【オルタフーズ】のパン『わんこパン』(神奈川県綾瀬市)2016年春

犬や猫、キャラクターを模したパンは、探せば全国各地にあるでしょう。

顔を形どったものを口に入れるのはどうも気が進まないのですが、アンパンマンが当たり前の存在になった今の日本では問題ないのでしょう。

子供に親しまれて、食べれば美味しいから実は大人にも人気、というパンは素晴らしいものです。

わんこパン。その名前が良い。

オルタフーズの『わんこパン』(神奈川県綾瀬市)の商品表示上の『わんこパン』

いぬパンではなく、ぽちパンではなく、わんこそばではなく、わんこパン。

私も年甲斐もなく犬をわんこと言ったり、猫をにゃんこと言ったりすることがあります。「犬猫の類が…」と言う時はいい意味でないことが多いですから、犬猫と言うよりもわんこ、にゃんこで構わないと思います。

『にゃんこパン』もあるのでしょうか。

パンの形は『わんこ』そのもの

わんこパンの由来は、パンの形そのものでしょう。

わんこそのもの。そうは思わない人もいるかもしれません。

これは犬であります。

オルタフーズの『わんこパン』(神奈川県綾瀬市)を正面から見る

耳が大きくて、困り目をしていて、目と鼻の大きさが同じ、白いわんこであります。茶のわんこかな。

このパンの姿が素敵だと思いました。クスクスっとしてしまいました。

大人の口にも子供にも合う 口に嬉しく身体に優しいパン

オルタフーズの『わんこパン』(神奈川県綾瀬市)左から見上げる

白いパン生地は、小麦の深い味がします。

美味しさというよりも安心のできる味。そのことはもちろん、不味いということではありません。

  • 小麦は国産のもの
  • 甘みには粗糖、麦芽糖を使用
  • イーストフード、乳化剤、保存料などの添加物は使用していない
  • 遺伝子組み換え品の原料は使用していない

目と鼻にあたる黒いものは、黒大豆です。

この黒大豆の甘味と歯ざわりが、白いパン生地と相性がいい。

パンの中には黒大豆も小豆もクリームも、何も入っていません。ですから余計に黒大豆が良い存在感なのです。

オルタフーズの『わんこパン』(神奈川県綾瀬市)右から見上げる

パンそのものの大きさは、握りこぶし一つ分ですからこれだけでは腹持ちはよくないでしょうが、一袋に2つ入っていて、特に子供のおやつには良いでしょう。

子供はわんこぱんを手にとって

「うちのわんこに似てる」

「あのわんちゃんだ」

などと言っているのでしょうか。

わんこパンの犬種はなんでしょうね。

オルタフーズのパン『わんこパン』の概要

  • 名称:わんこパン
  • 製造者:オルタフーズ あやせ工場
  • 住所:神奈川県綾瀬市吉岡東3-7-9
  • 販売店:生活クラブ神奈川相武台デポー(神奈川県座間市)ほか

本記事参考サイト:生活クラブのパン屋さん「オルタフーズ」│生活クラブ神奈川

  • 備考:オルタフーズの自社サイトは見当たりません。生活クラブ神奈川のサイト上に『生活クラブのパン屋さん「オルタフーズ」』のページがあります。白神酵母食パンなどのパンはもちろんのこと、その製造工場の紹介もされています。
  • サイト運営管理者:生活クラブ神奈川
  • サイトアドレス:2019年9月28日時点
  • https://kanagawa.seikatsuclub.coop/news/detail.html?nid=0000034563

オルタフーズのパン『わんこパン』の商品表示

オルタフーズの『わんこパン』(神奈川県綾瀬市)商品表示
オルタフーズの『わんこパン』(神奈川県綾瀬市)オルタフーズのパンの特徴
オルタフーズの『わんこパン』(神奈川県綾瀬市)をじっと見つめる

時期的にでしょうが、どうも草刈正雄を思い出してしまうこのわんこパンが素敵です(2016年3月現在。2016年の大河ドラマは『真田丸』)。

本記事の名称、更新日、出典元、写真撮影日

■ 記事名称:【オルタフーズ】のパン『わんこパン』(神奈川県綾瀬市)2016年春

(旧:オルタフーズのパン【わんこパン】を食べた 名前が良い、味も良い(神奈川県綾瀬市)2016年春)

■ 記事更新日:2016年3月10日、2016年10月11日、2017年3月25日、2017年6月13日、2019年9月28日

■ 記事出典元:山上真オフィシャルサイト

■ 写真撮影日:2016年3月9日