和菓子【特製えだまめ餅】を食べた(丸屋本店:新潟県新潟市)2017年夏

枝豆の鮮やかさ、美味しさが心を満たす

久しぶりの新宿伊勢丹に入った途端に、目に飛び込んできた果物ゼリーに惹かれた。

こちらは残暑御見舞に求めて、喜んでもらった。

 

えだまめ餅にも惹かれた。

初耳の、幻の枝豆『さかなまめ』は鮮やか。

美味しいでお腹いっぱいの嬉しさ。

 

株式会社丸屋本店(新潟県新潟市)の和菓子【特製えだまめ餅】の個包装された状態のもの。これでは本当に枝豆なのかどうかは分からない。
株式会社丸屋本店(新潟県新潟市)の和菓子【特製えだまめ餅】の個包装された状態のもの。これでは本当に枝豆なのかどうかは分からない。

 

株式会社丸屋本店(新潟県新潟市)の和菓子【特製えだまめ餅】の個包装された状態のもの。真ん中には『丸屋本展』の印のシールが貼付されている。シンプルなデザインの包装が美味しいお菓子の邪魔をしていない。
株式会社丸屋本店(新潟県新潟市)の和菓子【特製えだまめ餅】の個包装された状態のもの。真ん中には『丸屋本展』の印のシールが貼付されている。シンプルなデザインの包装が美味しいお菓子の邪魔をしていない。

 

株式会社丸屋本店(新潟県新潟市)の和菓子【特製えだまめ餅】の個包装から開けたところ。小さなプラスチック製ケースに入れられている。
株式会社丸屋本店(新潟県新潟市)の和菓子【特製えだまめ餅】の個包装から開けたところ。小さなプラスチック製ケースに入れられている。

 

 

株式会社丸屋本店(新潟県新潟市)の和菓子【特製えだまめ餅】の個包装から開けたところ。これだけ見せられれば、こしあんかなつぶあんかなとでも思ってしまう。中を開ければ、鮮やかな緑色の枝豆のあんが詰まっている。
株式会社丸屋本店(新潟県新潟市)の和菓子【特製えだまめ餅】の個包装から開けたところ。これだけ見せられれば、こしあんかなつぶあんかなとでも思ってしまう。中を開ければ、鮮やかな緑色の枝豆のあんが詰まっている。

 

株式会社丸屋本店(新潟県新潟市)の和菓子【特製えだまめ餅】そのものを切り分けたところ。白く柔らかな求肥に薄く包まれた緑の枝豆の餡の見事な鮮やかさ、その量の多さ。『さかなまめ(肴豆)』は収穫期間が短くそれだけ収穫量も少ないことから、『幻の枝豆』と称されているそう。
株式会社丸屋本店(新潟県新潟市)の和菓子【特製えだまめ餅】そのものを切り分けたところ。白く柔らかな求肥に薄く包まれた緑の枝豆の餡の見事な鮮やかさ、その量の多さ。『さかなまめ(肴豆)』は収穫期間が短くそれだけ収穫量も少ないことから、『幻の枝豆』と称されているそう。

 

株式会社丸屋本店(新潟県新潟市)の和菓子【特製えだまめ餅】の切り開いたところ。普通のえだまめ餅もあるそうだが、夕方に足を運んだときには売り切れていた。だから仕方なく特製えだまめ餅を求めたのではなく、美味しそうだったから。このような直感、有り難いことに大当たりだった。
株式会社丸屋本店(新潟県新潟市)の和菓子【特製えだまめ餅】の切り開いたところ。普通のえだまめ餅もあるそうだが、夕方に足を運んだときには売り切れていた。だから仕方なく特製えだまめ餅を求めたのではなく、美味しそうだったから。このような直感、有り難いことに大当たりだった。

 

和菓子【特製えだまめ餅】の概要

  • 名称:和菓子【特製えだまめ餅】
  • 発売元:株式会社丸屋本店
  • 住所:〒951-0865 新潟市中央区東堀通6番地1038
  • 撮影年月日:2017年8月23日

本記事参考サイト:新潟菓子司 丸屋本店

  • サイト管理者:株式会社 丸屋本店
  • サイトアドレス:2017年10月1日現在
    http://www.maruyahonten.com/
株式会社丸屋本店(新潟県新潟市)の和菓子【特製えだまめ餅】の商品表示
株式会社丸屋本店(新潟県新潟市)の和菓子【特製えだまめ餅】の商品表示

 

株式会社丸屋本店(新潟県新潟市)の和菓子【特製えだまめ餅】の切り開いたところ。
株式会社丸屋本店(新潟県新潟市)の和菓子【特製えだまめ餅】の切り開いたところ。

 

株式会社丸屋本店(新潟県新潟市)の和菓子【特製えだまめ餅】。
株式会社丸屋本店(新潟県新潟市)の和菓子【特製えだまめ餅】。

 

以上

  • 記事名:和菓子【特製えだまめ餅】を食べた(丸屋本店:新潟県新潟市)2017年夏
  • 記事更新日:★2017年8月26日、2017年10月1日、2017年10月2日
  • 記事出典元:★Twitter 山上真@makotomys、山上真オフィシャルサイト

和菓子【かりん糖『豆大黒』】を食べた(かりん糖工房大森十五夜:東京都大田区)2017年春

さっくりカリカリ、落花生と白ゴマの香りの良さ

かりん糖工房大森十五夜(東京都大田区)の【かりん糖『豆大黒』】。親に御馳走になったもの。この他に黒砂糖や白砂糖に包まれたかりん糖も御馳走になったが、私は見た目もさっぱりした『豆大黒』が良い。
かりん糖工房大森十五夜(東京都大田区)の【かりん糖『豆大黒』】。親に御馳走になったもの。この他に黒砂糖や白砂糖に包まれたかりん糖も御馳走になったが、私は見た目もさっぱりした『豆大黒』が良い。

 

かりん糖工房大森十五夜(東京都大田区)の【かりん糖『豆大黒』】。かりんとうと言えば、私にとっては子供の頃ラジオCMでよく耳にした『東京カリント』(東京都板橋区)。『豆大黒』の製造者の名称にも、かりん糖の文字がある。どちらもハズレがなく美味しい。
かりん糖工房大森十五夜(東京都大田区)の【かりん糖『豆大黒』】。かりんとうと言えば、私にとっては子供の頃ラジオCMでよく耳にした『東京カリント』(東京都板橋区)。『豆大黒』の製造者の名称にも、かりん糖の文字がある。どちらもハズレがなく美味しい。

 

かりん糖工房大森十五夜(東京都大田区)の【かりん糖『豆大黒』】。はっきりと見える落花生(赤みを帯びた皮も見える)、白ゴマがかりんとうに含まれている。水飴や油の存在感、それらが生み出すさっくりカリカリの心地良い食感、落花生や白ゴマの香りの良さ。2,3個口に含めば良い心持ちになる。
かりん糖工房大森十五夜(東京都大田区)の【かりん糖『豆大黒』】。はっきりと見える落花生(赤みを帯びた皮も見える)、白ゴマがかりんとうに含まれている。水飴や油の存在感、それらが生み出すさっくりカリカリの心地良い食感、落花生や白ゴマの香りの良さ。2,3個口に含めば良い心持ちになる。

 

和菓子【かりん糖『豆大黒』】の概要

  • 名称:和菓子【かりん糖『豆大黒』】
  • 発売元:かりん糖工房大森十五夜
  • 住所:〒143-0016 東京都大田区大森北3-4-16
  • 撮影年月日:2017年5月30日
かりん糖工房大森十五夜(東京都大田区)の【かりん糖『豆大黒』】の商品表示
かりん糖工房大森十五夜(東京都大田区)の【かりん糖『豆大黒』】の商品表示

 

かりん糖工房大森十五夜(東京都大田区)の【かりん糖『豆大黒』】
かりん糖工房大森十五夜(東京都大田区)の【かりん糖『豆大黒』】

 

以上

  • 記事名:和菓子【かりん糖『豆大黒』】を食べた(かりん糖工房大森十五夜:東京都大田区)2017年春
  • 記事更新日:2017年7月13日
  • 記事出典元:山上真オフィシャルサイト

和菓子【名代金鍔】【ずんだ金鍔】を食べた きんつばの甘さが抑えられ小豆の旨味が口で踊る(榮太樓總本鋪:東京都中央区)2016年夏

きんつばの黒と白の色の対比の美しさ。甘さが抑えられ小豆の旨味が口で踊る。

久しぶりのきんつば。

小ぶりで少しがっかりしたが、食べ終わればこれはちょうどいい。

甘さ抑えられて塩気あり。

混ぜ物もないから味とともにホッとする。

可愛い店員の「冷たくして召し上がっても美味しいです」になるほどな。

榮太樓總本鋪『名代金鍔』

 

■引用元:Twitter 山上真@makotomys 2016年8月25日

 

榮太樓總本鋪の【名代金鍔】(東京都中央区) 紺色のパッケージに白色で商品名と『榮太楼』の文字。

 

榮太樓總本鋪の【名代金鍔】(東京都中央区)

紺色のパッケージに白色で商品名と『榮太楼』の文字。

 

榮太樓總本鋪の【名代金鍔】(東京都中央区) 読み方は『なだい きんつば』。『名代』はその意味の違いでなだい、みょうだい、なしろと複数の読み方がある。

 

読み方は『なだい きんつば』。

『名代』はその意味の違いで、なだい、みょうだい、なしろと複数の読み方がある。

 

榮太樓總本鋪の【名代金鍔】(東京都中央区) 丸い金鍔。黒い小豆の色と白い小麦の色が合わせってうっすら黄金色。中ほどには黒いごまが載っている。

 

丸い金鍔。

黒い小豆の色と白い小麦の色が合わせってうっすら黄金色。

中ほどには黒いごまが載っている。

 

榮太樓總本鋪の【名代金鍔】(東京都中央区) 金鍔を二つに割る。中の小豆の黒さが顕になり白い小麦の色との対比が美しい。小豆の粒が残っている。

 

金鍔を二つに割る。

中の小豆の黒さが露わになり、白い小麦の色との対比が美しい。

小豆の粒が残っている。

 

榮太樓總本鋪の【名代金鍔】(東京都中央区) 商品表示。ごま油で焼く。保存料などの混ぜものはない。まさに生菓子だ。

 

榮太樓總本鋪の【名代金鍔】(東京都中央区)の商品表示。

ごま油で焼く。

保存料などの混ぜものはない。まさに生菓子だ。

 

ずんだの黄緑色の鮮やかさ。白隠元が枝豆の色も香りも崩さない。

榮太樓總本鋪の【ずんだ金鍔】(東京都中央区) 枝豆の色を反映させたと思われる黄緑色のパッケージに白色で商品名と『榮太楼』の文字。

 

榮太樓總本鋪の【ずんだ金鍔】(東京都中央区)

枝豆の色を反映させたと思われる黄緑色のパッケージに、白色で商品名と『榮太楼』の文字。

 

榮太樓總本鋪の【ずんだ金鍔】(東京都中央区) 『ずんだ』は枝豆、『うぐいす』は青豌豆。東北地方でずんだ、づんだ、じんだとも呼ばれるという。

 

『ずんだ』は枝豆、『うぐいす』は青えんどう豆。

東北地方でずんだ、づんだ、じんだとも呼ばれるという。

 

榮太樓總本鋪の【ずんだ金鍔】(東京都中央区) 丸く黄緑色の金鍔。思いの外黄緑色が輝きまぶしい。中ほどには抹茶が載っている。

 

丸く黄緑色の金鍔。

思いのほか黄緑色が輝きまぶしい。

中ほどには抹茶が載っている。

 

榮太樓總本鋪の【ずんだ金鍔】(東京都中央区) 金鍔を二つに割る。小豆ではなく白隠元と枝豆から成る『ずんだ金鍔』。白隠元の納得感と枝豆の良い香り。

 

金鍔を二つに割る。

小豆ではなく白隠元と枝豆から成る『ずんだ金鍔』。

白隠元の納得感と枝豆の良い香り。

 

榮太樓總本鋪の【名代金鍔】(東京都中央区) 商品表示。ごま油で焼く。食塩が含まれているが小豆の『名代金鍔』のそれよりも控えめに感じられ、甘さの方が強く感じられる。

 

榮太樓總本鋪の【名代金鍔】(東京都中央区)の商品表示。

ごま油で焼く。

食塩が含まれているが小豆の『名代金鍔』のそれよりも控えめに感じられ、甘さの方が強く感じられる。

 

和菓子『名代金鍔』『ずんだ金鍔』の概要

  • 名称:和菓子『名代金鍔』『ずんだ金鍔』
  • 製造者:株式会社榮太樓總本鋪
  • 住所:〒103-0027 東京都中央区日本橋1-2-5
  • 撮影年月日:2016年8月22日

本記事参考サイト:榮太樓總本鋪【トップ】

  • サイト管理者:株式会社榮太樓總本鋪
  • サイトアドレス:2017年8月15日現在(事務局への連絡を求められるためリンクをしない)
    http://www.eitaro.com/

 

榮太樓總本鋪の小さな紙袋(東京都中央区) 左に松の絵柄、右に『榮太樓總本鋪』。その下に「お早めにお召し上がりください」の注意書き。

 

榮太樓總本鋪の小さな紙袋(東京都中央区)

左に松の絵柄、右に『榮太樓總本鋪』。

その下に「お早めにお召し上がりください」の注意書き。

 

榮太樓總本鋪の【名代金鍔(小豆)】と【ずんだ金鍔(枝豆)】のパッケージ。各商品のイメージカラーを下地に商品名と屋号のみの記述が潔い。

 

榮太樓總本鋪の【名代金鍔(小豆)】と【ずんだ金鍔(枝豆)】のパッケージ。

各商品のイメージカラーを下地に、商品名と屋号のみの記述が潔い。

 

榮太樓總本鋪の【ずんだ金鍔】(東京都中央区) 店員いわく「冷やしても召し上がっても美味しいです!」。そのとおり。まさに枝豆だ。
榮太樓總本鋪の【ずんだ金鍔】(東京都中央区) 店員いわく「冷やしても召し上がっても美味しいです!」。そのとおり。まさに枝豆だ。

 

榮太樓總本鋪の【名代金鍔】(東京都中央区) 思ったほど大きくはないが、食べ終わると丁度いい。それが良い。
榮太樓總本鋪の【名代金鍔】(東京都中央区) 思ったほど大きくはないが、食べ終わると丁度いい。それが良い。

 

以上

  • 記事名:和菓子【名代金鍔】【ずんだ金鍔】を食べた きんつばの甘さが抑えられ小豆の旨味が口で踊る(榮太樓總本鋪:東京都中央区)2016年夏
  • 記事更新日:2016年9月3日、2016年10月3日、2017年3月13日、2017年6月11日、2017年8月15日
  • 記事出典元:山上真オフィシャルサイト