三浦リカの映画『サチコの幸』(公開1976年)を見た かわいい顔と弾ける身体 2012年春

三浦リカ /主役のサチコ

偶然見た可愛い顔が、三浦リカだと分かるのに時間はかかりませんでした。

この映画自体が初見で、私の持っていた彼女のイメージとその役とのギャップが凄い。「可愛い顔して…」は、あみんです。

正直言って野暮ったさを感じましたが、それは若さゆえでしょう。やはり元が素晴らしい。赤線の話だから時代背景もあり、体を張って…その体が凄いのなんのって。

 

永島瑛子ほか女優陣

冗談でなく今とほとんど変わらず面影バッチリ。

永島暎子は、私にとっては『家政婦は見た』のゼロサムゲーム。

今やムコ殿の代弁者、樹木希林は売れてねえな。

「あたしゃあねえ」の浅香光代は、きれいな顔立ちで女将役。

ほかにも絵沢萠子に泉じゅん。

ああ日活であります。

 

寺尾聡ほか男優陣

今や名優の寺尾聡は客として、夫として、サチコを… あああ…。

鈴木ヒロミツは、コンピューター付ブルドーザーかな。

坊屋三郎は、本当にいそうな田舎のお巡りさん。飄々として。

小鹿番の、変態さ加減、悟ってる加減がいいなあ。

 

終戦直後の赤線地帯、2丁目

掃除しながら途中から見始めたので詳細不明で、二丁目、と何度も出てきたからどこかなと。

終戦後の赤線。非同意もある。

体も張れば境遇もの悲しくその点苦手、大嫌いという人もいるでしょうが、ドラマチックな映像美に甘い余韻に浸れる90分。

『2丁目』はその通り、新宿です。

 

映画「サチコの幸」の概要

  • 制作年:1976年
  • 配給:日活
  • 原作:上村一夫
  • 脚本:出倉宏
  • 音楽:ムーンライダーズ
  • 監督:武田一成
  • 出演:三浦リカ、永島暎子、樹木希林、泉じゅん、浅香光代
  • 出演:寺尾聰、丸岡晴久、鈴木ヒロミツ、小鹿番、三浦洋一 その他
  • 備考:本作品は2012年2月9日ほかにVパラダイスで再放送されました。

本記事関係サイト:【日活】サチコの幸 映画

  • サイト管理者:日活株式会社
  • サイトアドレス:2016年10月15日現在(リンク設定について許可を求めているためリンクをしない)
    http://www.nikkatsu.com/movie/25487.html

本記事参考サイト:【上村一夫オフィシャルサイト】サチコの幸

  • サイト管理者:上村一夫オフィス
  • サイトアドレス:2016年10月15日現在(リンク設定について未詳のためリンクをしない)
    http://www.kamimurakazuo.com/works/book/99others/post_20.html

 

以上

  • 記事名:三浦リカの映画『サチコの幸』(公開1976年)を見た かわいい顔と弾ける身体 2012年春
  • 記事更新日:2012年2月10日、2015年12月28日、2016年2月1日、2016年3月13日、2016年10月15日
  • 記事出典元:山上真の「本当に笑顔にできるんですか!!」2012年02月10日のつぶやき【笑顔】