女優【岡田奈々】『江戸川乱歩の美女シリーズ 魅せられた美女』

【岡田奈々】有無を言わせぬ透明感 天知茂のドラマ『江戸川乱歩の美女シリーズ』を見た 2012年夏

女優【岡田奈々】『江戸川乱歩の美女シリーズ 魅せられた美女』

岡田奈々の歌『静舞~クワイエットダンス~』

佐藤健が作曲した曲には、classの『夏の日の1993』もありますが、私が思い入れあるのは『静舞~クワイエットダンス~』です。

曲の気だるさが心地よさを生みます。

曲の良さもさることながら、歌手がその魅力を高めます。

天知茂の『江戸川乱歩の美女シリーズ』でその美女、アイドル役が歌っていました。私が小さな頃に見て淡く儚い熱き心を抱いた美女、岡田奈々。

天知茂版江戸川乱歩の美女シリーズの岡田奈々は、一際眩しく燦然と輝くのです。

本記事参考サイト:岡田奈々/静舞/江戸川乱歩の「十字路」

  • サイト運営管理者:YouTube anbncndnenfngen
  • 2019年2月6日現在
  • https://youtu.be/mpzA8BnSj7w

作曲家である佐藤健の作品として上記の『静舞~クワイエットダンス~』のほかに『風のメルヘン』があります。それはアニメ『まんが日本史』のエンディングテーマです。

本サイト関連記事:歌『風のメルヘン』について

■ 今を生きてこそ「このつぎの人生も会いましょう」 サーカスの歌『風のメルヘン』に涙する 2012年夏

岡田奈々が『美女』を務めた天知茂版江戸川乱歩の美女シリーズは2作品ある

1】『魅せられた美女』1980年放映 待田京介、奈美悦子、中条きよし ほか

2】 『白い乳房の美女』1981年放映 片桐夕子、白都真理、荻島真一 ほか

江戸川乱歩の美女シリーズ『魅せられた美女』では、岡田奈々はアイドル役

岡田奈々が『静舞~クワイエットダンス~』をアイドル役で披露したのは、1980年放映の『魅せられた美女』においてです。

天知茂がいつもながらの明智小五郎、併せて、岡田奈々の兄の二役を演じたことや岡田奈々が所属する事務所の社長役、待田京介の確かな演技力と声、そしてその二人の対決も見ものです。

加えて、岡田奈々の透明感が絶品。

これぞまさしくアイドルだと有無を言わせません。

『静舞~クワイエットダンス~』を歌う岡田奈々の場面になってエンディングへ。

純白のヒラヒラとしたドレスを着てアイドル然とした振付をしながら歌います。

その間に、彼女の最愛の兄が、続けて明智小五郎のカットが流れます。

この曲で番組がおしまい、と思わせておいてお馴染み、鏑木創作曲の『江戸川乱歩の美女シリーズのエンディングテーマ』へと移る。

その演出もまた絶品であります。

江戸川乱歩の美女シリーズ『白い乳房の美女』では片桐夕子が良い

1981年放映の『白い乳房の美女』は残念ながらと言っては失礼ですが、岡田奈々よりも片桐夕子の方が輝いていました。

彼女が脱いだからではない。

苦しみ、悲しみ、嫉妬、負が幸せを強く希求させた。

片桐夕子は偽りなく、輝いていたのです。

本サイト関連記事:ドラマ『江戸川乱歩の美女シリーズ 白い乳房の美女』について

■ 【天知茂】のドラマ『江戸川乱歩の美女シリーズ 白い乳房の美女』(昭和56年10月3日)を見た 身体だけではない演技の上質な片桐夕子 2010年秋

片桐夕子がヒロインを演じた作品です。岡田奈々は彼女の妹役で、期待ほどの出番はありませんでした。

本記事の名称、更新日、出典元、写真撮影日

■記事名:【岡田奈々】有無を言わせぬ透明感 天知茂のドラマ『江戸川乱歩の美女シリーズ』を見た 2012年夏

■記事更新日:2012年7月15日、その他、2016年2月7日、2016年3月21日、2016年3月27日、2016年11月6日、2017年5月21日、2017年11月25日、2019年2月5日、2019年2月6日

■記事出典元:山上真の「本当に笑顔にできるんですか!!」