小田急小田原線海老名駅の『ロウバイ』(神奈川県海老名市)

花【ロウバイ】を見た 幸せの黄色の匂いは甘く(小田急小田原線海老名駅:神奈川県海老名市)2016年冬

冬の楽しみ 黄色のロウバイその甘い匂いに喜ぶ

やって来ました。今年もこのときが。

ここ数年、小田急小田原駅の海老名駅改札内では、1月から2月まで、ロウバイを見ることができます。これが私の楽しみなのです。

そのロウバイは本物ですから、次第に枯れてきて黄色い花びらが茶色に変わっていきます。

 

このことは、神奈川県足柄上郡松田町が主催する『松田町寄ロウバイまつり』の広報活動の一つと思われます。そのポスターが、ロウバイの近くに設置されていました。

本年平成28年の開催期間は、平成28年1月16日土曜日から2月21日日曜日まで。残り1週間となりました。

 

小田急小田原線海老名駅の『ロウバイ』(神奈川県海老名市)

 

ロウバイのあの黄色に幸せを覚える

ロウバイは、それに近づくまでもなくそれはそれは甘い匂いを漂わせます。これが良い。

そしてあの色。つやのある幸福感を覚える黄色

先日、お世話になっている人から「黄色は欲求不満の色って言われているけど」と教えていただきました。私は初耳。

以前に色にまつわる本を見ましたら黄色は『幸福感を覚える色』とありました。それ以来、確かに黄色を見ると、幸福感を覚えます。金を連想させるせいもあるかもしれませんが。人によって、あるいは年代によって見方考え方はいろいろです。

今年は1月に訪れた東京上野の上野東照宮のぼたん苑で、ロウバイを見て甘い匂いをかぐことができ、よかったです。

 

→ 本サイト関連記事:寒さに舞う宝石は冬ぼたん 上野東照宮の『第34回冬ぼたん』に行った(東京都台東区)2016年冬

 

2月の今はウメが見頃。ウメは白いものが好き。ロウバイの向こうにウメが見えるコラボレーションと言いたいところですが、チョーヤのウメッシュ、いやあウメ違いのようです。

 

小田急小田原線海老名駅の『ロウバイ』(神奈川県海老名市)の向こうに梅が見える…違うな

 

ロウバイを見て覚える幸せ、匂いをかいで覚える幸せ、そのことが長く続きますように。そして来年も。

 

『第5回松田町寄ロウバイまつり』の概要

  • 主催:松田町
  • 会場:松田町寄ロウバイ園
  • アクセス方法1:小田急線新松田駅またはJR松田駅より富士急湘南バス『寄(やどりき)』行きで終点『寄』まで
  • アクセス方法2:車にて カーナビを『寄自然休養村管理センター 松田町寄3415』にセットのこと
  • 開催期間:平成28年1月16日-2月21日 9-16時
  • 入園料:大人300円、子供および身体障害者手帳等の交付を受けている方は無料、団体割引(20人以上)200円

本記事参考サイト:松田町公式ホームページ 第5回寄ロウバイまつり

  • サイト管理者:松田町
  • サイトアドレス:2017年1月14日現在(リンク後連絡を必要とするためリンクをしない)
    https://town.matsuda.kanagawa.jp/site/5roubai/

 

小田急小田原線海老名駅の『ロウバイ』(神奈川県海老名市)の松田町寄ロウバイまつり

 

小田急海老名駅で見たロウバイの概要

  • ロウバイの花(神奈川県海老名市)
  • 小田急線海老名駅の改札内コンコースの駅西口(JR相模線側)にあり 改札の外からは駅中央口(相鉄線側)から見られるかも
  • 場所:小田急線海老名駅改札内コンコース
  • 住所:〒243-0436 神奈川県海老名市扇町16
  • 地図:省略
  • 撮影年月日:2016年1月14日、2016年1月21日。

 

小田急小田原線海老名駅の『ロウバイ』(神奈川県海老名市)の全体像

 

以上

  • 記事名:花【ロウバイ】を見た 幸せの黄色の匂いは甘く(小田急小田原線海老名駅:神奈川県海老名市)2016年冬
  • 記事更新日:2016年2月13日、2016年3月30日、2016年4月29日、2017年1月14日
  • 記事出典元:山上真オフィシャルサイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)