アルフォンス・マリア・ミュシャ『ビザンティン風の頭部「ブルネット」』『ビザンティン風の頭部「ブロンド」』 展覧会の会場で観ることができる。

【アルフォンス・ミュシャ】のパッケージ 懐かしの缶コーヒー『サロンドカフェ』(伊藤園:東京都渋谷区)2004年

アルフォンス・ミュシャのパッケージだからこそ

来年2017年、東京でアルフォンス・ミュシャの展覧会が行われることを、先日偶然に知りました。それで思い出したのがこれらの写真です。

撮影したのは2012年です。

 

伊藤園の缶コーヒー『サロンドカフェ』(東京都渋谷区)ブレンドとカフェオレ
伊藤園の缶コーヒー『サロンドカフェ』(東京都渋谷区)ブレンドとカフェオレ

 

伊藤園の缶コーヒー『サロンドカフェ』(東京都渋谷区)カプチーノとモカ100%
伊藤園の缶コーヒー『サロンドカフェ』(東京都渋谷区)カプチーノとモカ100%

 

缶コーヒーは口に合わないので買わないのですが、『アルフォンス・ミュシャの作品を使用した缶のパッケージだ』というだけで買ったものです。

パッケージの種類は、この他に数種類あるようです。

 

伊藤園の缶コーヒー『サロンドカフェ』(東京都渋谷区)エスプレッソとカフェモカ
伊藤園の缶コーヒー『サロンドカフェ』(東京都渋谷区)エスプレッソとカフェモカ

 

伊藤園の缶コーヒー『サロンドカフェ』(東京都渋谷区)ブラックとデミタス
伊藤園の缶コーヒー『サロンドカフェ』(東京都渋谷区)ブラックとデミタス

 

販売元である伊藤園は、2007年にコーヒーを他の商品に一本化した結果、この『サロンドカフェ』は消滅したとのこと。

缶の底に印字された賞味期限を見ると、その大部分が2004年、2005年でした。

そうです。まだ缶は手元にあります。捨てることはできないのです。

 

伊藤園の缶コーヒー『サロンドカフェ』(東京都渋谷区)モカ100%
伊藤園の缶コーヒー『サロンドカフェ』(東京都渋谷区)モカ100%

 

追記 2017年4月23日

去る4月20日、ミュシャ展に足を運びました。何度も延期してようやくです。ゆっくり観たいのであれば、事前にチケットを購入し朝一番に行くべきです。それでもグッズ売り場は長蛇の列。私は作品が観られたので良かったのですが。

本サイト関連記事:展覧会【ミュシャ展】を観た 『スラブ舞曲』、『陽はまた昇る』、想い重く目頭熱く(国立新美術館:東京都港区)2017年春

 

ミュシャ展

  • 会期:2017年3月8日(水)~6月5日(月)
  • 会場:国立新美術館
  • 住所:〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2
  • アクセス方法1:東京メトロ千代田線乃木坂駅 青山霊園方面改札6出口(美術館直結)
  • アクセス方法2:都営大江戸線六本木駅 7出口から徒歩約4分
  • アクセス方法3:東京メトロ日比谷線六本木駅 4a出口から徒歩約5分
  • 観覧料:前売券(販売期間は2016年11月2日(水)-2017年3月7日(火)。その他に期間限定前売券もあり) 1,400円(一般)、1,000円(大学生)、600円(高校生)
  • 観覧料:当日券 1,600円(一般)、1,200円(大学生)、800円(高校生)

本記事参考サイト:ミュシャ展

  • サイト管理者:サイト最下方部に全権利者として、NHK、NHKプロモーション、朝日新聞社とある。
  • サイトアドレス:2017年4月23日現在(リンク設定について未詳のためリンクしない)
    http://www.mucha2017.jp/

本記事参考サイト:ミュシャ展|企画展|展示会|国立新美術館 THE NATIONAL ART CENTER, TOKYO

  • 備考:ミュシャ展は「国立新美術館開館10周年 チェコ文化年事業」と銘打たれています。このサイトでは数々のミュシャの作品を見ることができます。その中には、本サイトに掲載した写真の『サロン・ド・カフェ』に使用された作品の一部もありました。
  • サイト管理者:独立行政法人国立美術館 国立新美術館
  • サイトアドレス:2017年4月23日現在
    http://www.nact.jp/exhibition_special/2016/alfons-mucha/

 

追記 2016年10月9日

今年2016年の6月に国立新美術館のサイトを見たときにはなかったのですが、この追記の時点で、そこでミュシャ展の詳細な案内がされており、また別途のミュシャ展公式サイトも不完全な内容ながら公開されています。

今年2016年の4-5月、東京・上野の東京都美術館にて開催された『伊藤若冲展』のことを思い出しました。館内に入場するまでの行列が60分待ちだの230分待ちだのがありまして、結局前売券を買っていたのに入場することすら諦めてしまいました。そんな嫌な予感がするのですが、考え過ぎでしょうか。

【「ミュシャ展」ペアチケット2,300円】には手を出せません。買っても行けないでは困りますから。

本サイト関連記事:展覧会【若冲展】に行った 入場待ち時間60分でさようなら(東京都美術館:東京都台東区)2016年春

本サイト関連記事:展覧会【若冲展】を諦めた だって平日の昼下がりなのに入場待ち時間230分なんだから(東京都美術館:東京都台東区)2016年春

 

伊藤園の缶コーヒー『サロンドカフェ』(東京都渋谷区)モカ100%とカプチーノ
伊藤園の缶コーヒー『サロンドカフェ』(東京都渋谷区)モカ100%とカプチーノ

 

伊藤園の缶コーヒー『サロンドカフェ』(東京都渋谷区)ブラックとデミタス
伊藤園の缶コーヒー『サロンドカフェ』(東京都渋谷区)ブラックとデミタス

 

以上

  • 記事名:【アルフォンス・ミュシャ】のパッケージ 懐かしの缶コーヒー『サロンドカフェ』(伊藤園:東京都渋谷区)2004年
  • 記事更新日:2016年6月6日、2016年7月23日、2016年10月9日、2017年3月4日、2017年4月23日
  • 記事出典元:山上真オフィシャルサイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)