平成の正月にさようなら-東京の街で見たしめ縄、門松、人の波-2019年正月

神奈川・海老名

2019年1月5日 土曜日

箱根そば海老名(小田急線海老名駅構内)

小田急海老名駅(神奈川・海老名)の正月しめ縄、謹賀新年 2019年1月5日朝

東京・新宿

小田急新宿駅の、駅事務室ドア

小田急新宿駅(東京・新宿)の正月しめ縄 2019年1月5日朝

京王百貨店新宿店の、開店前

京王百貨店新宿店(東京・新宿)の門松 2019年1月5日朝

東京・上野

アメ横周辺

アメヤ横丁の人通り、日章旗

アメヤ横丁(東京・上野)の日章旗 2019年1月5日朝

志んせいの玄関

志んせい(東京・上野)の正月しめ縄、謹賀新年 2019年1月5日朝

めん処つるやの玄関

めん処つるや(東京・上野)の正月しめ縄 2019年1月5日朝

上野公園内、周辺

東叡山清水観音堂

東叡山清水観音堂(東京・上野)の謹賀新年 2019年1月5日朝

上野東照宮の参拝客

上野東照宮(東京・上野)の参拝客 2019年1月5日朝
上野東照宮(東京・上野)の参拝客 2019年1月5日朝

上野東照宮にて、平成31年の厄年(数え年)

上野東照宮(東京・上野)の【平成31年の厄年】 2019年1月5日朝

東京都美術館の玄関

東京都美術館(東京・上野)の門松 2019年1月5日昼

東叡山輪王寺(両大師)の玄関

東叡山輪王寺(両大師)(東京・上野)の初詣 2019年1月5日昼

上野駅周辺

上車坂町会

上野駅東側(東京・上野)の謹賀新年 2019年1月5日昼
上野駅東側(東京・上野)の正月しめ縄 2019年1月5日昼

東京・日本橋

三越前駅周辺

東京メトロ三越前駅ホームのMETRO’S(メトロス)(東京メトロ売店)

東京メトロ三越前駅ホーム(東京・日本橋)の年末年始休業のお知らせ 2019年1月5日昼

東京メトロ三越前駅の、駅事務室ドア

東京メトロ三越前(東京・日本橋)の正月しめ縄 年 2019年1月5日昼

東京メトロ三越前駅連絡通路の、日本橋三越本店冬のクリアランスセール

東京メトロ三越前駅(東京・日本橋)の【日本橋三越本店冬のクリアランスセール】 2019年1月5日昼

YUITO(ゆいと)(日本橋室町野村ビル)の地下玄関

YUITO(ゆいと)(日本橋室町野村ビル)(東京・日本橋)の門松 年 2019年1月5日昼

日本橋

日本橋三越の玄関

日本橋三越(東京・日本橋)の正月しめ縄 2019年1月5日昼

証券ジャパン日本橋本店の玄関

証券ジャパン日本橋本店(東京・日本橋)の正月しめ縄 2019年1月5日昼

日本橋高島屋の玄関

日本橋高島屋(東京・日本橋)の門松 2019年1月5日昼

京橋、東京駅

三井ガーデンホテル京橋の玄関

三井ガーデンホテル京橋(東京・京橋)の門松 2019年1月5日夕

越前屋のウインドー

越前屋(東京・京橋)の謹賀新年 2019年1月5日夕

東京駅

東京駅丸の内駅舎(東京・丸の内)の門松 2019年1月5日夕
東京駅丸の内駅舎(東京・丸の内) 2019年1月5日夕
東京駅丸の内駅舎(東京・丸の内)から見た皇居方面 2019年1月5日夕

本記事の名称、更新日、出典元、写真撮影日

■記事名称:平成の正月にさようなら-東京の街で見たしめ縄、門松、人の波-2019年正月

■記事更新日:2019年1月16日、2019年1月17日

■記事出典元:山上真オフィシャルサイト

■写真撮影日:2019年1月5日

展覧会【第36回冬ぼたん】に行った(上野東照宮:東京都台東区)2018年冬

 

上野恩賜公園を通って上野東照宮へ

上野恩賜公園に設置された上野東照宮の立て看板。

上野の森美術館の『生賴範義展』を諦めて、当初の予定通り2年ぶりのぼたん苑へ。

【冬季のぼたん苑】2月28日まで。

往来絶えず、外国人やカメラ持参者も少なくない。

牡丹は200株以上あるそうで、予定時間を延長し1時間以上滞在した。素晴らしい時間。

 

入苑料は中学生以上で700円。

入口で出迎えてくれたパンダの親子。

目立つのはハボタンと思われるが、苑内のハボタンを重点的に撮影していた外国人もいた。可愛らしいということなのだろうか。

 

藁に覆われたボタン、白と赤

牡丹を藁で覆っている。霜よけのため。ここまでに2年かける。

手間暇かける。そう考えると、700円とは有り難い入苑料だ。

『立入禁止』『NoEntry』と書かれた出口からぼたん苑に入ってきた奴らの気が知れない。日本語も英語も読めない、読まない人とは。

 

牡丹にはそれぞれ名称が付せられているが、私には覚えられない。色、花びらの大小や形などの違いは分かりやすい。

赤色と白色の牡丹を一箇所に並べている場所もある。

咲いていない花も少なからずあったから、これから足を運んでも楽しめる。

 

 

黄色のボタン、黄色のロウバイ

牡丹のなかで黄色のものは、他の色と比べて香りが強いそうだ。

その案内に従って顔を近づけてみると、良い心持ちになった。

 

黄色の繋がりで言えば、これも嬉しいロウバイの色、そして香り。

仕事や心配事を忘れられる一時、有り難い。

 

器に盛られた鮮やかな冬ぼたん

このような趣向は2年前には無かったのではないか。これもまた鮮やかで嬉しい。

同じぐらい嬉しく感心したのは、このような趣向だけで満足している見物客がいるように見受けられなかったこと。

好きな人が、好きなものに、好きなだけ、接することができる空間は良い。

 

上野東照宮社殿、神々しさ変わらず

この内部は非公開。

拝観料は中学生以上で500円。

この金額のためだろうか、お金を出すのが惜しいのか、拝観者は本当に少ない。これこそ勿体ない。すぐそこまで足を運んでいるのだから。

御狸様も、御神木も、素晴らしい彫刻も、この黄金色も。

初めて来た2年前、心を奪われ今回もまた。

 

『第36回上野東照宮・冬ぼたん』の概要

  • 第36回上野東照宮・冬ぼたん
  • 期間:2018年1月1日から2月28日まで(期間中に終期が2月25日から変更になった)
  • 時間:9時30分から入苑締切16時30分
  • 入苑料:中学生以上700円、団体20名以上の場合は600円、小学生以下は無料
  • 備考:次回は『春のぼたん祭』として、2018年4月11日から5月13日まで開催予定。

 

上野東照宮ぼたん苑の概要

  • 名称:上野東照宮ぼたん苑(上野東照宮内)
  • 住所:〒110-0007 東京都台東区上野公園9-88
  • 交通アクセス1:JR上野駅 公園口より徒歩5分
  • 交通アクセス2:京成電鉄京成上野駅 池之端口より徒歩5分
  • 交通アクセス3:東京メトロ上野駅 不忍口より徒歩10分

本記事参考サイト:上野東照宮公式ホームページ

  • サイト運営管理者:上野東照宮
  • サイトアドレス:2018年4月1日現在。リンク設定対応について公式サイトでは未詳のため、リンクを設定しない。
  • https://www.uenotoshogu.com/

 

以上

  • 記事名:展覧会【第36回冬ぼたん】に行った(上野東照宮:東京都台東区)2018年冬
  • 記事更新日:★2018年1月18日、★2018年1月19日、2018年4月1日
  • 記事出典元:★Twitter 山上真@makotomys、山上真オフィシャルサイト

神社【上野東照宮】に行った 神々しい金色の輝きにあやかる(東京都台東区)2016年冬

初拝観 上野東照宮の社殿

平成28年1月14日 朝から快晴のなか

を経まして、15時30分過ぎに足を運びましたのは『上野東照宮』です。

上野東照宮は昨年の秋の『モネ展』の帰りに初めて訪れましたがその際は唐門まででした。その社殿を目の前にすることは今回が初めてです。

 

社殿は賽銭箱のある唐門の左手、お札授与所の横にある入口より入ります

大きな鳥居をくぐりまして、真っ直ぐに行きますと唐門(ここに賽銭箱があります。ここまでは無料)、その奥に社殿があります。

社殿の拝観料は、大人(中学生以上)500円です

社殿を間近に見る際は、拝観料が必要になります。社殿の拝観料は大人500円です。

賽銭箱のある唐門の向かって左側に、御守やおみくじ、御朱印などを扱っている『お札授与所』がありますので、そちらで拝観料を払います。

私はぼたん苑と社殿といずれも足を運ぶ予定でしたので、ぼたん苑の入口で『拝観・入苑共通券』を買いました。1,100円です。ぼたん苑の入園料は大人700円ですから、100円得したことになります。

 

社殿へ行く途中の灯籠そして御神木、御狸様

お札授与所の横にある拝観入口を通って社殿へと進みます。

その途中は、石畳の道があり、その左側に灯籠が、右側に塀があります。

上野東照宮(東京都台東区)の社殿へ行く道
上野東照宮(東京都台東区)の社殿へ行く道
上野東照宮(東京都台東区)の社殿へ行く道にある石灯籠
上野東照宮(東京都台東区)の社殿へ行く道にある石灯籠

石畳の道の途中に、左側に向かって伸びている石の列があります。

その先にあるのは大楠、これが上野東照宮の御神木です。幹の太さは8メートル以上あるとのこと。

上野東照宮(東京都台東区)の御神木
上野東照宮(東京都台東区)の御神木

その奥にあるのは『栄誉権現社』。御狸様ともよばれ、御狸様が鎮座しています。

『他を抜く』狸として受験、就職、必勝の神様として信仰されているとのこと。御守にもその関連のものがありました。

上野東照宮(東京都台東区)の栄誉権現社(お狸様)
上野東照宮(東京都台東区)の栄誉権現社(お狸様)

社殿を囲む透塀 締まった赤茶色が金色を引き立て動物、植物の彫刻が守る

石畳の向かって左側の塀、その奥に社殿があります。

この塀は『透塀』(すきべい)と言って、こちらからも向こうからも緑の部分の塀を通して見えるようになっています。

この写真では分からないのですが、塀の上部、また下部には動物や植物などが彫刻されています。この彫刻には金が施され絵の具が塗られています。

それが大多数ありまして、これだけ見ていっても楽しい時間を過ごすことができます。ご丁寧に、その動物や植物の名称が分かるように一つひとつシールが貼ってあります。

上野東照宮(東京都台東区)の社殿を囲む透塀
上野東照宮(東京都台東区)の社殿を囲む透塀

 

神々しい金色の社殿にあやかる

透塀の入口を通りまして、いよいよ『社殿』を拝観します。

上野東照宮の社殿の歴史、特色は、上野東照宮によると次のとおりです。

1651年(慶安四年)造営。国指定重要文化財。

文化財保護の為、社殿内は非公開としております。

参道側から拝殿、幣殿(石の間)、本殿の三つの部屋から構成される権現造りです。金色殿とも呼ばれています。

  • 出典元:上野東照宮パンフレット より引用しました。

社殿の左側を見る

社殿の真正面側ではなく、その横側から入ることになります。

まずもって目に入ってきたのは、金色です。社殿が金色、まばゆい輝き。私は近年、これほどの輝きを見た覚えはありません。

この日は15時30分過ぎに拝観しました。その際は、拝殿正面から向かって左側に陽の光があたってこのような輝きを生み出したようです。

上野東照宮(東京都台東区)の本殿
上野東照宮(東京都台東区)の本殿
上野東照宮(東京都台東区)の社殿を横から見る
上野東照宮(東京都台東区)の社殿を横から見る

これだけ立派なものですが、拝観者は私一人。一人でゆったりと金色に包まれていました。その時間が20分ほど続いて、数人の修学旅行生と思しき人々、外国人の人々が拝観していました。

社殿を向かって右へと進み、唐門の裏側に出る

透塀の入口から入って右側に進みますと、右手に唐門。左手に拝殿(社殿の最も手前の部屋のこと)があります。

『唐門』は賽銭箱のあるところですから無料で誰もがみることができますが、唐門の裏側は、社殿拝観の際に限り見ることができます。それが次の写真です。

上野東照宮(東京都台東区)の唐門を裏から見る
上野東照宮(東京都台東区)の唐門を裏から見る
上野東照宮(東京都台東区)の唐門の葵の御紋
上野東照宮(東京都台東区)の唐門の葵の御紋

よく見てみますと、表側も相当に凝った作りをしていますが、裏側も負けず劣らず。金箔による金色が全体に、そして細やかかつ大胆な彫刻。唐門の正面の門の両隣にある赤茶色の門には、金色に輝く葵の御紋が見えます。

上野東照宮の社殿の正面、拝殿

そして『拝殿』です。

この写真は斜めから見たところ。4つの柱、そして扉が金色。あらゆる部分が金色です。金色、目が眩むとはこのことです。恐れ入りました。

なお社殿の中は非公開ということ。インターネット上で情報を調べてみますと、それなりの情報、写真がでてきます。

上野東照宮(東京都台東区)の拝殿を斜めから見る
上野東照宮(東京都台東区)の拝殿を斜めから見る
上野東照宮(東京都台東区)の拝殿を遠くから見る
上野東照宮(東京都台東区)の拝殿を遠くから見る
上野東照宮(東京都台東区)の拝殿
上野東照宮(東京都台東区)の拝殿
上野東照宮(東京都台東区)の拝殿を見上げる
上野東照宮(東京都台東区)の拝殿を見上げる

次には早い時間に足を運んで参拝したい。違う顔、雰囲気をみることができるのではないでしょうか。

私は信心深いわけではありませんからなかなか神社や寺、教会に足を運ぶことはないのですが、それでもお許しいただけるのであれば、機会を得たいです。

拝観を終えて、社殿の向かって右側から外に出て、唐門の表側の場所に出てきます。

お札授与所に寄って、親と知り合いの生まれたばかりの子供に御守を求めて(子供向けのパンダを刺繍した御守があります)16時15分過ぎに失礼しました。陽の出ていた昼間は暖かかった日で上着のボタンもはずしていましたが、失礼する頃にはマフラーを首に巻きました。

上野東照宮(東京都台東区)の唐門と参拝者
上野東照宮(東京都台東区)の唐門と参拝者
上野東照宮(東京都台東区)の石畳の表参道を帰る
上野東照宮(東京都台東区)の石畳の表参道を帰る

この後、上野公園、東京藝術大学、鶯谷、上野と歩いて、新橋で夕食を求めて、溜池山王へと足を運びました。この日のフィナーレは、読売日本交響楽団第554回定期演奏会、ミヒャエル・ボーダー指揮のツェムリンスキー『交響詩 人魚姫』その他でありました。

 

上野東照宮(東京都台東区)の社殿を横から見る02

 

上野東照宮(東京都台東区)の本殿02

 

上野東照宮(東京都台東区)の唐門を裏から見る02

 

上野東照宮(東京都台東区)の拝殿を見上げる02

 

上野東照宮の概要

  • 名称:上野東照宮
  • 住所:〒110-0007 東京都台東区上野公園9-88
  • 交通アクセス1:JR上野駅公園口より徒歩5分
  • 交通アクセス2:東京メトロ千代田線根津駅より徒歩10分
  • 備考:下記のサイトにて、期間限定で巫女を5名ほど募集しています(平成28年2月18日現在)

記事関連サイト:上野東照宮公式ホームページ

  • サイト管理者:上野東照宮
  • サイトアドレス:2016年4月2日現在(リンクの対応について未詳のためリンクをしない)
    http://www.uenotoshogu.com/

 

  • 記事名:神社【上野東照宮】に行った 神々しい金色の輝きにあやかる(上野東照宮:東京都台東区)2016年冬
  • 記事更新日:2016年2月18日、2016年4月2日
  • 記事出典元:山上真オフィシャルサイト