皇居東御苑の三の丸尚蔵館(東京都千代田区)の近くに咲いていた白梅と紅梅。

【皇居】散歩 梅咲く三の丸尚蔵館、石垣、百人番所(皇居東御苑:東京都千代田区)2017年冬

皇居東御苑の大手門

2017年2月25日

皇居東御苑の大手門(東京都千代田区)。この日2017年2月25日は天候に恵まれた。ここに来る直前のパレスホテル東京では、結婚式の主役の一人、純白のウェディングドレスに身を包んだ新婦を見る機会に恵まれた。この日の午後に聴いた、アントニ・ヴィット指揮・新日本フィルハーモニー交響楽団の『オールポーランドプログラム』も良かった。とても良い日だった。
皇居東御苑の大手門(東京都千代田区)。この日2017年2月25日は天候に恵まれた。ここに来る直前のパレスホテル東京では、結婚式の主役の一人、純白のウェディングドレスに身を包んだ新婦を見る機会に恵まれた。この日の午後に聴いた、アントニ・ヴィット指揮・新日本フィルハーモニー交響楽団の『オールポーランドプログラム』も良かった。とても良い日だった。

 

皇居東御苑の大手門(東京都千代田区)。この門の手前にいる警備員に確認してから、外国人旅行客が「ここの入出場はフリーなの!素晴らしい!」と行って喜んでいた。
皇居東御苑の大手門(東京都千代田区)。この門の手前にいる警備員に確認してから、外国人旅行客が「ここの入出場はフリーなのね!素晴らしい!」と言って喜んでいた。

 

皇居東御苑の大手門またはその周辺にある扉(東京都千代田区)。この季節の金属だから当然固く、冷たい。汚らしくも思えるが、深い良い色だ。
皇居東御苑の大手門またはその周辺にある扉(東京都千代田区)。この季節の金属だから当然固く、冷たい。汚らしくも思えるが、深い良い色だ。

 

皇居東御苑の大手門またはその周辺にある扉(東京都千代田区)。これもまた年季の入った、蜘蛛の巣の張り具合、色具合だ。
皇居東御苑の大手門またはその周辺にある扉(東京都千代田区)。これもまた年季の入った、蜘蛛の巣の張り具合、色具合だ。

 

三の丸尚蔵館の紅梅、白梅

皇居東御苑の大手門、発券所を通過したところ(東京都千代田区)。午前10時過ぎと早い時間ながら多くの人で賑わっていた。空の青、地の白灰色の間に木々の緑と花の赤が交じる。
皇居東御苑の大手門、発券所を通過したところ(東京都千代田区)。午前10時過ぎと早い時間ながら多くの人で賑わっていた。空の青、地の白灰色の間に木々の緑と花の赤が交じる。

 

皇居東御苑の三の丸尚蔵館(東京都千代田区)。この日の展覧会は『寿ぎの品々を読み解く』(平成29年1月7日-3月12日)。パンフレットには「これらの品々の健康と長寿、夫婦愛など、さまざまな寿ぎの意味を読み解きながら、その造形をお楽しみ下さい。」とある。
皇居東御苑の三の丸尚蔵館(東京都千代田区)。この日の展覧会は『寿ぎの品々を読み解く』(平成29年1月7日-3月12日)。パンフレットには「これらの品々の健康と長寿、夫婦愛など、さまざまな寿ぎの意味を読み解きながら、その造形をお楽しみ下さい。」とある。

 

皇居東御苑の三の丸尚蔵館(東京都千代田区)の近くに咲いていた紅梅。
皇居東御苑の三の丸尚蔵館(東京都千代田区)の近くに咲いていた紅梅。

 

皇居東御苑の三の丸尚蔵館(東京都千代田区)の近くに咲いていた紅梅。『鹿児島紅』だったか。この品種は『カゴシマコウ』と呼ぶのか『カゴシマベニ』と呼ぶのか。
皇居東御苑の三の丸尚蔵館(東京都千代田区)の近くに咲いていた紅梅。『鹿児島紅』だったか。この品種は『カゴシマコウ』と呼ぶのか『カゴシマベニ』と呼ぶのか。

 

皇居東御苑の三の丸尚蔵館(東京都千代田区)の近くに咲いていた白梅。
皇居東御苑の三の丸尚蔵館(東京都千代田区)の近くに咲いていた白梅。

 

皇居東御苑の三の丸尚蔵館(東京都千代田区)の近くに咲いていた白梅と紅梅。写真撮影者も花盛りだった。
皇居東御苑の三の丸尚蔵館(東京都千代田区)の近くに咲いていた白梅と紅梅。写真撮影者も花盛りだった。

 

皇居東御苑の三の丸尚蔵館(東京都千代田区)の近くに咲いていた白梅と紅梅。大手門のある方向を見上げれば、やはりここは首都東京なのだと思わせる現代的な高層ビルも目に入ってくる。
皇居東御苑の三の丸尚蔵館(東京都千代田区)の近くに咲いていた白梅と紅梅。大手門のある方向を見上げれば、やはりここは首都東京なのだと思わせる現代的な高層ビルも目に入ってくる。

 

皇居東御苑の三の丸尚蔵館(東京都千代田区)の近くに咲いていた白梅と紅梅。
皇居東御苑の三の丸尚蔵館(東京都千代田区)の近くに咲いていた白梅と紅梅。

 

石垣

皇居東御苑の百人番所近くの石垣(東京都千代田区)。石垣と石垣の間の道は本丸、天守台へ続くが、城跡だけあって一直線ではない。
皇居東御苑の百人番所近くの石垣(東京都千代田区)。石垣と石垣の間の道は本丸、天守台へ続くが、城跡だけあって一直線ではない。

 

皇居東御苑の百人番所近くの石垣(東京都千代田区)。一つひとつの石があまりに大きい。それぞれの色も違う。一番下にある石のいろが最も白くきれいに見えるのは興味深い。
皇居東御苑の百人番所近くの石垣(東京都千代田区)。一つひとつの石があまりに大きい。それぞれの色も違う。一番下にある石のいろが最も白くきれいに見えるのは興味深い。

 

皇居東御苑の百人番所近くの石垣(東京都千代田区)。写真ではまったく分からないが、肉眼で見ると、この石垣の部分部分がキラキラと輝いていた。
皇居東御苑の百人番所近くの石垣(東京都千代田区)。写真ではまったく分からないが、肉眼で見ると、この石垣の部分部分がキラキラと輝いていた。

 

皇居東御苑の百人番所近くの石垣(東京都千代田区)。この写真の真ん中の『黒い直線』は隙間だ。小さめの手であれば、手のひらのまま入ってしまうほどの大きさ。子どもが突っ込んだら抜けなくなりそうで泣いてしまいそう。
皇居東御苑の百人番所近くの石垣(東京都千代田区)。この写真の真ん中の『黒い直線』は隙間だ。小さめの手であれば、手のひらのまま入ってしまうほどの大きさ。子どもが突っ込んだら抜けなくなりそうで泣いてしまいそう。

 

百人番所

皇居東御苑の百人番所(東京都千代田区)。常時100人詰めていた江戸城本丸で最大の検問所。建物の長さは50メートルを超えるという。
皇居東御苑の百人番所(東京都千代田区)。常時100人詰めていた江戸城本丸で最大の検問所。建物の長さは50メートルを超えるという。

 

皇居東御苑の百人番所(東京都千代田区)。江戸時代の建物だから当然木造であるが、木の柱の土台の白灰色の部分は、新しいもののように見えた。
皇居東御苑の百人番所(東京都千代田区)。江戸時代の建物だから当然木造であるが、木の柱の土台の白灰色の部分は、新しいもののように見えた。

 

皇居東御苑の百人番所(東京都千代田区)。木の戸や柱、瓦の屋根、それらの正しい規則性と時間を経て生まれた色合いの不規則性が素晴らしく興味深い。
皇居東御苑の百人番所(東京都千代田区)。木の戸や柱、瓦の屋根、それらの正しい規則性と時間を経て生まれた色合いの不規則性が素晴らしく興味深い。

 

皇居東御苑の百人番所(東京都千代田区)。手前の植物は百人場所の屋根の形をイメージして整えられたのだろうか。この日はこのアングルから熱心に写真撮影していた外国人カップルがいた。
皇居東御苑の百人番所(東京都千代田区)。手前の植物は百人場所の屋根の形をイメージして整えられたのだろうか。この日はこのアングルから熱心に写真撮影していた外国人カップルがいた。

 

皇居東御苑の百人番所(東京都千代田区)。手前に柵があるように、百人番所の中に入ることはできない。華美でなく地味そのものの建物だが、それに魅了されてシャッターを切るのだから面白いものだ。
皇居東御苑の百人番所(東京都千代田区)。手前に柵があるように、百人番所の中に入ることはできない。華美でなく地味そのものの建物だが、それに魅了されてシャッターを切るのだから面白いものだ。

本記事参考サイト:百人番所

  • 備考:千代田区観光協会による広報サイトです。百人番所を動画で見ることもできます。
  • サイト管理者:一般社団法人千代田区観光協会
  • サイトアドレス:2017年3月19日現在
    http://www.kanko-chiyoda.jp/tabid/1004/Default.aspx

 

皇居東御苑(大手門、三の丸尚蔵館、百人番所)の地図と住所、最寄り駅

皇居東御苑の住所:(宮内庁)〒100-8111 東京都千代田区千代田1−1

最寄り駅は、①大手町駅(地下鉄各線 C13a出口)から徒歩約5分 ②二重橋駅(地下鉄千代田線 6番出口)から徒歩約10分 ③東京駅(JR 丸の内北口)から徒歩約15分。

本記事参考サイト:皇居東御苑 – 宮内庁

  • 備考:皇居東御苑は,旧江戸城の本丸・二の丸・三の丸の一部を宮殿の造営にあわせて皇居附属庭園として整備されたもので,昭和43年(1968)から公開されています(宮内庁ホームページの『皇居東御苑』ページ記載の内容による)。
  • サイト管理者:宮内庁
  • サイトアドレス:2017年3月19日現在
    http://www.kunaicho.go.jp/event/higashigyoen/higashigyoen.html
皇居東御苑の百人番所(東京都千代田区)。
皇居東御苑の百人番所(東京都千代田区)。

 

以上

  • 記事名:【皇居】散歩 梅咲く三の丸尚蔵館、石垣、百人番所(皇居東御苑:東京都千代田区)2017年冬
  • 記事更新日:2017年3月19日、2017年3月20日
  • 記事出典元:山上真オフィシャルサイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)