ル・プチメック東京のパンを食べた【リヨネーズ・フーガス・ラベンダーとオレンジ】(東京都新宿区)2017年春

ル・プチメック東京を外から見ると

2017年5月11日 木曜日

ル・プチメック東京を外から見たところ(東京都新宿区) 入居している新宿マルイ本館は改装中。平日の17時過ぎはまずまずの客足。以前お邪魔した時の夕方は20人以上並んでいた。
ル・プチメック東京を外から見たところ(東京都新宿区) 入居している新宿マルイ本館は改装中。平日の17時過ぎはまずまずの客足。以前お邪魔した時の夕方は20人以上並んでいた。

 

ル・プチメック東京を外から見たところ(東京都新宿区) 本年7月23日日曜日に閉店することが発表された。私にとって数年前に飛び込みで知ったル・プチメック東京は、忘れることのできないパン屋でありパンだ。その裏に人の努力がある、美味しいものは人を幸せな気持ちにさせる。
ル・プチメック東京を外から見たところ(東京都新宿区) 本年7月23日日曜日に閉店することが発表された。私にとって数年前に飛び込みで知ったル・プチメック東京は、忘れることのできないパン屋でありパンだ。その裏に人の努力がある、美味しいものは人を幸せな気持ちにさせる。

 

リヨネーズ

ル・プチメック東京(東京都新宿区)のパン【リヨネーズ】 『リヨネーズ』はリヨン風のという意味で、玉ねぎを使うことが多いとのこと。このパンにそのイメージはないのだが(食べてから時間が経ち過ぎた)、あの味の濃さ、旨味が玉ねぎのものだということだろう。
ル・プチメック東京(東京都新宿区)のパン【リヨネーズ】 『リヨネーズ』はリヨン風のという意味で、玉ねぎを使うことが多いとのこと。このパンにそのイメージはないのだが(食べてから時間が経ち過ぎた)、あの味の濃さ、旨味が玉ねぎのものだということだろう。

 

ル・プチメック東京(東京都新宿区)のパン【リヨネーズ】 これまで食べていなかったことが不思議でなぜ今初めて食べるのか。これも美味しい。もちもちした食感が噛むことの楽しさを覚えさせ、満腹感を促す。
ル・プチメック東京(東京都新宿区)のパン【リヨネーズ】 これまで食べていなかったことが不思議でなぜ今初めて食べるのか。これも美味しい。もちもちした食感が噛むことの楽しさを覚えさせ、満腹感を促す。

 

ル・プチメック東京(東京都新宿区)のパン【リヨネーズ】 ベーコンが少なからず入っている。パンそのものもしっかりした味がする。
ル・プチメック東京(東京都新宿区)のパン【リヨネーズ】 ベーコンが少なからず入っている。パンそのものもしっかりした味がする。

 

フーガス(オリーブトマト)

ル・プチメック東京(東京都新宿区)のパン【フーガス】 『フーガス』とは葉っぱを意味すると耳目にするも、これはどうもそうではない。トースターで2,3分焼いたせいもあるが、食欲をそそる焼き色だ。
ル・プチメック東京(東京都新宿区)のパン【フーガス】 『フーガス』とは葉っぱを意味すると耳目にするも、これはどうもそうではない。トースターで2,3分焼いたせいもあるが、食欲をそそる焼き色だ。

 

ル・プチメック東京(東京都新宿区)のパン【フーガス】 黄緑色の実がオリーブで、赤色のものがトマト。オリーブの甘みとトマトの酸味、それらを含むパン生地のサクサクとした食感がたまらない。
ル・プチメック東京(東京都新宿区)のパン【フーガス】 黄緑色の実がオリーブで、赤色のものがトマト。オリーブの甘みとトマトの酸味、それらを含むパン生地のサクサクとした食感がたまらない。

 

ル・プチメック東京(東京都新宿区)のパン【フーガス】 ここまで近づくと、パリパリの美味しい餃子を思い出す。良い焼き色、きれいなオリーブとトマトの色味。
ル・プチメック東京(東京都新宿区)のパン【フーガス】 ここまで近づくと、パリパリの美味しい餃子を思い出す。良い焼き色、きれいなオリーブとトマトの色味。

 

ル・プチメック東京(東京都新宿区)のパン【フーガス】 フーガスの裏側。大きくて歯ごたえが良くて、このパンもまた満腹感を得やすい。
ル・プチメック東京(東京都新宿区)のパン【フーガス】 フーガスの裏側。大きくて歯ごたえが良くて、このパンもまた満腹感を得やすい。

 

ラベンダーとオレンジ

ル・プチメック東京(東京都新宿区)のパン【ラベンダーとオレンジ】 変わらずに美味しい。この5月に食べて少なくともこの5年は毎年御馳走になったことになる。
ル・プチメック東京(東京都新宿区)のパン【ラベンダーとオレンジ】 変わらずに美味しい。この5月に食べて少なくともこの5年は毎年御馳走になったことになる。

 

ル・プチメック東京(東京都新宿区)のパン【ラベンダーとオレンジ】 パンの表面にあるチョコレートは、パンの中にも入っている。甘いだけではない、チョコレートの苦味もまた甘みのあるパン生地と良い組み合わせだ。
ル・プチメック東京(東京都新宿区)のパン【ラベンダーとオレンジ】 パンの表面にあるチョコレートは、パンの中にも入っている。甘いだけではない、チョコレートの苦味もまた甘みのあるパン生地と良い組み合わせだ。

 

ル・プチメック東京(東京都新宿区)のパン【ラベンダーとオレンジ】 その裏側。見事なハート型。
ル・プチメック東京(東京都新宿区)のパン【ラベンダーとオレンジ】 その裏側。見事なハート型。

 

ル・プチメック東京(東京都新宿区)のパン【ラベンダーとオレンジ】 チョコレートの甘み、苦味ととろける食感。ラベンダーの香り。オレンジの甘み、苦味としっかりとした食感。それらを包み込むパン生地の歯ごたえ、もちもちとした食感。
ル・プチメック東京(東京都新宿区)のパン【ラベンダーとオレンジ】 チョコレートの甘み、苦味ととろける食感。ラベンダーの香り。オレンジの甘み、苦味としっかりとした食感。それらを包み込むパン生地の歯ごたえ、もちもちとした食感。

 

パン屋『ル・プチメック東京』の概要

  • パン屋『ル・プチメック東京』
  • 住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿3-30-13 新宿マルイ本館1階
  • 営業時間:①月~土 11:00~21:00 ②日・祝 11:00~20:30 ③定休日は新宿マルイ本館の休日に準じる
  • アクセス1:東京メトロ丸の内線 新宿三丁目駅
  • アクセス2:①JR新宿駅東口 徒歩5分 ②西武新宿線 西武新宿駅 徒歩10分

 

以上

  • 記事名:ル・プチメック東京のパンを食べた【リヨネーズ・フーガス・ラベンダーとオレンジ】(東京都新宿区)2017年春
  • 記事更新日:2017年5月24日
  • 記事出典元:山上真オフィシャルサイト

ル・プチメック東京のパンを食べた【バケットショコラ・カレーパン・ポワール】(東京都新宿区)2016年秋

『バケットショコラ』は素材真っ向勝負。だから「美味しい」がより嬉しい

2016年11月13日 日曜日

 

ル・プチメック東京のパンの写真(東京都新宿区) この店の横にある地下通路(新宿三丁目駅)へ行き来できる階段(A4出入口)の途中でこの写真を見ることができる。
ル・プチメック東京のパンの写真(東京都新宿区) この店の横にある地下通路(新宿三丁目駅)へ行き来できる階段(A4出入口)の途中でこの写真を見ることができる。

 

『バケットショコラ』

白くて歯ごたえのある生地。その分しっかりと噛む必要があるから、すっとお腹に入るデザートとは趣が違う。

大袈裟に言うのではなく、生のチョコレートが端から端まで入っている。

そのとけそうな舌触り、香りの良さ。

パンとチョコレート、ただそれだけの素材真っ向勝負。だから「美味しい」がより嬉しい。

 

油で揚げない『カレーパン』が美味しい。

細かく割かれたマイタケがたくさん。

カボチャは味の深み、コクに一役買ったか。

カレーの高い香りが余韻を残す。

 

『ポワール』はサクサク以上の歯ごたえがあるデニッシュ。これも香りが高い。

優しい味の洋梨(ポワール)にカスタードのコクの組み合わせ。

 

土日祝日はイートインを中止したとのこと。その場所にたくさんの、それも見たことがないパンが置かれていた。閉店までにやっぱり再び行きたい。

初めてル・プチメック東京の閉店の話を耳にした際は、2017年1月末に閉店するとのことでしたが、本記事を作成を更新するにあたってウェブサイト『LePetitmec ル・プチメック/REFECTOIRE レフェクトワール THE WORKS』を確認したところ、数カ月先の閉店になる可能性が高いとのこと(2016年11月25日現在)。まだ閉店日は確定していません。

新宿マルイのウェブサイトでまったく言及されていなかったのでおかしいなと思っていたのですが、合点がいきました。少し嬉しい話です。

本記事参考サイト: 追記:ル・プチメック東京(新宿)閉店【LePetitmec ル・プチメック/REFECTOIRE レフェクトワール THE WORKS】

  • サイト管理者: LePetitmec ル・プチメック/REFECTOIRE レフェクトワール
  • サイトアドレス:2016年12月3日現在
    http://lepetitmec.com/archives/nishiyama/9884/(2017年5月4日現在リンク切れ)

 

追記 2017年5月4日

公式サイト『LePetitmec ル・プチメック/REFECTOIRE レフェクトワール』にて、2017年7月23日日曜日をもってル・プチメック新宿店が閉店する旨の案内がありました。

あと1回、2回行くのかどうか。

今年に入ってから来店した際の件で白けてしまったためどうしようかと思っていましたが、しばらく時間が経って白けたことが和らいでまた行きたい、食べたいと思う今日此の頃です。

私にとって数年前に飛び込みで知ったル・プチメック東京は、忘れるのことのできないパン屋でありパンであります。

その裏に人の努力がある、美味しいものは人を幸せな気持ちにさせます。

本記事参考サイト:新宿店 最終営業日のお知らせ -LePetitmec ル・プチメック/REFECTOIRE レフェクトワール

  • サイト管理者: LePetitmec ル・プチメック/REFECTOIRE レフェクトワール
  • サイトアドレス:2017年5月4日現在
    http://lepetitmec.com/archives/17726/

 

パン屋『ル・プチメック東京』の概要

  • パン屋『ル・プチメック東京』
  • 住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿3-30-13 新宿マルイ本館1階
  • 営業時間:①月~土 11:00~21:00 ②日・祝 11:00~20:30 ③定休日は新宿マルイ本館の休日に準じる
  • アクセス1:東京メトロ丸の内線 新宿三丁目駅
  • アクセス2:①JR新宿駅東口 徒歩5分 ②西武新宿線 西武新宿駅 徒歩10分

 

以上

  • 記事名:ル・プチメック東京のパンを食べた【バケットショコラ・カレーパン・ポワール】(東京都新宿区)2016年秋
  • 記事更新日:2016年11月13日、2016年12月3日、2017年5月4日
  • 記事出典元:Twitter 山上真@makotomys

ル・プチメック東京のパン【スモークハムとポワールのデニッシュ】を食べた(東京都新宿区)2016春

高速バスも良いものですね

2016年5月中旬

山梨県の某所への出張でした。

始めは電車で行く予定でした。電車、好きですから。

だけど乗り継ぎが面倒で『次の電車待ちで30分ほど待機』ということもありました。下手をすると本当に片道だけで3時間。これでは堪りません。

高速バスへの疑問

直前まで電車で行こうと思っていたのですが、何度も交通手段を調べているうちに高速バスが出ていることが分かった。しかも最寄り駅から。これは有り難や。ありがたや。

それでも、高速バスへの疑問はあったのであります。

  • 遠距離のバスに少なくとも10年は乗っていないのでどうしよう。
  • 一人なので寝てしまって、乗り過ごしたらドウシヨウ。
  • 終点が観光地のため、騒がしい客にあたったら堪らない。
  • 同じく理由で、10代、20代のスットコドッコイのカップルがイチャイチャしたらタマリマセン ~カタカナだと何だか意味が違うように思えてくるけど~

なんだかんだで杞憂に終わりました

久しぶりの遠距離のバスであることと、失敗すべからずという緊張感の高まりで、バスの中で寝ることはありませんでした。景色の良さでワクワクしたせいもあります。富士山が見えた。

騒がしい客はだいぶいましたが、こっちは仕事の準備と朝食とで、大きな不快感を感じずに済みました。

イチャイチャは、帰りの高速バスでお互いにうなだれたり、手のひらを太ももに置いていたカップルはいましたけれど、それ程度だったら許容範囲。現実と非現実との区別をつけているカップル方々であったように思います。メデタシメデタシ。

 

高速バスは予定より15分遅れての到着。これは先方の予約との関係で少し困ってしまったのですが、メリットの方が多かったです。所要時間は90分もかかりませんでした。目出度し目出度し。

  • 気が付くとあっという間で、乗り継ぎもなく一直線。高速バスの移動もいいものだと思いました。
  • 座席が電車のように対面ではなく、ボックス席でもなく、人の目をあまり気にする必要がありません。
  • 予約制であることもあり、席取りのために時間を費やすこともなく(席は選べませんでしたけど)そのための追加料金をとられることもありません ~利用する予定だった電車ですと、通常料金に特急券指定席料金を追加しなければ、確実に座ることができません~ 。
  • 高速バスのほうが、時間も早く、電車と比べて交通費が少し安くあがりました。

 

美味しいものを食べられることは幸せだ ル・プチメック東京のパン

さて、高速バスに乗りために家を出発した時間が、朝7時。これは私にとっては早い時間です。そのため家で朝食を取ることを止めました。

その代わりに、前日までに『高速バスの中で朝食を取ろう』と思って美味しいパンを買っておきました。それが東京・新宿のル・プチメック東京のパンです。

夕方16時前だというのに狭い店内で20人前後の行列でありまして(この店としては珍しいものではありませんが)ここは取り止めにして、某デパートの地下へレツゴー一匹でありましたが結局パッとせず、ル・プチメック東京へ戻りまして行列が少し短くなったので並んだのであります。

大正解でありました。

 

以下は、パンがものすごく美味しかったらサイトの記事にしようと思って、出張前に写真を撮っておいたものです。日の目を見て良かったです。

パンの名称は、レシートに記載のものによります。店内のパンに関するメモも覚えておきたいのですが、現場ではそこまで頭が回らないのです。

 

パストラミのパン・コンプレ:ドライトマト

初めて食べるパンです。

 

ル・プチメック東京の【パストラミのパン・コンプレ】(東京都新宿区)パン全体拡大版
ル・プチメック東京の【パストラミのパン・コンプレ】(東京都新宿区)パン全体拡大版

 

深い赤茶色の生地で見た目も素朴、味の素朴。その分飽きがこない。

パンの中にはドライトマトなどが入っています。赤が目に鮮やか。

 

ル・プチメック東京の【パストラミのパン・コンプレ】(東京都新宿区)パンの中身のドライトマト
ル・プチメック東京の【パストラミのパン・コンプレ】(東京都新宿区)パンの中身のドライトマト

 

そのままで食べるよりも、しっかりと焼いた方がパンの香ばしさがたって美味しい ~結構大きなパンなので、事前に切っておいて家に残しておいたものを焼いたのです~ 。

何度も噛まないといけない歯ごたえのあるパンなので、ポタージュスープやコーンスープと一緒に食べるとどんどん口に入っていきましょう。

 

ル・プチメック東京の【パストラミのパン・コンプレ】(東京都新宿区)
ル・プチメック東京の【パストラミのパン・コンプレ】(東京都新宿区)

 

トルデュ:枝豆、ハム

久しぶりに食べるパンです。

 

ル・プチメック東京のパン【トルデュ】(東京都新宿区)
ル・プチメック東京のパン【トルデュ】(東京都新宿区)

 

黄色みがかった白い生地で、外からも緑色のものが見えています。

枝豆です。歯ごたえと甘みが良い。

パンの中には、枝豆とともにハム。ハムの赤と枝豆の緑と。色のいい対比だ。

 

ル・プチメック東京のパン【トルデュ】(東京都新宿区)中身を開けたらハムと枝豆
ル・プチメック東京のパン【トルデュ】(東京都新宿区)中身を開けたらハムと枝豆

 

見た目のイメージよりも、パンそのものがしっかりとした塩気があります。

そのままでも、焼いても、もちもちとした食感を味わうことができます。

 

ル・プチメック東京のパン【トルデュ】(東京都新宿区)中身の拡大版
ル・プチメック東京のパン【トルデュ】(東京都新宿区)中身の拡大版

 

スモークハムとポワールのデニッシュ:ポワールは梨

これが大正解、大正解であります。新商品であります。

 

ル・プチメック東京のパン【スモークハムとポワールのデニッシュ】(東京都新宿区)
ル・プチメック東京のパン【スモークハムとポワールのデニッシュ】(東京都新宿区)

 

実は、まったく関心がなかったのですが『行列マジック』にしてやられたのです。

手元のトレイの中には『サクサク』系がなかった。じゃあ何か一つ、などと行列に並んでいたら考えてしまった。サックサクのデニッシュマジックです。これがまた香ばしくてたまりません。

 

ル・プチメック東京のパン【スモークハムとポワールのデニッシュ】(東京都新宿区)サクサクサクの香ばしい生地
ル・プチメック東京のパン【スモークハムとポワールのデニッシュ】(東京都新宿区)サクサクサクの香ばしい生地

 

パンの半分を占めている、2つ並んだじゃがいもみたいなものが、洋梨です。『ポワール』が梨を意味すること、今知りました。この洋梨をオリーブオイルと香草(バジルかな)で火を通しています。

 

ル・プチメック東京のパン【スモークハムとポワールのデニッシュ】(東京都新宿区)洋梨が2つ並ぶ
ル・プチメック東京のパン【スモークハムとポワールのデニッシュ】(東京都新宿区)洋梨が2つ並ぶ

 

この洋梨、このような食べ方は初めてでしたが、美味しかった。砂糖の甘ったるさがあるわけではない。歯ごたえがまた良い。お見事。

これとスモークハム、またブルーチーズの組み合わせ。

 

ル・プチメック東京のパン【スモークハムとポワールのデニッシュ】(東京都新宿区)スモークハムにブルーチーズ
ル・プチメック東京のパン【スモークハムとポワールのデニッシュ】(東京都新宿区)スモークハムにブルーチーズ

 

ブルーチーズは正直言って嫌なのですが、香草を一緒に食べたことでその嫌さが緩和されて、どうということがなくなりました。これは面白い。

洋梨、スモークハム、ブルーチーズをバターの香り高いデニッシュが包んでいるのですから、美味しい。不思議な感覚でした。万歳。

 

ル・プチメック東京のパン【スモークハムとポワールのデニッシュ】(東京都新宿区)02
ル・プチメック東京のパン【スモークハムとポワールのデニッシュ】(東京都新宿区)02

 

ラベンダーとオレンジ:チョコも

大好きなパンです。健在であります。

毎年1,2回しか食べられませんが、覚えている限りでここ4年は御馳走になっているパンです。

昨年2015年は3月、マレク・ヤノフスキによる指揮、管弦楽はベルリン放送交響楽団の『ブルックナー 交響曲第8番』を聴いた日に食べました。それはそれは素晴らしい日でありました。

※ 『ラベンダーとオレンジ』に限り、写真の撮影日は2014年5月4日です。トースターで焼いていないものです。

 

ル・プチメック東京のパン【ラベンダーとオレンジ】(東京都新宿区)
ル・プチメック東京のパン【ラベンダーとオレンジ】(東京都新宿区)

 

今回は高速バスの中で食べず、帰宅してからと思っていたら当日に食べられませんでしたので冷凍庫で保存。昨日、始めてトースターで焼いて食べてみました。

ラベンダーの香り、良いものですね。いつも以上に香りが良い。

チョコレートは苦味が強くなりましたので嫌な人もいますでしょうが、これもまた良い。パンそのものに甘みがありますのでいい塩梅です。

 

ル・プチメック東京のパン【ラベンダーとオレンジ】(東京都新宿区)パンの表面に見える黒いチョコレート
ル・プチメック東京のパン【ラベンダーとオレンジ】(東京都新宿区)パンの表面に見える黒いチョコレート

 

溶けたチョコレートも良い具合。

オレンジピールの、歯ごたえの良さ。そして甘みだけではない苦味がチョコレートの苦味と合わさって『大人の魅力のパン』を感じさせるのです。

 

ル・プチメック東京のパン【ラベンダーとオレンジ】(東京都新宿区)中身を開けたらオレンジピール
ル・プチメック東京のパン【ラベンダーとオレンジ】(東京都新宿区)中身を開けたらオレンジピール

 

それなのにパンの形はハート型。いや、大人だからこそ接したい覚えておきたい形なのかもしれません。人様に優しくありなさいと。

好きなものがあると良いもの。それが増えればなお良い。

口に含んで思いもよらない美味しさに ~美味しいことは知っていたけれど~ 思わず声を出して笑ってしまいました。美味しいものを食べられることは幸せだ。その現れです。

それはそれは素晴らしいひと時でありました。

 

パン屋『ル・プチメック東京』の概要

  • パン屋『ル・プチメック東京』
  • 住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿3-30-13 新宿マルイ本館1階
  • 営業時間:①月~土 11:00~21:00 ②日・祝 11:00~20:30 ③定休日は新宿マルイ本館の休日に準じる
  • アクセス1:東京メトロ丸の内線、副都心線・都営新宿線 新宿三丁目駅
  • アクセス2:①JR新宿駅東口 徒歩5分 ②西武新宿線 西武新宿駅 徒歩10分
  • 備考:イートイン可。座席5席ほど。パン1つをもってレジで飲み物を頼む人は結構見かけます。

 

以上

  • 記事名:ル・プチメック東京のパン【スモークハムとポワールのデニッシュ】を食べた(東京都新宿区)2016春
  • 記事更新日:2016年5月27日、2016年5月28日、2016年6月28日、2016年10月12日、2017年3月23日、2017年5月3日
  • 記事出典元:山上真オフィシャルサイト