御徒町の公園、学校の【桜・サクラ】2019年春(仲御徒町駅・新御徒町駅)東京都台東区

御徒町台東中学校のサクラ

2019年3月30日 東京・御徒町 くもり

東京メトロ日比谷線に乗って仲御徒町駅(なかおかちまちえき)へ。初めて行く駅である。

この駅からJR御徒町駅、アメ横を通って上野公園、東京国立博物館へと行く予定だった。

しかし下調べ不十分、不慣れな場所ゆえに、予定と真反対の方向へ足を運んでしまい、その間違いに気付くのが遅かった。台東区に『小島』の地名があるとは知らなかった。必要なく疲れてしまった。

それ以上に、靴との相性悪く足の親指が痛くなってしまいしようがなかったが、行くところ見るところサクラ、サクラで心持ちは良かった。

御徒町公園のサクラ

竹町公園のサクラ、カバ

竹町の読み方は、『たけちょう』である。

最近の街中にあるちょっとした公園は、どこも立派な遊具や囲いのあるスペースがあるのだろうか。カネがないないと言われて久しいが、かけるべきところにはかけるということなのだろうか。

佐竹商店街

なぜ上野の街に『佐竹』なのかまったく分からなかった。

アーケードのある商店街の最南端に『佐竹家上屋敷・佐竹っ原跡』を題名とする案内板があり、合点がいった。

佐竹商店街は日本で2番目に古い商店街とのこと。

その公式サイトには戦前の印刷物や昭和50年代の佐竹商店街関係の映像(ユーチューブへのリンク)もアップされており、興味深い。

旧・小島小学校のサクラ、ネコ

旧小島小学校は2002年(平成14年)、他の小学校との統合により閉校した。

建物内部に明かりがついているが、現在では、小島アートプラザや台東デザイナーズビレッジなどとして建物は機能、稼働している。

菊屋橋公園のサクラ

今回足を運んだ御徒町公園、竹町公園、菊屋橋公園、いずれも初めてだが、どの公園も子供たちで賑わっていた。ボール蹴りや鬼ごっこ。下町特有のことなのだろうか。

この菊屋橋公園から新堀通り、屋上に巨大なコック像があるニイミ洋食器店を経由し、浅草通りを通って稲荷町駅、上野駅、そして線路の向こう側にある上野公園と出た。

上野公園のサクラも見事であったが、疲れてしまっていたので、見ただけである。いや、見ただけでも丸儲けである。

仲御徒町駅、新御徒町駅周辺で見たサクラ

本記事の名称、更新日、出典元、写真撮影日

■ 記事名称:御徒町の公園、学校の【桜・サクラ】2019年春(仲御徒町駅・新御徒町駅)東京都台東区

■ 記事更新日:2019年4月4日

■ 記事出典元:山上真オフィシャルサイト

■ 写真撮影日:2019年3月30日

【代々木上原】散策 大山児童遊園地(東京都渋谷区)2018年夏

渋谷区の児童遊園地

2018年7月4日、代々木上原駅周辺。

代々木上原駅の改札を出たのは初めて。

その周辺には小さな公園が多数あるが、それらの名称は『児童遊園地』。

西原、上原三丁目、大山、少し離れて西原二丁目。

いずれも渋谷区立。

児童遊園地とは初耳の名称だが、全国にあるらしい。児童福祉法の関係か。

西原では母に見守られて、娘がブランコで遊んでいた。

大山児童遊園地(東京・代々木上原)

なぜ大山なのか。

そこは渋谷区大山町(おおやまちょう)に在る。

高級住宅街らしいと今知って、高級外車の前に植木鉢が置かれた家があったことを思い出す。

自転車を飲み込もうと怪獣は大きな口を開けている。人っ子一人いないが、爺一人で怪獣と遊ぶわけにもいかず。

本記事の名称、更新日、出典元、写真撮影日

■ 記事名称:【代々木上原】散策 大山児童遊園地(東京都渋谷区)2018年夏

■ 記事更新日:★2018年7月7日、2018年8月2日、2019年3月15日、2019年3月20日

■ 記事出典元:★Twitter 山上真@makotomys、山上真オフィシャルサイト

■ 写真撮影日:2018年7月4日

【アンドリュー・リットン】指揮・新日本フィル『マーラー交響曲第4番』2018年夏

2018年6月30日、すみだトリフォニーホール(東京・錦糸町)。

新日本フィルとアンドリュー・リットン。

クラシック音楽演奏会における【ビニール袋ガサガサ星人】は客ではない、【多動性星人】は客ではない、星に帰れ

ベルク『ルル組曲』の1音目でこの公演に期待できたのに。

『ビニール袋ガサガサ星人』と『オレンジ服多動性中年』襲来。

お前らのせいで、公演前半ぶち壊しだ。

お前らは、客ではない。

私はチケットを譲り受けたのではなく、招待を受けたのではない。

2階の席を、最も高い金額のS席を買ったのは、貧乏人に会わず、気狂いに邪魔されずに聞くためなのに。悔しい。

( 例えば、2,000円の席を買った演奏会において、4,500円の席に堂々と座るというずうずうしいこと、というより

そうした犯罪行為は、私にはできない。

ましてやそういうことをしましたとインターネット上にて、公衆の面前にて堂々と告白、自慢することなどは私にはできない。

錦之助でなくとも『人間のすることじゃねえや。叩っ斬ってやる』と言いたくなる。確かに妖怪は、人ではない )

苦手な曲がまた聞きたくなるとは嬉しいこと

マーラー『4』は苦手なのに、始めから好みのテンポで第1楽章後半に聞いた弦の音、メロディに目頭熱くなる。あっという間が名残惜しい。

また聞きたくなって嬉しい。

指揮者とソリストの(お辞儀の)共同作業も興味深い。

ソリストは卒団セレモニーにも一役買っていた。

奏者卒団公演は初めて

舞台が、客席が、ホールが良い雰囲気。

口ずさめるロビーコンサートの曲(ヘイゼル作曲 もう一匹のネコ「クラーケン」)、前半終わりの卒団者への拍手、公演終わりの温かさ。

終わることも悪いことばかりではない。

音楽は人が生み出すものなのだと思えて、その場にいられて良かった。

七夕前の2018年7月4日、新日本フィルとアンドリュー・リットン

人様の短冊を見るのは無責任なものだが、短冊作成者本人には一大事。

どうか『ビニール袋ガサガサ星人』が来ませんように。

どうか『多動性中年(しかも図々しい)』が来ませんように。

どうか『鈴鳴らし婆』が来ませんように。

このマーラー『4』でより期待したのです。好きな曲の組み合わせを新日本フィルとアンドリュー・リットンでと。

『新日本フィルハーモニー交響楽団 第590回トパーズ<トリフォニー・シリーズ>』の概要

  • 音楽会『新日本フィルハーモニー交響楽団 第590回トパーズ<トリフォニー・シリーズ>』の概要
  • 日時:2018年6月30日 土曜日 14時-
  • 場所:すみだトリフォニーホール 東京・錦糸町
  • 演目1:ベルク『歌劇<ルル>組曲』
  • 演目2:ベルク『アルテンベルク歌曲集』
  • 演目3:マーラー『交響曲第4番 大いなる喜びへの賛歌』
  • アンコールは前半も後半もなし。
  • ソプラノ:林正子(すべての演目に参加)
  • コンサートマスター:西江辰郎
  • 管弦楽:新日本フィルハーモニー交響楽団
  • 指揮:アンドリュー・リットン
  • 備考:同じプログラム、場所で、前日の2018年6月29日金曜日19時より公演がありました。

本記事参考サイト:新日本フィルハーモニー交響楽団 定期演奏会#590トパーズ<トリフォニー・シリーズ>

  • 備考:ソリストに林正子、指揮にアンドリュー・リットンを迎えた演奏会の情報です。
  • サイト管理者:公益財団法人新日本フィルハーモニー交響楽団
  • サイトアドレス:2019年3月13日現在。
  • https://www.njp.or.jp/concerts/3362

本記事の名称、更新日、出典元、写真撮影日

■ 記事名称:【アンドリュー・リットン】指揮・新日本フィル『マーラー交響曲第4番』2018年夏

■ 記事更新日:★2018年7月3日、2018年8月2日、2019年3月13日、2019年3月14日、2019年3月24日

■ 記事出典元:★Twitter 山上真@makotomys、山上真オフィシャルサイト

■ 写真撮影日:2018年6月30日