カンロののど飴【健康梅のど飴】(東京都新宿区)2016年冬

目を引く華やかさ、幸福感の高いパッケージ

個包装ではない、一つの袋に入ったカンロののど飴はご無沙汰していました。最近は『龍角散のど飴』をひいきにしていたためです。

いえいえカンロが嫌なわけではありません。カンロの『ボイスケアのど飴』は楽しいものでした。

カンロの『健康梅のど飴』(東京都中野区)パッケージ

カンロの『健康梅のど飴』です。

水色を基調として落ち着きのある『龍角散のど飴』のパッケージも安心します。

他方、こちらは梅のイメージカラーとして定着している赤を基調として、梅そのものの黄色を散りばめた華やかさ、幸せ感が高い。目を引きます。

カンロの『健康梅のど飴』(東京都中野区)『紀州産梅果汁使用』

『紀州産梅果汁使用』とわざわざ表記されていますので、これはこの飴の『目玉』なのでしょう。

私は梅、とりわけ梅干しが食べられませんのでその点に関心はありません。

梅はちみつのイラストが見事な『健康梅のど飴』のイメージを生み出す

カンロの『健康梅のど飴』(東京都中野区)『梅はちみつ』

私にとっての関心の一つは、パッケージの真ん中に表記された

『じっくりと漬け込んだ梅はちみつの やさしくまろやかな味わい』

です。絵で見事に表現されています。これならば美味しそう。

カンロの『健康梅のど飴』(東京都中野区)カラダにやさしい素材たっぷり

梅はちみつやそれと相性のよいシソの他にも色々と、ハーブが含まれています。

■ のど飴にお馴染みの カリンやしょうが

■ いかにも薬っぽい キキョウやカンゾウ

■ ヨモギやドクダミまでも

それらの絵を見ているだけでも楽しくなります。

カンロの『健康梅のど飴』(東京都中野区)ジッパーつき

最近ののど飴のパッケージのご多分に漏れず、こちらもジッパー付きです。丁寧に『キャンディのベタつきを抑えます』とのこと。

私はジッパーと相性がよろしくない。手で切りますと上手い具合に切れずパッケージを開けるときに苦労します。ハサミで神経質に切りました。

深いこがね色の飴の優しさ

粉にまみれて飴の地肌が見えませんと『こののど飴は効きそうだ』と思う人もいるのでしょうが、この『健康梅のど飴』のように粉が付いておらずきれいな地肌をみせてくれますと嬉しいのです。

少し違うことを承知で言えば、黄金色の飴粒。のど飴と梅はちみつの両方の良さを表現した、良い色に仕上げたものだと思います。

カンロの『健康梅のど飴』(東京都中野区)飴1粒

飴を口に入れますと、梅干しの味、香りではなく、はちみつに漬けた梅の味を確かに思わせます。

他のハーブの香りや味や控えめです。

飴にでこぼこ、ひびがありましたが、舌に気にならない程度のものでした。

のど飴としては即効性のあるものとは思えず、爽快感の高いものでもありませんが、舐めて嬉しくなりながら喉に優しさを与えるのど飴。

喉から生じる不快感、苦しみを身体のみならず直接心持ちを和らげる。これもまたのど飴のあり方のひとつであります。

素晴らしい。

のど飴だけでキャンペーンができるほどの充実度

追記 2017年10月5日

昨日の夜、仕事場から外に出た時に思いのほか風が冷たく、強かったため一時的に喉を痛めました。手元にあった龍角散(丸い缶に入ったもの)で対応しました。ひとまず喉は大丈夫だったようです。

そうした季節になりますと、のど飴が恋しくなります。来年春までの間にどのようなのど飴にお目にかかれるのか、またどれだけお気に入りののど飴にお世話になるのか、そのようなことをささやかな楽しみの一つにして過ごしましょう。

本サイトにおいてのど飴に関する記事は、現在、4つあります。他ののど飴の記事が増えるのかどうなのか。

本記事の『健康梅のど飴』を製造・販売する株式会社カンロのサイトを見ましたら、『KANRO たたかうのど飴キャンペーン』特設ページが設置されていました(2017年9月19日時点)。

『たたかうあなたに、ごほうびが当たる!』のだそう。カンロはのど飴だけでも10種類はあるとのこと。のど飴だけでキャンペーンが展開できるぐらいの財産、お宝があっていいなあ。

本社のある東京・中野の、中野四季の森公園をはじめとした中野駅周辺で開催される『中野にぎわいフェスタ』への出展も楽しそう。今週の2017年10月7、8日に開催。天候に恵まれると良いですね。

以上、追記ここまで。

カンロの『健康梅のど飴』の概要

  • のど飴『健康梅のど飴』
  • 製造者:株式会社カンロ
  • 住所:東京都中野区新井2-10-11(本記事初出時点)→東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティビル37階(2019年10月15日時点)
  • 備考:2016年2月上旬、イオンで購入した際の値段は、199円(税抜き)でした。

本サイト参考記事:カンロ株式会社

  • サイト運営管理者:カンロ株式会社
  • サイトアドレス:2019年10月15日時点
  • https://www.kanro.co.jp/

カンロの『健康梅のど飴』の商品表示

カンロの『健康梅のど飴』(東京都中野区)商品表示
カンロの『健康梅のど飴』(東京都中野区)飴2粒

本記事の名称、更新日、出典元、写真撮影日

■ 記事名:カンロののど飴【健康梅のど飴】(東京都新宿区)2016年冬

(旧:のど飴【健康梅のど飴】を舐めた 深いこがね色の飴の優しさ(カンロ株式会社:東京都中野区)2016年冬】

■ 記事更新日:2016年2月6日、2016年3月30日、2016年5月6日、2016年10月16日、2017年3月26日、2017年10月5日、2019年10月15日

■ 記事出典元:山上真オフィシャルサイト

■ 写真撮影日:2016年2月6日

和菓子『上生菓子迎春』を食べた 少しでも心舞い上がりたい(株式会社丸きんまんじゅう:佐賀県佐賀市)2012年正月

梅咲く空に羽上がる

途中から見た再放送の『相棒』で、元日に放送されたSPを思い出し、あっという間だった正月気分も戻ってきた。

今年の正月の和菓子は羽子板。

梅咲く空に羽上がる。梅が咲けば桜はまだかと。その前には…。

月日ばかりが早く過ぎゆくが、少しでも心舞い上がりたい。

 

丸きんまんじゅうの和菓子『上生菓子迎春』(佐賀県佐賀市)梅の羽子板
丸きんまんじゅうの和菓子『上生菓子迎春』(佐賀県佐賀市)梅の羽子板

 

本記事参考サイト:【テレビ朝日】相棒season10 第10話元日スペシャル「ピエロ」

  • 備考:2012年1月1日に放送されたドラマ『相棒』特別版の紹介サイトです。コンビは水谷豊と及川光博。ゲストに斎藤工、遠藤雄弥、大橋のぞみ、目黒祐樹、吉田栄作などを迎えた回です。
  • サイト管理者:テレビ朝日
  • サイトアドレス:2017年1月4日現在
    http://www.tv-asahi.co.jp/aibou_10/story/0010/

 

和菓子『上生菓子迎春』の概要

  • 名称:和菓子『上生菓子迎春』
  • 製造者:株式会社丸きんまんじゅう
  • 住所:〒840-0036 佐賀県佐賀市西与賀町大字高太郎253-1
  • 撮影年月日:2012年1月

本記事参考サイト:株式会社 丸きんまんじゅう

  • サイト管理者:株式会社丸きんまんじゅう
  • サイトアドレス:2017年1月4日現在(リンクの対応未詳のためリンクをしない)
    http://www.marukin-m.co.jp/

 

以上

  • 記事名:和菓子『上生菓子迎春』を食べた 少しでも心舞い上がりたい(株式会社丸きんまんじゅう:佐賀県佐賀市)2012年正月
  • 記事更新日:2012年1月11日、その他、2016年6月12日、2016年10月18日、2017年1月4日
  • 記事出典元:twitter 山上真@makotomys

パンの樹あるれのパン【サンタのパン】を食べた(神奈川県横浜市)2009年冬

 

クリスマスの前でも後でも来てください

パンの樹あるれのパン「サンタおじさん」2009

 

12月。季節柄、どうしたってサンタクロースです。

少し違った角度から見てみると、7つ揃えば白雪姫がお出ましになりそうですが、これはサンタクロースです、紛れもなく。

 

もう、ここいらしばらく、サンタクロースには会っていません。

お会いできないものでしょうか。

あれも欲しい、いやこれはぜひとも、早ければ早い方がいい。できれば『あわてんぼうのサンタクロース』のほうが…。

あらら「まっくろくろけ」なのは「おかお」だけではないようです。

 

「シャラランリン チャチャチャ ドンシャララン」

(『あわてんぼうのサンタクロース』作詞:吉岡治 作曲:小林亜星)

 

麻雀をやったこともなければ、ドンジャラすら未経験。嫌いではないのになぜか、誘ってもらっても覚えようとしませんでした。そっちよりも「倍率ドン!さらに倍!!」のほうが好きだったからかもしれませんが。

クリスマスの前でも後でも、サンタクロースに会えますように。有馬記念か東京大賞典で。

 

パン『サンタおじさん』の概要

  • パン『サンタおじさん』
  • 製造者:企業組合パンの樹あるれ
  • 所在:〒241-0025 神奈川県横浜市旭区四季美台19-2
  • 備考:このパンは生活クラブ生協相武台デポーにて求めたものです。

本記事参考サイト:パンの樹あるれ

  • サイト管理者:企業組合パンの樹あるれ
  • サイトアドレス:2016年12月2日現在
    http://www.alule.com/index.html

 

以上

  • 記事名:パンの樹あるれのパン【サンタのパン】を食べた(神奈川県横浜市)2009年冬
  • 記事更新日:2009年12月17日、その他、2016年1月1日、2016年2月17日、2016年5月31日、2016年12月2日、2016年12月10日
  • 記事出典元:「山上真の噂のスマイリングアワー」