街【新宿】2018年冬。冬のサクラ、上野の森美術館、白いハト、パンダ型ポスト、大噴水。

冬のサクラ、生頼範義展、大噴水、夕陽の【上野恩賜公園】(東京都台東区)2018年冬

街【新宿】2018年冬。冬のサクラ、上野の森美術館、白いハト、パンダ型ポスト、大噴水。

上野の森美術館 冬のサクラ、生頼範義展

上野の森美術館の近くにジュウガツザクラ。

往来者が次々に足を止めて、声をあげる。その中に私もいた。

咲いたウメより先に見られるとは。

ジュウガツザクラ(十月桜)を上野の森美術館(東京都台東区)近くで見た。2018年1月快晴。

ジュウガツザクラ(十月桜)を上野の森美術館(東京都台東区)近くで見た。2018年1月快晴。

展覧会【生賴範義展】。

2018年1月6日から2月4日まで。

生頼範義(おおらい のりよし)が『信長の野望』初期のイラスト製作者と知り、関心高まる。

お守りを求めてからこちらに戻ってこようと思ったが、その道中で、余所見した男にぶつかりそうになったうえ自分は悪くないとアピールされ不快になり、そのまま神社へ。

縁とはそういうもの。

展覧会【生頼範義展】(上野の森美術館・上野)2018年冬。特大ポスターを見つめる人。

本記事参考サイト:HOME of 生賴範義

  • サイト運営管理者:一般社団法人生賴範義記念みやざき文化推進協会 
  • サイトアドレス:2018年2月25日現在(リンク対応について未詳のためリンクを設定しない)
    http://ohrai.net/index.html

展覧会【生頼範義展】(上野の森美術館・上野)2018年冬。特大ポスター、上野の森美術館の向かって左側に。

そういえば、東京国立近代美術館フィルムセンター(東京・京橋)で開かれている『ポスターでみる映画史Part3 SF・怪獣映画の世界』(2018年1月4日から3月25日まで)では、生頼範義が画を担当した『スター・ウォーズ エピソード5 帝国の逆襲』のポスターを見た。

 

白いハト、パンダのポスト

ハトが、撒かれた餌をつついている。

白いハトにちょっかい出すハト一匹。白が目立つからだと思って見ていたが、誰かれ構わずハトにちょっかいを出していた。自分がたらふく食えればいい、というハトなのだろう。

生存競争。弱肉強食。私は苦手だ。

上野恩賜公園(東京都台東区)のハト。白いハトが一羽。2018年1月。

こちらは人間の、生存競争なのか、弱肉強食なのか。

上野恩賜公園(東京都台東区)に遠足か修学旅行かの一団。2018年1月。

パンダのデザインの郵便ポスト。

黒い耳もある。

上野ではどこもかしこもパンダ、パンダ、パンダ。

パンダのデザインの郵便ポストを上野恩賜公園(東京都台東区)にて見た。2018年1月。

定形郵便物に限り、パンダや西郷隆盛像などがデザインされた消印を押してくれるとのこと。

パンダのデザインの郵便ポストを上野恩賜公園(東京都台東区)にて見た。2018年1月。

 

夕陽 上野恩賜公園の大噴水、電飾

17時前。

冬至から3週間ほど経ち日が伸びたことを口にした。

ピンク、オレンジ、ムラサキ。それらの色が交差する良い色合いの夕陽。

噴水が花々に取り囲まれている。

上野恩賜公園(東京都台東区)の大噴水。花々が大噴水を囲んでいる。2018年1月。

上野恩賜公園(東京都台東区)の大噴水。夕陽。2018年1月。

上野恩賜公園(東京都台東区)の大噴水。夕陽。2018年1月。

赤い夕陽のような色合いの電飾が巻きつけられた木々は、なかなか。

道沿いには浮世絵がデザインされた小さな行燈がいくつも設置されていた。これもなかなかどうして良い。

上野恩賜公園(東京都台東区)の上野駅に通じる道。赤系の電飾が巻きつけられている。2018年1月。

 

以上

  • 記事名称:冬のサクラ、生頼範義展、大噴水、夕陽の【上野恩賜公園】(東京都台東区)2018年冬
  • 記事更新日:★2018年1月18日、2018年2月25日
  • 記事出典元:★Twitter 山上真@makotomys、山上真オフィシャルサイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)