平塚製菓の「レーズンサブレ」(埼玉県草加市)を拡大したもの

平塚製菓の洋菓子【レーズンサブレ】(埼玉県草加市)2016年冬

個包装を開けて広がる、クリームとラム酒の甘い香り

茶色の箱の真ん中に紫色で『レーズンサブレ』の文字。

それを緑色の枠が囲んでいます。

いずれも葡萄、レーズンを思い浮かべる色です。

平塚製菓の「レーズンサブレ」(埼玉県草加市)の箱

箱を開けますと、中には1本1本個包装されたレーズンサブレが10本きれいに並んでいます。

個包装を彩る金色の文字と装飾。

食べる前から落ち着きのある幸福感を覚えます。

平塚製菓の「レーズンサブレ」(埼玉県草加市)の個包装

個包装を切って開けますと、クリームとラム酒の甘い香りが広がり、食欲が増してくることが分かります。

平塚製菓の「レーズンサブレ」(埼玉県草加市)

サブレとクリーム、ラム酒漬けレーズン 味が見事に重なりあう

目に優しい小麦色のサブレを手に取り、少しザラザラとした感触を覚えながら口の中へ。

サクサクサクとサブレは崩れ、ラム酒に漬けられたレーズンと白いクリームが口の中で出会い重なり合います。

芳醇なレーズンサブレ。

ホッと一息つける安心できる味。

これは美味しい。

平塚製菓の「レーズンサブレ」(埼玉県草加市)のサブレ

味へのこだわりは体へのこだわりとともに実現する

平塚製菓の「レーズンサブレ」(埼玉県草加市)を2つに切ったところ

■ 有機栽培のレーズン

■ 良質なバター

■ ビート糖に粗糖

■ 小麦粉、鶏卵はいずれも国産

味へのこだわりと体へのこだわり。ひと時の喜びのみならず、普段の生活をつつがなく送るための健康への心遣いが感じられます。

これは美味しい。

洋菓子『レーズンサブレ』の概要

  • 洋菓子『レーズンサブレ』
  • 賞味期限:およそ1ヶ月半
  • 製造者:平塚製菓株式会社草加工場
  • 住所:〒340-0006 埼玉県草加市八幡町628
  • 備考:追記2019年9月22日。本サイト記事の対象である『レーズンサブレ』は、生活クラブデポー(生活クラブの店舗型の形態)で扱われているものです。そのため製造者である平塚製菓で直接購入することのできる『レーズンクッキー』とは、見た目は似ていますが同一のものではないと思われます(原材料の一部が異なるなど)。

本記事参考サイト:平塚製菓株式会社|チョコレート、焼き菓子、ウェハースなど貴社製品のOEMによる生産、委託加工、商品開発を承ります

  • サイト運営管理者:平塚製菓株式会社
  • サイトアドレス:2019年9月22日現在。リンク対応について未詳のためリンクをしない。
  • http://www.hiratsuka-seika.co.jp/
平塚製菓の「レーズンサブレ」(埼玉県草加市)の商品表示
平塚製菓の「レーズンサブレ」(埼玉県草加市)を拡大したもの

本記事の名称、更新日、出典元、写真撮影日

■ 記事名称:平塚製菓の洋菓子【レーズンサブレ】(埼玉県草加市)2016年冬

(旧:洋菓子【レーズンサブレ】を食べた サブレとクリーム、ラム酒漬けレーズンの三重奏(平塚製菓株式会社:埼玉県草加市)2016年冬)

■ 記事更新日:2016年1月10日、2016年2月18日、2016年3月11日、2016年3月28日、2016年10月15日、2017年6月16日、2019年9月22日

■ 記事出典元:山上真オフィシャルサイト

■ 写真撮影日:2016年1月10日