「ろくな仕事もしないで、一度でも地に足がついたことをしたことがあるか。そんな奴にわしのためなんて言ってほしくない。もっと自分のことを考えて、自分を大切にしろ。人のために働けるほどの力量は、今のおまえにはない。」

 

初めに茂哉、次に恒男、祥吾、圭子の顔が順番に写され、最後に美和子の顔のアップが写される。

 

以下、『土曜ドラマ 系列』の名場面3:浜岡茂哉代表取締役会長解任後、男と女 へつづく

三浦友和主演 ドラマ『系列』に関する本サイトの記事

『土曜ドラマ 系列』の概要

出演者で知る『土曜ドラマ 系列』

主演・関係者:三浦友和、西城秀樹、浅田美代子、蟹江敬三、佐藤B作

関係者:川谷拓三、細川俊之、嵐圭史、柳生博、松村達雄

助演:佐藤慶、奈良岡朋子

名場面で知る『土曜ドラマ 系列』

『土曜ドラマ 系列』の名場面1:浜岡茂哉代表取締役会長解任(公開未定)

『土曜ドラマ 系列』の名場面2:浜岡茂哉代表取締役会長解任後、家族の話し合い

『土曜ドラマ 系列』の名場面3:浜岡茂哉代表取締役会長解任後、男と女

 

以上

  • 記事名:三浦友和のドラマ『系列』(平成5年5月29日,6月5日)を見た【名場面2】浜岡茂哉代表取締役会長解任後、家族の話し合い 2012年春
  • 記事更新日:2012年3月12、14、16日、2015年12月29日、2016年1月3日、2016年3月19日、2016年6月1日、2017年3月26日、2017年10月14日、2017年10月19日
  • 記事出典元:山上真の「本当に笑顔にできるんですか!!」【土曜ドラマ 系列 第2部】ドラマ名場面2-1、2-2、2-3

三浦友和のドラマ『系列』(平成5年5月29日,6月5日)を見た【助演】佐藤慶、奈良岡朋子 2012年冬

三浦友和主演のNHKドラマ【系列】佐藤慶、奈良岡朋子

奈良岡朋子/浜岡美和子 役

浜岡茂哉(演者:佐藤慶)の妻。

そして浜岡祥吾(演者:三浦友和)・恒男(演者:西城秀樹)兄弟の母。

寂しさを埋めたいという願いは愛情の裏返しか

浜岡家を出て一人で暮らしているがそれぞれが行き来のある関係。それでも仕事一筋の夫・茂哉、それぞれ巣立っていった祥吾・恒男に自分一人が取り残されたと寂しさを覚えている。

寂しさの原因を作った茂哉に社長退任を勧める。会社ではなく自分のため、家族のためにやることがあるのではないかと。

遠い日の陶芸で感じた土の温かさを茂哉に思い出させること。それは十分すぎるほど大成照明器を大きくしてきた功労者、茂哉に対してのねぎらいであるだけでなく、夫・茂哉への愛情の表れなのか。

そこにある夫婦の自然な姿に確かな力量をみる 奈良岡朋子

何かとらえどころのない役であるにもかかわらず、見る者にその印象強く残すのは奈良岡朋子の素晴らしさ。その声の良さや品の良さ、顔の運び具合。そして佐藤慶との夫婦のやりとりは自然とリアリティを感じさせる凄さが溢れてきます。

佐藤慶/浜岡茂哉 役

大成照明器社長。

浜岡美和子(演者:奈良岡朋子)の夫。

そして浜岡祥吾(演者:三浦友和)・恒男(演者:西城秀樹)兄弟の父。

巨大権力に屈しない老練な指導者 その輝きが失せるとき

東京自動車の度重なるプライスダウンを飲みながらも、完全な人事介入を阻止し独立会社としてその地位を固守、成長させてきた老練な経営者。長男・浜岡祥吾の経営者としての手腕を高く買っており、祥吾に大成照明器を継がせたいと強く願う。

 

「副社長と刺し違えます」(浜岡茂哉)

「頭がおかしいんじゃないか」(二宮晴久 演者:嵐圭史)

「私一人で野垂れ死にはしません」(浜岡茂哉)

 

ある朝の出社前、彼は祥吾に弱音を吐き、今までにみせたことのない本音をみせる。「なんだかこの頃疲れてきたよ」。そして「だが、あと半年だ」と。自ら決めた引き際を改めて確かめたその日の9時30分、自らつくり出したロボット、立山錦一(演者:川谷拓三)以下多数の経営陣に引導を渡される。

彼の終わりとなったその時に、ラフマニノフ『ピアノ協奏曲第3番』の冒頭が流れます。これは西山計彦(演者:細川俊之)の場合と同じこと。やはりそれは、人は過ちを繰り返すのだ、ということなのでしょうか。

良い声、筋の通った姿で相手を飲み込む 佐藤慶

佐藤慶はその演技もさることながら声が良い。姿を見ずともその声が聞こえてきます。

訥々としゃべりながら深く沈み、知らぬ間に相手を呑み込んでしまいます。

背筋が伸び凛とした立ち姿、椅子に腰を深く沈ませ胸を張りながら注意深く人の動きを読み決断する姿、信念という名の太い筋が一本通ったその姿は佐藤慶だからこそ、と唸らせ見る者の首を知らぬ間に縦へと振らせます。

何があっても未来がある ドラマ『系列』の視聴雑感

クーデターのさなかの人と人のやり取りから感じる、権力、立場そして人の怖さは今見ても変わりません。

またその後の浜岡親子のやりとり、特に茂哉の仕事にかける思い、祥吾の夢のくだりは目頭が熱くなり深夜ながら思わず声が出てしまいました。まだまだこれから、明日がある。自分に頑張れと声を掛けました。

この場面は特に印象深く好きなので、機会があれば、文字に起こしてみたいと思います。能力のなさからくる多忙のためなんともいえませんが。

ドラマの最後に、自転車に乗った子供が二人、通りすぎて行きました。何があっても未来があるじゃないか。

エンドロールは浜岡祥吾の決意の表れの顔で締めくくり。より一層未来がある。そう思いました。

 

三浦友和主演 ドラマ『系列』に関する本サイトの記事

『土曜ドラマ 系列』の概要

出演者で知る『土曜ドラマ 系列』

主演・関係者:三浦友和、西城秀樹、浅田美代子、蟹江敬三、佐藤B作

関係者:川谷拓三、細川俊之、嵐圭史、柳生博、松村達雄

助演:佐藤慶、奈良岡朋子

名場面で知る『土曜ドラマ 系列』

『土曜ドラマ 系列』の名場面1:浜岡茂哉代表取締役会長解任(公開未定)

『土曜ドラマ 系列』の名場面2:浜岡茂哉代表取締役会長解任後、家族の話し合い

『土曜ドラマ 系列』の名場面3:浜岡茂哉代表取締役会長解任後、男と女

 

以上

  • 記事名:三浦友和のドラマ『系列』(平成5年5月29日,6月5日)を見た【助演】佐藤慶、奈良岡朋子 2012年冬
  • 記事更新日:2012年2月18日、2015年12月29日、2016年1月3日、2016年3月15日、2016年6月1日、2017年3月25日、2017年10月13日
  • 記事出典元:山上真の「本当に笑顔にできるんですか!!」【土曜ドラマ 系列 第2部】三浦友和・西城秀樹・佐藤慶 NHKドラマ視聴雑感