冨士屋ベーカリー(代々木上原駅)のパン【ブドウとチーズ・アップルパイ】(東京都渋谷区)2018年夏

2018年7月4日、冨士屋ベーカリー(東京・代々木上原)。

代々木上原駅の北側の商店街の中にある。

この辺りは細い道に車の行き来あり心配になるが、街の雰囲気は良い。

店の所狭しとパンの数々。サンドイッチも充実。

パンの焼き色良く、ブドウもチーズもいっぱい。

美味しいものを食べられて、いくつになっても嬉しい。

ケーキ類も充実。

アップルパイの生地が硬くなく、味も含めて口当たりが柔らかい分、リンゴの味が楽しめる。一切れひと塊のリンゴが良い。カスタードクリームが味を和ませる。

アールグレイのシフォンケーキは、次の機会に。

初めて食べて万歳。

パン屋『冨士屋ベーカリー』の概要

  • パン屋『冨士屋ベーカリー』
  • 住所:〒151-0066 東京都渋谷区西原3-2-5
  • アクセス1:小田急小田原線・東京メトロ 代々木上原駅から徒歩3分ほど
  • 営業時間:7時から21時まで 定休:日曜日
  • 地図【GoogleMap】https://goo.gl/maps/Zzmg6JRMdyN2

本記事参考サイト:代々木上原フジヤベーカリー

  • サイト運営管理者:冨士屋ベーカリー
  • サイトアドレス:2019年3月15日現在。
  • https://wadapan325.wordpress.com/

本記事の名称、更新日、出典元、写真撮影日

■ 記事名称:冨士屋ベーカリー(代々木上原駅)のパン【ブドウとチーズ・アップルパイ】(東京都渋谷区)2018年夏

■ 記事更新日:★2018年7月7日、2018年8月2日、2019年3月15日、2019年3月21日

■ 記事出典元:★Twitter 山上真@makotomys、山上真オフィシャルサイト

■ 写真撮影日:2018年7月4日

チェリーボンボンの洋菓子【シガールチョコレート】(東新宿駅)東京都新宿区 2018年春

来るのも食べるのも、3年ぶり

2018年3月19日

3年前の2015年は、ベルリン放送響とマレク・ヤノフスキの『ブルックナー交響曲第8番』があり、その後は美味しい食事。

翌日の3月19日は再放送で『古畑任三郎』の澤村藤十郎の回。

良い気分になったことを今も覚えている。その中に、チェリーボンボンもあるわけで。

チェリーボンボン(東新宿駅・東京都新宿区)の【シガールチョコレート】

以前に何度も御馳走になった、シガールのチョコレートにホワイト。

美味しいからと人様に差し上げて、「美味しかった」の声、声、声。

その美味しさ、店の雰囲気、変わらず。時が流れるなかを変わらずに。

チェリーボンボン(東新宿駅・東京都新宿区)の【シガールチョコレート】

シガールチョコレート

チェリーボンボン(東新宿駅・東京都新宿区)の【シガールチョコレート】
チェリーボンボン(東新宿駅・東京都新宿区)の【シガールチョコレート】

その箱を開ける前は、明るい緑で華やかに

開けたら、見栄えがぐっと渋く

そうしたら、チョコレートの深い香りが広がる。

チェリーボンボン(東新宿駅・東京都新宿区)の【シガールチョコレート】

チョコレートそのものを薄く巻いたものだから

溶けやすく手で扱いづらいが

口に運べば、歯触り抜群、消えていく。

チェリーボンボン(東新宿駅・東京都新宿区)の【シガールチョコレート】

『シガール』という名のとおり口にくわえて吸うことができる。

タバコでも煙でもなく、チョコレートの香りを。

苦味に少しの甘さ。

まだその夢に酔う。

チェリーボンボン(東新宿駅・東京都新宿区)の【シガールチョコレート】

有料であるが、このような化粧箱に希望の色のリボンを付けてくれて、商品を詰めてもらえる。

この時は、シガールとアマンド(アーモンドをチョコレートで包んだもの)だったかな。

チェリーボンボン(東新宿駅・東京都新宿区)の【シガールチョコレート】

値上げしたようだが、何の支障があろう。

見て、食べて、香りを楽しむ。

五感で喜んでいる。

洋菓子屋『チェリーボンボン』の概要

  • 洋菓子屋『チェリーボンボン』。名刺には『手作りチョコレートの店』と記載されている。
  • 住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿7-20-10 セザール東大久保1階
  • アクセス1:東京メトロ副都心線・都営地下鉄大江戸線 東新宿駅B2出入口より徒歩5分ほど
  • アクセス2:JR山手線 新大久保駅より徒歩12分
  • 地図【GoogleMap】:https://goo.gl/maps/NKz2pp7iPa92
  • 値段:シガールチョコレートS 1,100円+消費税(公式サイトによる。2019年9月15日現在)

本記事参考サイト:cherrybonbon – 手作りチョコレートの店

  • サイト運営管理者:チェリーボンボン
  • サイトアドレス:2019年9月15日現在。リンク設定方針について、詳細不明。
  • http://cherrybonbon.main.jp/home/

追記 2019年9月15日

公式サイト(グーグルサイトによるものとワードプレスによるものがあるようだ)によると、本年9月からシガールチョコレートのパッケージデザインを変更したとのこと。

また2018年5月時点で1,000円(税別)の値段を、2019年9月現在で1,100円(税別)に変更したとのこと(いつ値上げしたのかは分からない)。

ほかにも嬉しい変更点があるとのことで、頑張っているようにお見受けする。またお邪魔したい。

と言った後に思い出した。本年1月にお邪魔していたことを。生チョコも美味しかったことを。

チェリーボンボン(東新宿駅・東京都新宿区)の【シガールチョコレート】
チェリーボンボン(東新宿駅・東京都新宿区)の【シガールチョコレート】

本記事の名称、更新日、出典元、写真撮影日

■ 記事名称:チェリーボンボンの洋菓子【シガールチョコレート】(東新宿駅)東京都新宿区 2018年春

■  記事更新日:★2018年3月31日、2018年5月7日、2019年9月15日

■ 記事出典元:★Twitter 山上真@makotomys、山上真オフィシャルサイト

■ 写真撮影日:2018年3月20日

マインのパンを食べた【チーズパン・あんぱん・チーズケーキ】(錦糸町駅:東京都墨田区)2018年春

パン【チーズ入りパン】マイン(東京都墨田区)

パン屋『マイン』(東京・錦糸町)

2018年3月10日

初来店。

押上駅と錦糸町駅の中間、やや錦糸町寄りのところに在る。

押上駅から錦糸町駅方面に南下し、一本道で行けると思ったら、春日通りで少し逸れた。横断歩道を渡りましょう。

ビル1階、深緑色の庇に『パンの店 マイン』と白い文字である。

パン屋『マイン』の概要

  • パン屋『マイン』
  • 住所:東京都墨田区太平2-16-8
  • アクセス1:JR・東京メトロ 錦糸町駅から徒歩10分ほど
  • アクセス2:東京メトロ・都営地下鉄・京成線 押上駅から徒歩15分ほど
  • 地図【GoogleMap】https://goo.gl/maps/vtyjTjMBX782
  • 備考:公式サイトは見当たりません(2018年5月6日現在)。

 

チーズ入りパン

マイン(東京都墨田区)の【チーズ入りパン】

歯ごたえしっかりしながらソフト。

生地の甘み。

チーズコロコロたっぷりと。

焼けばなお良さそう。『アルプスの少女ハイジ』に出てきそうな、チーズのとろけ具合になって溢れ出す。

マイン(東京都墨田区)の【チーズ入りパン】

 

アンパン

焼きたてに惹かれて。

甘みは抑えられている。

マイン(東京都墨田区)の【アンパン】

マイン(東京都墨田区)の【アンパン】

マイン(東京都墨田区)の【アンパン】

 

チーズケーキ

ブルーベリーに砂糖を入れ、レンジで加熱したものを添えて。

これも甘みが抑えられ上品。物足りないかと思いきや、2口3口と口の中に次々と。

マイン(東京都墨田区)の【チーズケーキ】

抑えられた値段も嬉しい。

他のパンも美味しかった。ハズレ無し。当たりはいくつ引いても嬉しく、またの機会が楽しみ。

 

以上

  • 記事名称:マインのパンを食べた【チーズパン・あんぱん・チーズケーキ】(錦糸町駅:東京都墨田区)2018年春
  • 記事更新日:★2018年3月18日、2018年5月6日
  • 記事出典元:★Twitter 山上真@makotomys、山上真オフィシャルサイト
  • 写真撮影日:2018年3月10日、2018年3月11日