カテゴリー
クラシック 音楽

【アンドリュー・リットン】指揮・新日本フィル『マーラー交響曲第4番』2018年夏

2018年6月30日、すみだトリフォニーホール(東京・錦糸町)。

新日本フィルとアンドリュー・リットン。

クラシック音楽演奏会における【ビニール袋ガサガサ星人】は客ではない、【多動性星人】は客ではない、星に帰れ

ベルク『ルル組曲』の1音目でこの公演に期待できたのに。

『ビニール袋ガサガサ星人』と『オレンジ服多動性中年』襲来。

お前らのせいで、公演前半ぶち壊しだ。

お前らは、客ではない。

私はチケットを譲り受けたのではなく、招待を受けたのではない。

2階の席を、最も高い金額のS席を買ったのは、貧乏人に会わず、気狂いに邪魔されずに聞くためなのに。悔しい。

( 例えば、2,000円の席を買った演奏会において、4,500円の席に堂々と座るというずうずうしいこと、というより

そうした犯罪行為は、私にはできない。

ましてやそういうことをしましたとインターネット上にて、公衆の面前にて堂々と告白、自慢することなどは私にはできない。

錦之助でなくとも『人間のすることじゃねえや。叩っ斬ってやる』と言いたくなる。確かに妖怪は、人ではない )

苦手な曲がまた聞きたくなるとは嬉しいこと

マーラー『4』は苦手なのに、始めから好みのテンポで第1楽章後半に聞いた弦の音、メロディに目頭熱くなる。あっという間が名残惜しい。

また聞きたくなって嬉しい。

指揮者とソリストの(お辞儀の)共同作業も興味深い。

ソリストは卒団セレモニーにも一役買っていた。

奏者卒団公演は初めて

舞台が、客席が、ホールが良い雰囲気。

口ずさめるロビーコンサートの曲(ヘイゼル作曲 もう一匹のネコ「クラーケン」)、前半終わりの卒団者への拍手、公演終わりの温かさ。

終わることも悪いことばかりではない。

音楽は人が生み出すものなのだと思えて、その場にいられて良かった。

七夕前の2018年7月4日、新日本フィルとアンドリュー・リットン

人様の短冊を見るのは無責任なものだが、短冊作成者本人には一大事。

どうか『ビニール袋ガサガサ星人』が来ませんように。

どうか『多動性中年(しかも図々しい)』が来ませんように。

どうか『鈴鳴らし婆』が来ませんように。

このマーラー『4』でより期待したのです。好きな曲の組み合わせを新日本フィルとアンドリュー・リットンでと。

『新日本フィルハーモニー交響楽団 第590回トパーズ<トリフォニー・シリーズ>』の概要

  • 音楽会『新日本フィルハーモニー交響楽団 第590回トパーズ<トリフォニー・シリーズ>』の概要
  • 日時:2018年6月30日 土曜日 14時-
  • 場所:すみだトリフォニーホール 東京・錦糸町
  • 演目1:ベルク『歌劇<ルル>組曲』
  • 演目2:ベルク『アルテンベルク歌曲集』
  • 演目3:マーラー『交響曲第4番 大いなる喜びへの賛歌』
  • アンコールは前半も後半もなし。
  • ソプラノ:林正子(すべての演目に参加)
  • コンサートマスター:西江辰郎
  • 管弦楽:新日本フィルハーモニー交響楽団
  • 指揮:アンドリュー・リットン
  • 備考:同じプログラム、場所で、前日の2018年6月29日金曜日19時より公演がありました。

本記事参考サイト:新日本フィルハーモニー交響楽団 定期演奏会#590トパーズ<トリフォニー・シリーズ>

  • 備考:ソリストに林正子、指揮にアンドリュー・リットンを迎えた演奏会の情報です。
  • サイト管理者:公益財団法人新日本フィルハーモニー交響楽団
  • サイトアドレス:2019年3月13日現在。
  • https://www.njp.or.jp/concerts/3362

本記事の名称、更新日、出典元、写真撮影日

■ 記事名称:【アンドリュー・リットン】指揮・新日本フィル『マーラー交響曲第4番』2018年夏

■ 記事更新日:★2018年7月3日、2018年8月2日、2019年3月13日、2019年3月14日、2019年3月24日

■ 記事出典元:★Twitter 山上真@makotomys、山上真オフィシャルサイト

■ 写真撮影日:2018年6月30日

カテゴリー
クラシック 音楽

【オッコ・カム】指揮・新日本フィル『シベリウス交響曲第2番』を聴いた 2018年春

サッリネン 歌劇<宮殿>序曲

曲自体が頭に残らずとも、好印象のサッリネン。

ホールで聞くべき曲だ。

弦が弱いと感じたが、シベリウスの演奏を聞いてから思うに、意図的な音ではないかと思いを改めた。

ニールセン フルート協奏曲

ニールセンはソリストの音にピンとこない場面があったが、フルートって素晴らしいと思わせてくれた人の協奏曲の演奏が聞けて嬉しい。彼だからこの曲を聞きにホールに足を運ぼうと思ったぐらい。

楽譜あり。眼鏡あり。

フルートの美しい音や他の楽器との掛け合いが楽しく面白い。クラリネット、ヴィオラなど。

第2楽章にて眠くなる。第1楽章は楽しく聞いていたが。それも、実演ならではで、ホールで聞くべき曲だ。

シベリウス 交響曲第2番

シベリウスは最初の音が良く、これだ。

第4楽章に移る前後は身体が大きく震え、終わりの絶頂がたまらない。

自然に思われる演奏、テンポなのに見得を切るかのような格好良さ。

名匠、オーケストラに、最後のティンパニも拍手喝采。

しかし2か3の楽章で眠くなった。これは惜しいこと。

第4楽章に入るプロセスのもやもやとした音が良い。足りないのではない。満ち足りた『もやもや』である。

第4楽章は素晴らしい演奏だった。見栄を張るわけでない自然な演奏、リズム、テンポであるにもかかわらず、見得を切るを演奏のようでばっちりだ。

最後も合奏が素晴らしい。

金管もいくつか音が外れたが、良い音だった。

『新日本フィルハーモニー交響楽団 第14回ルビー<アフタヌーン・コンサート・シリーズ>』の概要

  • 音楽会『新日本フィルハーモニー交響楽団 第14回ルビー<アフタヌーン・コンサート・シリーズ>』の概要
  • 日時:2018年4月14日 土曜日 14時-
  • 場所:すみだトリフォニーホール 東京・錦糸町
  • 演目1:サッリネン『歌劇<宮殿>序曲』
  • 演目2:ニールセン『フルート協奏曲』
  • 演目3:シベリウス『交響曲第2番』
  • アンコールは前半も後半もなし。
  • フルート:白尾彰
  • コンサートマスター:豊嶋泰嗣
  • 管弦楽:新日本フィルハーモニー交響楽団
  • 指揮:オッコ・カム
  • 備考:同じプログラム、場所で、前日の2018年4月13日金曜日14時より公演がありました。

本記事参考サイト:♯14 ルビー <アフタヌーン コンサート・シリーズ>

  • 備考:ソリストを新日本フィルフルート首席奏者である白尾彰が務め、指揮にオッコ・カムを迎えた演奏会の情報です。
  • サイト管理者:公益財団法人新日本フィルハーモニー交響楽団
  • サイトアドレス:2019年1月11日現在。
  • https://www.njp.or.jp/concerts/3444

本記事の名称、更新日、出典元、写真撮影日

■ 記事名称:【オッコ・カム】指揮・新日本フィル『シベリウス交響曲第2番』を聴いた 2018年春

■ 記事更新日:★2018年4月30日、2018年6月7日、2018年9月7日、2019年1月11日

■ 記事出典元:★Twitter 山上真@makotomys、山上真オフィシャルサイト

■ 写真撮影日:2018年4月14日

カテゴリー
クラシック 音楽

【上岡敏之】ピアノリサイタル『ショパンピアノソナタ第2番』(すみだトリフォニーホール)2018年春

新日本フィルチケットボックスにありがとう

座席を選択するため、申込開始からさほど日を空けることなく電話をした。

普段はインターネットで購入するため、新日本フィルチケットボックスの電話利用は初めて。

何であれ初めては緊張するものだが、ベテランと思われる男性が対応してくれ、電話を切るまで安心して時間を過ごすことができた。ありがとう。

2018年3月19日 上岡敏之ピアノリサイタル(主催新日本フィルハーモニー交響楽団)公演日のホール出入口に掲示された案内

私のこれまでの経験上、すみだトリフォニーホールの1階では、ピアノの音が硬く耳に障りその影響でその後の演奏を聞く際に支障が生じる(あくまでも他人様の聞こえ方ではなく、私の聞こえ方である)。

そのため2階を希望していたところ、ピアニストの顔が見えるホールサイド右側の2階席はすべて埋まっていた。また2階の中央の最前列も同じく。

「ピアニストの顔が見えるところですと、例えば」と3階のホールサイド右側に言及してくれたものの、良い機会だからと経験のない、2階の某最前列とした。

チケットを転売業者から買おう、とは思わない

『行けない』ならチケットを知り合いにあげるか、新日本フィルに返せばいいのに。

無料の招待券、しかも『2階LB列一ケタ台』を売りに出すとは、余計に腹が立つ。

本公演は2018年3月19日に終了しているのに、2018年5月11日に時点でいまだに本公演に関する転売ページが見られるというのは、だらしがないというか、緊張感がないサイトだ。

チケットキャンプが事実上潰れたことなど人ごとの、これもまた緊張感がないサイトだ。海外サイトだからなのか。

(2019年9月29日追記。チケットキャンプは2018年5月末にてサービス提供を中止し、同年8月末にその後のサポートを終了した。追記時点で、その案内がされている公式サイトを見ることができる)

そのサイトでは、芸能人の高島兄弟の親類がゲストの一人である『題名のない音楽会』の入場整理券も売りに出されていて、2018年5月11日夜現在で14,500円。仮に、これが売買契約として成立し入金があれば、丸儲けだ。

そういう奴らに、おまんま食べさせるための演奏会ではない。

クラシックファンだか知らないが

資本主義者だか知らないが

いつまでこういう業者を認め、野放しにするのか。

認める奴も、買う奴も、人のことなどどうでもいい自分大好き人間だろうから、人様の困惑迷惑など気にすることなく、止めることもなく、買う奴の演奏中のマナーに期待ができない。これが困るのだ。

演奏会を壊してしまうから。これで何度泣いたことか。

追記 2019年9月29日

某SNSにおける自称クラシック音楽ファン、あるいはクラシック音楽演奏会に足を運ぶ人の少なからずが、反政府的というか、共産主義的というか、社会主義的というか、そういった言動を行うのはなぜなのだろう。

日本のプロのオーケストラの十中八九が役所から小さくない金額のお金を得ているというのに。日本のオーケストラにとっての血の一部は、日本居住者にとっての血税によって賄われているというのに。

( 自分のやりたいことを表現したい人は自分のお金でやればよい、それを国や市区町村の役所に妨害されることが表現の自由(という憲法において保護される人権)の侵害であるというのが世間一般であろう。

自分のやりたいことを表現したい人が、役所から小さくない金額のお金を得て、例えば、7800万円を得て表現の自由を実現するのであれば、役所から事実上のものを含めた一定の制約を受けることが世間一般であろう(その程度の制約すら受けたくないのであれば、役所からお金を得ないですべて自分のお金で『表現』すればよいはずだ)。

いやそうではない、表現の自由に対する『事後』検閲は許されざる暴挙であり、いま表現の自由の岐路にあることは由々しき事態だ、そういった言動を行うのはなぜなのだろう(某政党の議員が役所に抗議したという報道もあった。最高裁判所が言うところの憲法上の検閲は、発表の『事前』に行われる制限、憲法において保護される表現の自由の侵害であり、なぜ意図的にその言葉の意味とは異なる『事後』検閲、『新しい』検閲などと言う言葉で批判するのだろう。それほど芸術家の味方をしたいのであれば、まずは自分たちで(役所が吸い上げて保管している血税に頼らずに)、例えば7800万円を芸術家にあげればいいのに)。

役所が日本居住者などから吸い上げて保管している血税に頼って日本のプロのオーケストラの運営費用の一部が賄われていること、公の存在に頼っていることになぜ某SNSにおける自称クラシックファンの類の少なからずが目を瞑っているように思える振る舞いをするのだろう。日本のプロのオーケストラが大多数の日本居住者に応援されることは当たり前、当然のことだと思っているのだろうか。それで大多数の日本居住者に納得されると思っているのだろうか。

クラシック音楽ファンの数、そのうちクラシック音楽の演奏会に実際に足を運ぶ人の数の少なさを考慮すれば、役所の補助金の多く(全部とは言わない)は、日本のプロのオーケストラの手に渡らなくても仕方がない状況ではないのか。

チケット1,2枚の金額は、日本のプロのオーケストラにとってはたかが知れた金額のはずだ。

日本のプロのオーケストラの事務局の仕事ぶり、特に営業活動、広報活動に文句を言い、批判するぐらいであれば、個人が自分のお金で(会社のお金ではなく。それだったら会社が法人として寄付するなど働きかければよい)1公演あたりチケット10枚、20枚買って、知り合いにあげて、生の演奏会の素晴らしさを教えてあげればいい。それこそ営業、広報ではないか。

そういう人が10人、20人いればそれだけで、その10人、20人のおかげをもちまして、1公演あたりのチケットの5%から10%が買われることになる、素晴らしいことなのに。

オーケストラにも感謝され、知り合いにも感謝され、自分の金で良いことできて気分も良いはずだ。事務局に恨まれず(事務局がいなければオーケストラは運営できず存在できないはず。これ以上事務局の弱体化を実現しようとしてどうするのだろう)、血税が使われることも減り(チケットが9割、10割売れればの話であろうが)とても良いはずだ。

そういったことをやりたくない理由があるのだろうか。某SNSにおける自称クラシックファンの類の少なからずには。

2019年2月頃のことだったか、某オーケストラの公演のチケットを2,000円以下で購入して入場券代わりにして、空席があるからと4,500円の席に座ってクラシック音楽を聞いています、とぬけぬけと某SNSにおいて盗人だか詐欺師だかの類の告白をしていた奴がいた

(こいつは今でも、その某SNSにてクラシック音楽の演奏会の感想などを述べている。こういう奴に感想を言われてもそれらのオーケストラやソリスト、指揮者を応援したいなどとは思えないし、自分が同じ公演にいたのかと分かると気が滅入る。またこいつに賛同し、親しくする奴も複数人いて寒気がする。類は友を呼ぶと言うが、さて)。

その公演だけなのかは知らないが。他の公演でもキセル犯罪みたいなことをやっているのではないか。『他の奴もやっているから、私一人が批判されることではない、責任をとらされるのはゴメンだ』とでもそいつは言うのだろうか。

金銭的にか心持ちだかその両方だかは知らないけれど、そいつは貧乏人なのだろう。貧しいのであろう。まさか世界を股にかける大企業のサラリーマン、役員ではない、青年実業家ではないであろう。

貧乏人に事務局の営業不足だ、広報不足だと言う資格、権利はあるのだろうか、世間一般的に言って(クラシック音楽業界は、何か浮世離れしている印象があるから、世間的に、ということを言っても仕方がないのかもしれないが)。4,500円のチケットを4,500円で買えば、オーケストラは損をしないのだが、貧乏人にはそれを計算する力も心持ちも、人に情けをかける余裕もないのだろう。

こういう客のお面を付けた不法者、迷惑をかける奴が少なからずいることを見聞きし、のみならず演奏会会場にて身をもって経験しているから、ここ1,2年でクラシック音楽の演奏会に足を運ぶ気持ち、小さいながら応援しようという気持ちが失せつつある。

ここまで追記。

硬い

2018年3月19日 月曜日

すみだトリフォニーホール 大ホール。

初めに『これだ』と思える音が聞こえず、残念な思いをした。上岡が楽譜を広げていたことが私に何らかの影響を及ぼしたのかもしれない(楽譜を見ながらの演奏は、本公演の最初から最後まで)。

上岡の音が硬く聞こえたことは、すみだサマーコンサート2017のペルト『子どもの頃からの歌』でも感じたこと。この公演も2階で聞いた。

私の耳のせいもあろうが、彼の音なのか、ピアノ自体の音なのか。3階で聞いたほうが良いのか。

本サイト関連記事:すみだサマーコンサート2017

■ 【上岡敏之】指揮・新日本フィルハーモニー交響楽団『オルフ カルミナ・ブラーナ』を聴いた(すみだトリフォニーホール:東京都墨田区)2017年夏

【東京スカイツリー】をJR・東京メトロ錦糸町駅(東京都墨田区)近く『アルカキット錦糸町』より臨む 2018年3月19日18時30分過ぎ

ドビュッシーで目が覚めた

まさかスクリャービンで『夢の中』とは思いもよらず。

ドビュッシー『アラベスク』はふわふわキラキラ、心動かされ目が覚めた。唯この一曲の演奏でも私は良い。嬉しさで顔が緩んだことを思い出した。

ピアノのままごとをしていた私。『アラベスク』はその際に魅了された曲。

真摯に努力し続けたなら私も、というのは夢のまた夢物語。

ショパンドラマチック

ショパン『ピアノソナタ第2番』は

交響曲を指揮するときの上岡を思い出し、興奮した。

劇的な音が、弾く姿にも見て取れて。

【東京スカイツリー】をJR・東京メトロ錦糸町駅(東京都墨田区)近く『アルカキット錦糸町』より臨む 2018年3月19日18時30分過ぎ

ピアノを小さい頃に習わせてもらったのに、ショパンのことすらほとんど知らない。

ショパン『スケルツォ第3番』は、今回初めて知った曲。

終わりの1分ほどがたまらない時間だ。その激しさは望み絶たれるものではなく喜びだ。

この曲は素晴らしいからと、あちらこちらの演奏を聞いて、アシュケナージが良い。

本記事参考サイト:Chopin Scherzo Op.39 Vladimir Ashkenazy

  • サイト運営管理者:YouTube STEINWAY314503
  • サイトアドレス:2019年9月29時点
  • https://youtu.be/xTk1CUCPx9w

知らなければ知ればいい 知ることが好きを幸せを生む

30年ほど前に好きで、何度も何度も聞いたショパン『幻想即興曲』で懐かしくなり泣けてきた。

結局弾けなかったけれど、まさかクラシックを今でも聞き続けているとは思わなかった。

ピアノを習わせてくれていた親に感謝のひと時。

2018年3月19日 上岡敏之ピアノリサイタル(主催新日本フィルハーモニー交響楽団)本日のアンコール曲

ラフマニノフはの『楽興の時より第4番』は、ショパン『スケルツォ第3番』と併せ知る機会を得て幸せ、覚めない興奮。

ラフマニノフは、正確ながら力強く叩き付けるかのような某有名ロシア男性ピアニストよりも、女性演者の方に好感もてるが、たまたまなのか。

ヤーフェイ・チャンもローラ・アスタノヴァも、今回知る機会を得たもの。一つの興味関心、ここではピアニスト上岡敏之が広げてくれた、私の興味関心、幸せ。

本記事参考サイト:WGBH Music: Ya-Fei Chuang plays Rachmaninoff Moment Musical No. 4 E minor

  • サイト運営管理者:YouTube WGBH Music
  • サイトアドレス:2019年9月29日時点
  • https://youtu.be/23kU0ZRQJwk

本記事参考サイト:Lola Astanova plays Rachmaninoff Moment Musicaux Op. 16, No. 4

  • サイト運営管理者:YouTube LOLA ASTANOVA
  • サイトアドレス:2019年9月29日時点
  • https://youtu.be/FhcidIUkCbk

『ピアノは大切な自分の世界』

2018年3月19日 上岡敏之ピアノリサイタル(主催新日本フィルハーモニー交響楽団)チケット送付時に同封された案内 『ピアノを弾くのは大好きです』
2018年3月19日 上岡敏之ピアノリサイタル(主催新日本フィルハーモニー交響楽団)チケット送付時に同封された案内 『ピアノを弾くのは大好きです』

本記事参考サイト:上岡敏之インタビュー 3 Magazine | [公式]新日本フィルハーモニー交響楽団

  • 備考:このページは『ピアノは大切な自分の世界』と題して、上岡敏之の小さい頃から現在に至るまでのピアノとの関わり合い、ピアノや音楽への思いを知ることができるインタビュー記事です。
    本記事は公演の際に配布する演奏会プログラム(非売品)に掲載されたものですが、時間をおいて公開することは、有り難く結構なことです。
  • サイト運営管理者:公益財団法人新日本フィルハーモニー交響楽団
  • サイトアドレス:2019年9月29日時点
  • https://www.njp.or.jp/magazine/5188

『上岡敏之ピアノリサイタル』の概要

  • 音楽会『上岡敏之ピアノリサイタル』
  • 日時:2018年3月19日 月曜日 19時-21時5分頃
  • 場所:すみだトリフォニーホール 東京・錦糸町
  • 演目1:ショパン『2つの夜想曲』
  • 演目2:スクリャービン『ピアノソナタ第3番』
  • 演目3:ショパン『子守歌』
  • 演目4:ドビュッシー『2つのアラベスク第1番』
  • 演目5:ドビュッシー『前奏曲集第1巻』より第8曲<亜麻色の髪の乙女>
  • 演目6:ドビュッシー『喜びの島』
  • 休憩 20分
  • 演目7:ショパン『前奏曲』
  • 演目8:ショパン『ピアノソナタ第2番』
  • 演目9:ショパン『スケルツォ第3番』
  • アンコール1:ショパン『幻想即興曲』
  • アンコール2:ラフマニノフ『楽興の時』より第4番
  • アンコール3:J.S.バッハ『平均律クラヴィーア曲集第1巻』より第1番
  • ピアノ:上岡敏之(新日本フィルハーモニー交響楽団音楽監督)
  • 備考:本公演は、新日本フィルハーモニー交響楽団2017/2018シーズンの『トパーズ』連続券、または『サファイア』セット券の購入者を対象とした無料招待公演であり、チケット販売はありませんでした。

本記事の名称、更新日、出典元、写真撮影日

■ 記事名称:【上岡敏之】ピアノリサイタル『ショパンピアノソナタ第2番』(すみだトリフォニーホール)2018年春

(旧:【上岡敏之】ピアノリサイタル『ショパンピアノソナタ第2番』を聴いた(すみだトリフォニーホール・錦糸町駅)2018年春)

■ 記事更新日:★2018年4月3日、2018年5月11日、2019年9月29日

■ 記事出典元:★Twitter 山上真@makotomys、山上真オフィシャルサイト

■ 写真撮影日:2018年3月19日