【アンドリュー・リットン】指揮・新日本フィル『ショスタコーヴィチ交響曲第4番』2018年夏

2018年7月4日、サントリーホール(東京・赤坂)。

新日本フィルとアンドリュー・リットン。

本公演は周りの客に恵まれた

東京メトロ千代田線の赤坂駅からは初めて行った。

サントリーホールへは、徒歩10分ほどと近い。

客の入りは5割ほどで、寝てる奴もいたけれど、ゆっくり聞けた。

すみだトリフォニーホールにおける前回のリットンの公演とは異なり、本公演は周りに恵まれた。

「ここ良い席ね」の『お嬢さん』三人組、後ろのお兄さん、本当にありがとう。

舞台も客席も、熱かった。

ショスタコーヴィチ 交響曲第4番

1音目でこれだ、と私の顔がほころび、少ししたら険しい顔付きに。演奏中何度も私の表情は変わった。

各ソロ良く、合奏も嵌った。

最後のトランペット、チェレスタに激しく鼓動しつつ静かに幕。

フライングなし。

ホールに身を置いて音楽を聞く醍醐味

舞台は笑顔の花が咲き握手、握手の実を結ぶ。

始めは大規模編成に思わず笑い、終わりはその光景に顔が綻ぶ。

気に留まる奏者がいたのもそう。

素敵な音や音楽もそう。

ホールに身を置いて、音楽を聞く醍醐味だ。

リットンでまた聞きたい。

たまに受けるなら、終了後のファンサービスも嬉しい

公演終了後のロビーの雰囲気が何かおかしい。騒がしい。

黒服の人が動いていてなんだろうと思っていたら、「ありがとうございました」とプレゼントをくれた。先程まで舞台にあがっていた、演奏会直後の演奏家がだ(弦楽器のイケメン奏者と思われる)。

新日本フィルと上岡敏之の演奏中の場面が印刷された、ポストカードだった(定年退職したティンパニ、パーカッション、金管の各奏者がいて、退団した木管、弦楽の各奏者がいる。ホルンが珍しく上手にいる。ハープ2台とチェレスタ。これだけ状況が分かっていても、素人の私にはどの曲なのか分からない)

1年間ご来場いただきありがとうございました。

9月からの新シーズンもどうぞよろしくお願いいたします。

新日本フィルハーモニー交響楽団 2018年7月

2017年度のサントリーホールシリーズ定期演奏会の最終だったからのようで、すみだトリフォニーホールの他の定期演奏会の最終でもこのようなことがあったように耳にした。

演奏会の都度、演奏会直後の演奏家に出てこられては落ち着かず、本音を言えば嫌なものだ。しかし、このようなたまに受けるファンサービスなら嬉しい。これもホールに足を運んで音楽を聞く醍醐味だ。

(毎月のように公演前のロビーコンサートをして、頻繁に定期演奏会にてアンコール演奏を行っている新日本フィルにしてみても、公演終了後のファンサービスはたまに、のほうがよいのではないか。ここ1,2年において、ファンサービスが足りないとは、私は思わない)

『新日本フィルハーモニー交響楽団 第591回ジェイド<サントリーホール・シリーズ>』の概要

  • 音楽会『新日本フィルハーモニー交響楽団 第591回ジェイド<サントリーホール・シリーズ>』の概要
  • 日時:2018年7月4日 木曜日 19時-
  • 場所:サントリーホール 東京・赤坂
  • 演目1:ベートーヴェン『交響曲第8番』
  • 演目2:ショスタコーヴィチ『交響曲第4番』
  • アンコールはなし。
  • コンサートマスター:豊嶋泰嗣
  • 管弦楽:新日本フィルハーモニー交響楽団
  • 指揮:アンドリュー・リットン

本記事参考サイト:第591回 定期演奏会ジェイド<サントリーホール・シリーズ>アンドリュー・リットン JADE | [公式]新日本フィルハーモニー交響楽団

  • 備考:指揮にアンドリュー・リットンを迎えた演奏会の情報です。
  • サイト管理者:公益財団法人新日本フィルハーモニー交響楽団
  • サイトアドレス:2019年3月24日現在。
  • https://www.njp.or.jp/concerts/3362

本記事の名称、更新日、出典元、写真撮影日

■ 記事名称:【アンドリュー・リットン】指揮・新日本フィル『ショスタコーヴィチ交響曲第4番』2018年夏

■ 記事更新日:★2018年7月10日、2018年8月2日、2019年3月15日、2019年3月24日、2019年3月26日

■ 記事出典元:★Twitter 山上真@makotomys、山上真オフィシャルサイト

■ 写真撮影日:2018年7月4日、2019年3月26日

【アンドリュー・リットン】指揮・新日本フィル『マーラー交響曲第4番』2018年夏

2018年6月30日、すみだトリフォニーホール(東京・錦糸町)。

新日本フィルとアンドリュー・リットン。

クラシック音楽演奏会における【ビニール袋ガサガサ星人】は客ではない、【多動性星人】は客ではない、星に帰れ

ベルク『ルル組曲』の1音目でこの公演に期待できたのに。

『ビニール袋ガサガサ星人』と『オレンジ服多動性中年』襲来。

お前らのせいで、公演前半ぶち壊しだ。

お前らは、客ではない。

私はチケットを譲り受けたのではなく、招待を受けたのではない。

2階の席を、最も高い金額のS席を買ったのは、貧乏人に会わず、気狂いに邪魔されずに聞くためなのに。悔しい。

( 例えば、2,000円の席を買った演奏会において、4,500円の席に堂々と座るというずうずうしいこと、というより

そうした犯罪行為は、私にはできない。

ましてやそういうことをしましたとインターネット上にて、公衆の面前にて堂々と告白、自慢することなどは私にはできない。

錦之助でなくとも『人間のすることじゃねえや。叩っ斬ってやる』と言いたくなる。確かに妖怪は、人ではない )

苦手な曲がまた聞きたくなるとは嬉しいこと

マーラー『4』は苦手なのに、始めから好みのテンポで第1楽章後半に聞いた弦の音、メロディに目頭熱くなる。あっという間が名残惜しい。

また聞きたくなって嬉しい。

指揮者とソリストの(お辞儀の)共同作業も興味深い。

ソリストは卒団セレモニーにも一役買っていた。

奏者卒団公演は初めて

舞台が、客席が、ホールが良い雰囲気。

口ずさめるロビーコンサートの曲(ヘイゼル作曲 もう一匹のネコ「クラーケン」)、前半終わりの卒団者への拍手、公演終わりの温かさ。

終わることも悪いことばかりではない。

音楽は人が生み出すものなのだと思えて、その場にいられて良かった。

七夕前の2018年7月4日、新日本フィルとアンドリュー・リットン

人様の短冊を見るのは無責任なものだが、短冊作成者本人には一大事。

どうか『ビニール袋ガサガサ星人』が来ませんように。

どうか『多動性中年(しかも図々しい)』が来ませんように。

どうか『鈴鳴らし婆』が来ませんように。

このマーラー『4』でより期待したのです。好きな曲の組み合わせを新日本フィルとアンドリュー・リットンでと。

『新日本フィルハーモニー交響楽団 第590回トパーズ<トリフォニー・シリーズ>』の概要

  • 音楽会『新日本フィルハーモニー交響楽団 第590回トパーズ<トリフォニー・シリーズ>』の概要
  • 日時:2018年6月30日 土曜日 14時-
  • 場所:すみだトリフォニーホール 東京・錦糸町
  • 演目1:ベルク『歌劇<ルル>組曲』
  • 演目2:ベルク『アルテンベルク歌曲集』
  • 演目3:マーラー『交響曲第4番 大いなる喜びへの賛歌』
  • アンコールは前半も後半もなし。
  • ソプラノ:林正子(すべての演目に参加)
  • コンサートマスター:西江辰郎
  • 管弦楽:新日本フィルハーモニー交響楽団
  • 指揮:アンドリュー・リットン
  • 備考:同じプログラム、場所で、前日の2018年6月29日金曜日19時より公演がありました。

本記事参考サイト:新日本フィルハーモニー交響楽団 定期演奏会#590トパーズ<トリフォニー・シリーズ>

  • 備考:ソリストに林正子、指揮にアンドリュー・リットンを迎えた演奏会の情報です。
  • サイト管理者:公益財団法人新日本フィルハーモニー交響楽団
  • サイトアドレス:2019年3月13日現在。
  • https://www.njp.or.jp/concerts/3362

本記事の名称、更新日、出典元、写真撮影日

■ 記事名称:【アンドリュー・リットン】指揮・新日本フィル『マーラー交響曲第4番』2018年夏

■ 記事更新日:★2018年7月3日、2018年8月2日、2019年3月13日、2019年3月14日、2019年3月24日

■ 記事出典元:★Twitter 山上真@makotomys、山上真オフィシャルサイト

■ 写真撮影日:2018年6月30日

【オッコ・カム】指揮・新日本フィル『シベリウス交響曲第2番』を聴いた 2018年春

サッリネン 歌劇<宮殿>序曲

曲自体が頭に残らずとも、好印象のサッリネン。

ホールで聞くべき曲だ。

弦が弱いと感じたが、シベリウスの演奏を聞いてから思うに、意図的な音ではないかと思いを改めた。

ニールセン フルート協奏曲

ニールセンはソリストの音にピンとこない場面があったが、フルートって素晴らしいと思わせてくれた人の協奏曲の演奏が聞けて嬉しい。彼だからこの曲を聞きにホールに足を運ぼうと思ったぐらい。

楽譜あり。眼鏡あり。

フルートの美しい音や他の楽器との掛け合いが楽しく面白い。クラリネット、ヴィオラなど。

第2楽章にて眠くなる。第1楽章は楽しく聞いていたが。それも、実演ならではで、ホールで聞くべき曲だ。

シベリウス 交響曲第2番

シベリウスは最初の音が良く、これだ。

第4楽章に移る前後は身体が大きく震え、終わりの絶頂がたまらない。

自然に思われる演奏、テンポなのに見得を切るかのような格好良さ。

名匠、オーケストラに、最後のティンパニも拍手喝采。

しかし2か3の楽章で眠くなった。これは惜しいこと。

第4楽章に入るプロセスのもやもやとした音が良い。足りないのではない。満ち足りた『もやもや』である。

第4楽章は素晴らしい演奏だった。見栄を張るわけでない自然な演奏、リズム、テンポであるにもかかわらず、見得を切るを演奏のようでばっちりだ。

最後も合奏が素晴らしい。

金管もいくつか音が外れたが、良い音だった。

『新日本フィルハーモニー交響楽団 第14回ルビー<アフタヌーン・コンサート・シリーズ>』の概要

  • 音楽会『新日本フィルハーモニー交響楽団 第14回ルビー<アフタヌーン・コンサート・シリーズ>』の概要
  • 日時:2018年4月14日 土曜日 14時-
  • 場所:すみだトリフォニーホール 東京・錦糸町
  • 演目1:サッリネン『歌劇<宮殿>序曲』
  • 演目2:ニールセン『フルート協奏曲』
  • 演目3:シベリウス『交響曲第2番』
  • アンコールは前半も後半もなし。
  • フルート:白尾彰
  • コンサートマスター:豊嶋泰嗣
  • 管弦楽:新日本フィルハーモニー交響楽団
  • 指揮:オッコ・カム
  • 備考:同じプログラム、場所で、前日の2018年4月13日金曜日14時より公演がありました。

本記事参考サイト:♯14 ルビー <アフタヌーン コンサート・シリーズ>

  • 備考:ソリストを新日本フィルフルート首席奏者である白尾彰が務め、指揮にオッコ・カムを迎えた演奏会の情報です。
  • サイト管理者:公益財団法人新日本フィルハーモニー交響楽団
  • サイトアドレス:2019年1月11日現在。
  • https://www.njp.or.jp/concerts/3444

本記事の名称、更新日、出典元、写真撮影日

■ 記事名称:【オッコ・カム】指揮・新日本フィル『シベリウス交響曲第2番』を聴いた 2018年春

■ 記事更新日:★2018年4月30日、2018年6月7日、2018年9月7日、2019年1月11日

■ 記事出典元:★Twitter 山上真@makotomys、山上真オフィシャルサイト

■ 写真撮影日:2018年4月14日