菓子舗榮太楼の【さなづらゼリー】(秋田県秋田市)をスプーンですくう。 この深く美しい赤の良さ。酸味が少なく山葡萄の味の深さをそのまま味わうことができる。

洋菓子【さなづらゼリー】を食べた 山ぶどうは深く赤く輝く(菓子舗榮太楼:秋田県秋田市)2016年夏

深い紅の鮮やかさ 山葡萄の深いコク、上等な酸味の品の良さ 

『さなづら』よりも酸味が少なく食べやすいが、山葡萄の味の深さはしっかり。

弾力がありとろけはしないが、舌触り滑らかな。

紅茶などを飲まず暫く味の余韻に浸りたい。

深く赤く山葡萄は輝く。お見事。

菓子舗榮太楼【さなづらゼリー】(秋田県)

 

■引用元:Twitter 山上真@makotomys 2016年9月4日

 

菓子舗榮太楼の【さなづらゼリー】(秋田県秋田市)の購入時のもの ゼリーはドーム型のプラスチック製の器に入れられている。さなづらの『な』の字は変体仮名である。

 

菓子舗榮太楼の【さなづらゼリー】(秋田県秋田市)の購入時のもの。

ゼリーはドーム型のプラスチック製の器に入れられている。

ちなみに、さなづらの『な』の字は変体仮名である。ふ、のようにも見える。

 

菓子舗榮太楼の【さなづらゼリー】(秋田県秋田市)を器から出したところ。この写真では黒っぽいが実物は深い赤色である。そのことはゼリーの周りに滲み出た汁の色からも推測ができるものと思う。

 

菓子舗榮太楼の【さなづらゼリー】(秋田県秋田市)を器から出したところ。

この写真では黒っぽいが、実物は深い赤色である。

そのことは、ゼリーの周りに滲み出た汁の色からも推測ができるものと思う。

 

菓子舗榮太楼の【さなづらゼリー】(秋田県秋田市)を器から出したところ。見事なまでの美しい赤い色。フラッシュ撮影したもの。室内の電球が写り込んでいる。某化粧品の新垣結衣のポスターを思い出す。

 

菓子舗榮太楼の【さなづらゼリー】(秋田県秋田市)を器から出したところ。

見事なまでの美しい赤い色。

フラッシュ撮影したもの。室内の電球が写り込んでいる。某化粧品の新垣結衣のポスターを思い出す。

 

菓子舗榮太楼の【さなづらゼリー】(秋田県秋田市)を半分に割ったもの。中には何らかの果実は入っていない。あくまでも山葡萄の果汁だけの真っ向勝負である。

 

菓子舗榮太楼の【さなづらゼリー】(秋田県秋田市)を半分に割ったもの。

中には何らかの果実は入っていない。

あくまでも山葡萄の果汁だけの、真っ向勝負である。

 

菓子舗榮太楼の【さなづらゼリー】(秋田県秋田市)をスプーンですくう。 この深く美しい赤の良さ。酸味が少なく山葡萄の味の深さをそのまま味わうことができる。

 

菓子舗榮太楼の【さなづらゼリー】(秋田県秋田市)をスプーンですくう。

この深く美しい赤の良さ。

酸味が少なく、山葡萄の味の深さをそのまま味わうことができる。

 

洋菓子【さなづらゼリー】の概要

  • 名称:洋菓子【さなづらゼリー】
  • 製造者:株式会社菓子舗榮太楼
  • 住所:〒010-0967 秋田県秋田市高陽幸町9-11
  • 値段:さなづらゼリー6個入り1,450円(税込み)(2017年8月13日、公式サイトによる)
  • 賞味期限:常温90日
  • 撮影年月日:2016年9月4日

本記事参考サイト:菓子舗榮太楼 秋田のお菓子、お土産、和菓子をお取り寄せ!

  • 備考:2016年10月以来、久しぶりに見たサイトに手入れがされていました。高級感が出て、新着の商品紹介もしっかりされていました。良いものです。2017年6月11日現在。
  • サイト管理者:株式会社菓子舗榮太楼
  • サイトアドレス:2017年8月13日現在(サイトの扱いについて不明のためリンクをしない)
    http://www.eitaro.net/

 

菓子舗榮太楼の【さなづらゼリー】(秋田県秋田市)の商品表示。

 

菓子舗榮太楼の【さなづらゼリー】(秋田県秋田市)の商品表示

 

菓子舗榮太楼の【さなづらゼリー】(秋田県秋田市) 深く赤く山葡萄は輝く。見た目通りの舌触り滑らか。ゼリーは溶けずとも心は蕩ける。

 

菓子舗榮太楼の【さなづらゼリー】(秋田県秋田市)

深く赤く山葡萄は輝く。

見た目通りの舌触り滑らか。ゼリーは溶けずとも心は蕩ける。

 

菓子舗榮太楼の【さなづらゼリー】(秋田県秋田市) 紅茶やコーヒーなどを飲まずに少しの間、さなづらゼリーの味の余韻に浸りたい。

 

菓子舗榮太楼の【さなづらゼリー】(秋田県秋田市)

紅茶やコーヒーなどを飲まずに少しの間、さなづらゼリーの味の余韻に浸りたい。

 

以上

  • 記事名:洋菓子【さなづらゼリー】を食べた 山ぶどうは深く赤く輝く(菓子舗榮太楼:秋田県秋田市)2016年夏
  • 記事更新日:2016年9月10日、2016年10月10日、2017年6月11日、2017年8月13日
  • 記事出典元:山上真オフィシャルサイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)