チェリーボンボンの洋菓子【シガールチョコレート】を食べた(東新宿駅・東京都新宿区)2018年春

チョコレート【シガールチョコレート】チェリーボンボン(東新宿駅・東京都新宿区)

来るのも食べるのも、3年ぶり

2018年3月19日

その3年前は、ベルリン放送響とマレク・ヤノフスキの『ブルックナー交響曲第8番』があり、その後は美味しい食事。

翌日3月19日は再放送で『古畑任三郎』の澤村藤十郎の回。

良い気分になったことを今も覚えている。その中に、チェリーボンボンもあるわけで。

チェリーボンボン(東新宿駅・東京都新宿区)の【シガールチョコレート】

以前に何度も御馳走になった、シガールのチョコレートにホワイト。

美味しいからと人様に差し上げて

「美味しかった」の声、声、声。

その美味しさ、店の雰囲気、変わらず。時が流れるなかを変わらずに。

チェリーボンボン(東新宿駅・東京都新宿区)の【シガールチョコレート】

 

シガールチョコレート

チェリーボンボン(東新宿駅・東京都新宿区)の【シガールチョコレート】

チェリーボンボン(東新宿駅・東京都新宿区)の【シガールチョコレート】

その箱を開ける前は、明るい緑で華やかに

開けたら、見栄えがぐっと渋く

そうしたら、チョコレートの深い香りが広がる。

チェリーボンボン(東新宿駅・東京都新宿区)の【シガールチョコレート】

チョコレートそのものを薄く巻いたものだから

溶けやすく扱いづらいが

口に運べば、歯触り抜群、消えていく。

チェリーボンボン(東新宿駅・東京都新宿区)の【シガールチョコレート】

『シガール』という名のとおり口にくわえて吸うことができる。

タバコでも煙でもなく、チョコレートの香りを。

苦味に少しの甘さ。

まだその夢に酔う。

チェリーボンボン(東新宿駅・東京都新宿区)の【シガールチョコレート】

無料ではないが、このような化粧箱に希望の色のリボンを付けてくれて、商品を詰めてもらえる。

この時は、シガールとアマンド(アーモンドをチョコレートで包んだもの)だったかな。

チェリーボンボン(東新宿駅・東京都新宿区)の【シガールチョコレート】

値上げしたようだが、何の支障があろう。

見て、食べて、香りを楽しむ。

五感で喜んでいる。

 

洋菓子屋『チェリーボンボン』の概要

  • 洋菓子屋『チェリーボンボン』。名刺には『手作りチョコレートの店』と記載されている。
  • 住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿7-20-10 セザール東大久保1階
  • アクセス1:東京メトロ副都心線・都営地下鉄大江戸線 東新宿駅B2出入口より徒歩5分ほど
  • アクセス2:JR山手線 新大久保駅より徒歩12分
  • 地図【GoogleMap】:https://goo.gl/maps/NKz2pp7iPa92
  • 値段:シガールチョコレートS 1,000円+消費税(公式サイトによる。2018年5月7日現在)

本記事参考サイト:チェリーボンボン – 手作りチョコレート店

  • サイト運営管理者:チェリーボンボン
  • サイトアドレス:2018年5月7日現在。リンク設定方針について、詳細不明。
  • http://cherrybonbon.business.site/

チェリーボンボン(東新宿駅・東京都新宿区)の【シガールチョコレート】

チェリーボンボン(東新宿駅・東京都新宿区)の【シガールチョコレート】

 

以上

  • 記事名称:チェリーボンボンの洋菓子【シガールチョコレート】を食べた(東新宿駅・東京都新宿区)2018年春
  • 記事更新日:★2018年3月31日、2018年5月7日
  • 記事出典元:★Twitter 山上真@makotomys、山上真オフィシャルサイト
  • 写真撮影日:2018年3月20日

洋菓子【お米ほろほろ】を食べた(丸屋本店:新潟県新潟市)2017年夏

見て楽しく、口の中に入れても楽しく、美味しい

色や形は里芋の煮っころがしのよう。それでいて醤油煎餅ではない。

甘い。

発酵バターの深いコク

和三盆糖の控えた甘み

コシヒカリ米粉の微かな味

崩れていくのに残る食感。

 

「本当にホロホロと崩れるんです」。そのように買い求める前に店の人が教えてくれた。

 

株式会社丸屋本店(新潟県新潟市)の洋菓子【お米ほろほろ】の包装された状態のもの。「お米ほろほろは崩れやすくて、個包装には向かないので、このように一袋に入れてあります」と店の人が教えてくれた。袋には『新潟県産コシヒカリ』と記載されている。
株式会社丸屋本店(新潟県新潟市)の洋菓子【お米ほろほろ】の包装された状態のもの。「お米ほろほろは崩れやすくて、個包装には向かないので、このように一袋に入れてあります」と店の人が教えてくれた。袋には『新潟県産コシヒカリ』と記載されている。

 

株式会社丸屋本店(新潟県新潟市)の洋菓子【お米ほろほろ】。改めて写真を見たが、本当に芋の煮っころがしだ。それが辛くなく、甘いクッキーなのだ。この色は和三盆糖のものと思われる。
株式会社丸屋本店(新潟県新潟市)の洋菓子【お米ほろほろ】。改めて写真を見たが、本当に芋の煮っころがしだ。それが辛くなく、甘いクッキーなのだ。この色は和三盆糖のものと思われる。

 

株式会社丸屋本店(新潟県新潟市)の洋菓子【お米ほろほろ】をナイフで切ったところ。崩れやすいので見ての通りになる。米粉(新潟県産コシヒカリのもの)に由来するもので、本当に『ほろほろ』と口のなかで溶けてゆく楽しさ。
株式会社丸屋本店(新潟県新潟市)の洋菓子【お米ほろほろ】をナイフで切ったところ。崩れやすいので見ての通りになる。米粉(新潟県産コシヒカリのもの)に由来するもので、本当に『ほろほろ』と口のなかで溶けてゆく楽しさ。

 

和洋菓子製造販売『丸屋本店』(新潟県新潟市)は私にとって初見の店だが、地元新潟では20店舗以上ある、100年以上続く老舗。

今回は新宿伊勢丹の地下一階、いわゆるデパ地下で催事で来ていたもの。その際の店の二人の接客の丁寧さも、美味しさだ。

少なくとも昨年2016年も、新宿伊勢丹に来ていたとのこと。また本年2017年5月には、ecute(エキュート)東京サウスコート(東京駅)にも来ていたと公式サイトのお知らせにあった。また遠くないうちに口にすることができるような気がしてきた。嬉しいことだ。

 

株式会社丸屋本店(新潟県新潟市)の紙製の袋。『since1878  MARUYA HONTEN』と記載されている。
株式会社丸屋本店(新潟県新潟市)の紙製の袋。『since1878  MARUYA HONTEN』と記載されている。

 

株式会社丸屋本店(新潟県新潟市)の紙製の袋。『創業明治11年 丸屋本店』と記載されている。
株式会社丸屋本店(新潟県新潟市)の紙製の袋。『創業明治11年 丸屋本店』と記載されている。

 

洋菓子【お米ほろほろ】の概要

  • 名称:洋菓子【お米ほろほろ】
  • 発売元:株式会社丸屋本店
  • 住所:〒951-0865 新潟市中央区東堀通6番地1038
  • 撮影年月日:2017年8月25日

本記事参考サイト:新潟菓子司 丸屋本店

  • サイト管理者:株式会社 丸屋本店
  • サイトアドレス:2017年10月1日現在
    http://www.maruyahonten.com/
株式会社丸屋本店(新潟県新潟市)の洋菓子【お米ほろほろ】の商品表示
株式会社丸屋本店(新潟県新潟市)の洋菓子【お米ほろほろ】の商品表示

 

株式会社丸屋本店(新潟県新潟市)の洋菓子【お米ほろほろ】の商品案内書。
株式会社丸屋本店(新潟県新潟市)の洋菓子【お米ほろほろ】の商品案内書。

 

株式会社丸屋本店(新潟県新潟市)の洋菓子【お米ほろほろ】。
株式会社丸屋本店(新潟県新潟市)の洋菓子【お米ほろほろ】。

 

以上

  • 記事名:洋菓子【お米ほろほろ】を食べた(丸屋本店:新潟県新潟市)2017年夏
  • 記事更新日:★2017年8月26日、2017年10月2日
  • 記事出典元:★Twitter 山上真@makotomys、山上真オフィシャルサイト

洋菓子【ラムレーズンクッキー、アールグレイクッキー】を食べた(おいてけ堀かっぱ堂:東京都墨田区)2017年夏

ラムレーズンクッキー

おいてけ堀かっぱ堂(東京都墨田区)の【クッキー・ラムレーズン】。2017年7月4日すみだトリフォニーホールにて開催された『ネルソン・フレイレ ピアノ・リサイタル』にて買い求めたもの。こちらのクッキーは初めて御馳走になった。袋を開けると、ラムレーズンの良い香りが広がる。
おいてけ堀かっぱ堂(東京都墨田区)の【クッキー・ラムレーズン】。2017年7月4日すみだトリフォニーホールにて開催された『ネルソン・フレイレ ピアノ・リサイタル』にて買い求めたもの。こちらのクッキーは初めて御馳走になった。袋を開けると、ラムレーズンの良い香りが広がる。

 

おいてけ堀かっぱ堂(東京都墨田区)の【クッキー・ラムレーズン】。口に含むと柔らかい。さほど力を入れずに崩れて溶けていく。咀嚼力の落ちた人にも食べられるクッキーではないか。
おいてけ堀かっぱ堂(東京都墨田区)の【クッキー・ラムレーズン】。口に含むと柔らかい。さほど力を入れずに崩れて溶けていく。咀嚼力の落ちた人にも食べられるクッキーではないか。

 

おいてけ堀かっぱ堂(東京都墨田区)の【クッキー・ラムレーズン】の商品表示
おいてけ堀かっぱ堂(東京都墨田区)の【クッキー・ラムレーズン】の商品表示

 

アールグレイクッキー

おいてけ堀かっぱ堂(東京都墨田区)の【クッキー・アールグレイ】。このままでは中身ははっきりしないが、袋を開けると深みのある渋い爽やかな香りが広がり、作り物ではないアールグレイだと理解させる。
おいてけ堀かっぱ堂(東京都墨田区)の【クッキー・アールグレイ】。このままでは中身ははっきりしないが、袋を開けると深みのある渋い爽やかな香りが広がり、作り物ではないアールグレイだと理解させる。

 

おいてけ堀かっぱ堂(東京都墨田区)の【クッキー・アールグレイ】。このアールグレイもラムレーズンも商品表示を見る限り、添加物が使用されていない。安心安全が何よりだというのであれば、口に入る身近なものから気にしたいもの。それでも消費期限はおよそ3,4週間と十分だ。
おいてけ堀かっぱ堂(東京都墨田区)の【クッキー・アールグレイ】。このアールグレイもラムレーズンも商品表示を見る限り、添加物が使用されていない。安心安全が何よりだというのであれば、口に入る身近なものから気にしたいもの。それでも消費期限はおよそ3,4週間と十分だ。

 

おいてけ堀かっぱ堂(東京都墨田区)の【クッキー・アールグレイ】の商品表示
おいてけ堀かっぱ堂(東京都墨田区)の【クッキー・アールグレイ】の商品表示

 

製造・販売 おいてけ堀かっぱ堂

おいてけ堀かっぱ堂(東京都墨田区)のチラシ。クッキーだけではなくガトーショコラも美味しかった。クッキー1袋7,8ケで200円(税込み)。一口ふた口でなくなる大きさだから余計に高いと思う人もいるかもしれないが、私は別の種類のクッキーも食べたいと思った。有名どころでなくても安くなくても、美味しいものを食べたい。
おいてけ堀かっぱ堂(東京都墨田区)のチラシ。クッキーだけではなくガトーショコラも美味しかった。クッキー1袋7,8ケで200円(税込み)。一口ふた口でなくなる大きさだから余計に高いと思う人もいるかもしれないが、私は別の種類のクッキーも食べたいと思った。有名どころでなくても安くなくても、美味しいものを食べたい。

 

おいてけ堀かっぱ堂(東京都墨田区)のチラシ。おいてけ堀かっぱ堂は錦糸町にある福祉作業所(就労継続支援B型事業所)である。製造者も関係者も食べる人も笑えたら一番良い。カッパッパ-ルンパッパ-といきたいもの。クッキーやガトーショコラは毎週火、木曜日に墨田区役所1階にある福祉作業所共同販売ショップ『スカイワゴン』にて買い求めることができる。
おいてけ堀かっぱ堂(東京都墨田区)のチラシ。おいてけ堀かっぱ堂は錦糸町にある福祉作業所(就労継続支援B型事業所)である。製造者も関係者も食べる人も笑えたら一番良い。カッパッパ-ルンパッパ-といきたいもの。クッキーやガトーショコラは毎週火、木曜日に墨田区役所1階にある福祉作業所共同販売ショップ『スカイワゴン』にて買い求めることができる。

 

本記事参考サイト:社会福祉法人おいてけ堀協会公式サイトのうち、おいてけ堀かっぱ堂について

  • サイト管理者:社会福祉法人おいてけ堀協会
  • サイトアドレス:2017年7月18日現在
    http://oitekebori.com/kappadou/kptop.html

 

洋菓子【ラムレーズンクッキー・アールグレイクッキー】の概要

  • 名称:洋菓子【ラムレーズンクッキー・アールグレイクッキー】
  • 発売元:社会福祉法人おいてけ堀協会おいてけ堀かっぱ堂
  • 住所:〒130-0012 東京都墨田区太平4-6-7ダイトービル2階
  • 撮影年月日:2017年7月10日
おいてけ堀かっぱ堂(東京都墨田区)の【クッキー・ラムレーズン】【クッキー・アールグレイ】。クッキーは全13種類。この美味しさであれば、他の種類のクッキーを食べる楽しみもある。
おいてけ堀かっぱ堂(東京都墨田区)の【クッキー・ラムレーズン】【クッキー・アールグレイ】。クッキーは全13種類。この美味しさであれば、他の種類のクッキーを食べる楽しみもある。

 

以上

  • 記事名:洋菓子【ラムレーズンクッキー・アールグレイクッキー】を食べた(おいてけ堀かっぱ堂:東京都墨田区)2017年夏
  • 記事更新日:2017年7月18日
  • 記事出典元:山上真オフィシャルサイト