冨士屋ベーカリー(代々木上原駅)のパン【ブドウとチーズ・アップルパイ】(東京都渋谷区)2018年夏

2018年7月4日、冨士屋ベーカリー(東京・代々木上原)。

代々木上原駅の北側の商店街の中にある。

この辺りは細い道に車の行き来あり心配になるが、街の雰囲気は良い。

店の所狭しとパンの数々。サンドイッチも充実。

パンの焼き色良く、ブドウもチーズもいっぱい。

美味しいものを食べられて、いくつになっても嬉しい。

ケーキ類も充実。

アップルパイの生地が硬くなく、味も含めて口当たりが柔らかい分、リンゴの味が楽しめる。一切れひと塊のリンゴが良い。カスタードクリームが味を和ませる。

アールグレイのシフォンケーキは、次の機会に。

初めて食べて万歳。

パン屋『冨士屋ベーカリー』の概要

  • パン屋『冨士屋ベーカリー』
  • 住所:〒151-0066 東京都渋谷区西原3-2-5
  • アクセス1:小田急小田原線・東京メトロ 代々木上原駅から徒歩3分ほど
  • 営業時間:7時から21時まで 定休:日曜日
  • 地図【GoogleMap】https://goo.gl/maps/Zzmg6JRMdyN2

本記事参考サイト:代々木上原フジヤベーカリー

  • サイト運営管理者:冨士屋ベーカリー
  • サイトアドレス:2019年3月15日現在。
  • https://wadapan325.wordpress.com/

本記事の名称、更新日、出典元、写真撮影日

■ 記事名称:冨士屋ベーカリー(代々木上原駅)のパン【ブドウとチーズ・アップルパイ】(東京都渋谷区)2018年夏

■ 記事更新日:★2018年7月7日、2018年8月2日、2019年3月15日、2019年3月21日

■ 記事出典元:★Twitter 山上真@makotomys、山上真オフィシャルサイト

■ 写真撮影日:2018年7月4日

墨繪のパンを食べた【ベリーベリーパン・ごぼうパン】(新宿駅:東京都新宿区)2018年春

パン【ベリーベリーパン】墨繪(東京都新宿区)

パン屋『墨繪』(東京・新宿)

初来店。

有名店であり、始業時間10時と遅いことで敬遠していたが、美味しかった。

店内狭く客多いため、いつもという訳にはいかないが、行くたび良い心持ちになりそう。

テキパキ笑顔の店員も良く、終業21時30分も嬉しい。

パン屋『墨繪』の概要

  • パン屋『墨繪』
  • 住所:〒160-0023 東京都新宿区西新宿1-1-2 新宿地下鉄ビル 新宿西口メトロ食堂街地下1階
  • アクセス1:新宿駅から徒歩1,2分

本記事参考サイト:東京・新宿 レストラン墨繪(すみのえ)ホームページ

  • サイト運営管理者:櫻製菓株式会社
  • サイトアドレス:2018年5月6日現在。リンク設定方針について、詳細不明。
  • https://www.suminoe.in/

 

ベリーベリーパン

墨繪(東京都新宿区)の【ベリーベリーパン】

馴染みあるブドウパンではなく(それがこの店にあるかは知らない)、ベリーベリーパン。

そのせいか甘い香りよりも焦げた匂い。

口にすれば、生地もベリーも食べごたえあり。噛むごとに甘みを増す。

焼いた後にバターを落として食べたら、余計に美味しいだろう。

墨繪(東京都新宿区)の【ベリーベリーパン】

墨繪(東京都新宿区)の【ベリーベリーパン】

 

ごぼうパン

墨繪(東京都新宿区)の【ゴボウパン】

コロコロのゴボウがいっぱい。パンとして食べる場合は、千切り、ささがきよりもこのように切ってくれると歯ごたえ良く、味も良くして嬉しい。

ゴボウは漢字で書くと『牛蒡』。英語では『burdock』と言うんだそう。やっぱり『ゴボウ』が良い。

墨繪(東京都新宿区)の【ゴボウパン】

墨繪(東京都新宿区)の【ゴボウパン】

 

ショコラブール

墨繪(東京都新宿区)の【ショコラブール】

パンの中から溶けたチョコレートが出てくるわけではない。

甘くなく、玄人好み。

裏を見れば、シイタケを思い出す。

墨繪(東京都新宿区)の【ショコラブール】

墨繪(東京都新宿区)の【ショコラブール】

 

以上

  • 記事名称:墨繪のパンを食べた【ベリーベリーパン・ごぼうパン】(新宿駅:東京都新宿区)2018年春
  • 記事更新日:★2018年3月31日、2018年5月6日
  • 記事出典元:★Twitter 山上真@makotomys、山上真オフィシャルサイト
  • 写真撮影日:2018年3月20日

マインのパンを食べた【チーズパン・あんぱん・チーズケーキ】(錦糸町駅:東京都墨田区)2018年春

パン【チーズ入りパン】マイン(東京都墨田区)

パン屋『マイン』(東京・錦糸町)

2018年3月10日

初来店。

押上駅と錦糸町駅の中間、やや錦糸町寄りのところに在る。

押上駅から錦糸町駅方面に南下し、一本道で行けると思ったら、春日通りで少し逸れた。横断歩道を渡りましょう。

ビル1階、深緑色の庇に『パンの店 マイン』と白い文字である。

パン屋『マイン』の概要

  • パン屋『マイン』
  • 住所:東京都墨田区太平2-16-8
  • アクセス1:JR・東京メトロ 錦糸町駅から徒歩10分ほど
  • アクセス2:東京メトロ・都営地下鉄・京成線 押上駅から徒歩15分ほど
  • 地図【GoogleMap】https://goo.gl/maps/vtyjTjMBX782
  • 備考:公式サイトは見当たりません(2018年5月6日現在)。

 

チーズ入りパン

マイン(東京都墨田区)の【チーズ入りパン】

歯ごたえしっかりしながらソフト。

生地の甘み。

チーズコロコロたっぷりと。

焼けばなお良さそう。『アルプスの少女ハイジ』に出てきそうな、チーズのとろけ具合になって溢れ出す。

マイン(東京都墨田区)の【チーズ入りパン】

 

アンパン

焼きたてに惹かれて。

甘みは抑えられている。

マイン(東京都墨田区)の【アンパン】

マイン(東京都墨田区)の【アンパン】

マイン(東京都墨田区)の【アンパン】

 

チーズケーキ

ブルーベリーに砂糖を入れ、レンジで加熱したものを添えて。

これも甘みが抑えられ上品。物足りないかと思いきや、2口3口と口の中に次々と。

マイン(東京都墨田区)の【チーズケーキ】

抑えられた値段も嬉しい。

他のパンも美味しかった。ハズレ無し。当たりはいくつ引いても嬉しく、またの機会が楽しみ。

 

以上

  • 記事名称:マインのパンを食べた【チーズパン・あんぱん・チーズケーキ】(錦糸町駅:東京都墨田区)2018年春
  • 記事更新日:★2018年3月18日、2018年5月6日
  • 記事出典元:★Twitter 山上真@makotomys、山上真オフィシャルサイト
  • 写真撮影日:2018年3月10日、2018年3月11日