【アンドリュー・リットン】指揮・新日本フィル『マーラー交響曲第4番』を聞いた 2018年夏

2018年6月30日、すみだトリフォニーホール(東京・錦糸町)。

新日本フィルとアンドリュー・リットン。

クラシック音楽演奏会における【ビニール袋ガサガサ星人】は客ではない、【多動性星人】は客ではない、星に帰れ

ベルク『ルル組曲』の1音目でこの公演に期待できたのに。

『ビニール袋ガサガサ星人』と『オレンジ服多動性中年』襲来。

お前らのせいで、公演前半ぶち壊しだ。

お前らは、客ではない。

私はチケットを譲り受けたのではなく、招待を受けたのではない。

2階の席を、最も高い金額のS席を買ったのは、貧乏人に会わず、気狂いに邪魔されずに聞くためなのに。悔しい。

( 例えば、2,000円の席を買った演奏会において、4,500円の席に堂々と座るというずうずうしいこと、というより

そうした犯罪行為は、私にはできない。

ましてやそういうことをしましたとインターネット上にて、公衆の面前にて堂々と告白、自慢することなどは私にはできない。

錦之助でなくとも『人間のすることじゃねえや。叩っ斬ってやる』と言いたくなる。確かに妖怪は、人ではない )

苦手な曲がまた聞きたくなるとは嬉しいこと

マーラー『4』は苦手なのに、始めから好みのテンポで第1楽章後半に聞いた弦の音、メロディに目頭熱くなる。あっという間が名残惜しい。

また聞きたくなって嬉しい。

指揮者とソリストの(お辞儀の)共同作業も興味深い。

ソリストは卒団セレモニーにも一役買っていた。

奏者卒団公演は初めて

舞台が、客席が、ホールが良い雰囲気。

口ずさめるロビーコンサートの曲(ヘイゼル作曲 もう一匹のネコ「クラーケン」)、前半終わりの卒団者への拍手、公演終わりの温かさ。

終わることも悪いことばかりではない。

音楽は人が生み出すものなのだと思えて、その場にいられて良かった。

七夕前の2018年7月4日、新日本フィルとアンドリュー・リットン

人様の短冊を見るのは無責任なものだが、短冊作成者本人には一大事。

どうか『ビニール袋ガサガサ星人』が来ませんように。

どうか『多動性中年(しかも図々しい)』が来ませんように。

どうか『鈴鳴らし婆』が来ませんように。

このマーラー『4』でより期待したのです。好きな曲の組み合わせを新日本フィルとアンドリュー・リットンでと。

『新日本フィルハーモニー交響楽団 第590回トパーズ<トリフォニー・シリーズ>』の概要

  • 音楽会『新日本フィルハーモニー交響楽団 第590回トパーズ<トリフォニー・シリーズ>』の概要
  • 日時:2018年6月30日 土曜日 14時-
  • 場所:すみだトリフォニーホール 東京・錦糸町
  • 演目1:ベルク『歌劇<ルル>組曲』
  • 演目2:ベルク『アルテンベルク歌曲集』
  • 演目3:マーラー『交響曲第4番 大いなる喜びへの賛歌』
  • アンコールは前半も後半もなし。
  • ソプラノ:林正子(すべての演目に参加)
  • コンサートマスター:西江辰郎
  • 管弦楽:新日本フィルハーモニー交響楽団
  • 指揮:アンドリュー・リットン
  • 備考:同じプログラム、場所で、前日の2018年6月29日金曜日19時より公演がありました。

本記事参考サイト:新日本フィルハーモニー交響楽団 定期演奏会#590トパーズ<トリフォニー・シリーズ>

  • 備考:ソリストに林正子、指揮にアンドリュー・リットンを迎えた演奏会の情報です。
  • サイト管理者:公益財団法人新日本フィルハーモニー交響楽団
  • サイトアドレス:2019年3月13日現在。
  • https://www.njp.or.jp/concerts/3362

本記事の名称、更新日、出典元、写真撮影日

■ 記事名称:【アンドリュー・リットン】指揮・新日本フィル『マーラー交響曲第4番』を聞いた 2018年夏

■ 記事更新日:★2018年7月3日、2018年8月2日、2019年3月13日、2019年3月14日

■ 記事出典元:★Twitter 山上真@makotomys、山上真オフィシャルサイト

■ 写真撮影日:2018年6月30日

【オッコ・カム】指揮・新日本フィル『シベリウス交響曲第2番』を聴いた 2018年春

サッリネン 歌劇<宮殿>序曲

曲自体が頭に残らずとも、好印象のサッリネン。

ホールで聞くべき曲だ。

弦が弱いと感じたが、シベリウスの演奏を聞いてから思うに、意図的な音ではないかと思いを改めた。

ニールセン フルート協奏曲

ニールセンはソリストの音にピンとこない場面があったが、フルートって素晴らしいと思わせてくれた人の協奏曲の演奏が聞けて嬉しい。彼だからこの曲を聞きにホールに足を運ぼうと思ったぐらい。

楽譜あり。眼鏡あり。

フルートの美しい音や他の楽器との掛け合いが楽しく面白い。クラリネット、ヴィオラなど。

第2楽章にて眠くなる。第1楽章は楽しく聞いていたが。それも、実演ならではで、ホールで聞くべき曲だ。

シベリウス 交響曲第2番

シベリウスは最初の音が良く、これだ。

第4楽章に移る前後は身体が大きく震え、終わりの絶頂がたまらない。

自然に思われる演奏、テンポなのに見得を切るかのような格好良さ。

名匠、オーケストラに、最後のティンパニも拍手喝采。

しかし2か3の楽章で眠くなった。これは惜しいこと。

第4楽章に入るプロセスのもやもやとした音が良い。足りないのではない。満ち足りた『もやもや』である。

第4楽章は素晴らしい演奏だった。見栄を張るわけでない自然な演奏、リズム、テンポであるにもかかわらず、見得を切るを演奏のようでばっちりだ。

最後も合奏が素晴らしい。

金管もいくつか音が外れたが、良い音だった。

『新日本フィルハーモニー交響楽団 第14回ルビー<アフタヌーン・コンサート・シリーズ>』の概要

  • 音楽会『新日本フィルハーモニー交響楽団 第14回ルビー<アフタヌーン・コンサート・シリーズ>』の概要
  • 日時:2018年4月14日 土曜日 14時-
  • 場所:すみだトリフォニーホール 東京・錦糸町
  • 演目1:サッリネン『歌劇<宮殿>序曲』
  • 演目2:ニールセン『フルート協奏曲』
  • 演目3:シベリウス『交響曲第2番』
  • アンコールは前半も後半もなし。
  • フルート:白尾彰
  • コンサートマスター:豊嶋泰嗣
  • 管弦楽:新日本フィルハーモニー交響楽団
  • 指揮:オッコ・カム
  • 備考:同じプログラム、場所で、前日の2018年4月13日金曜日14時より公演がありました。

本記事参考サイト:♯14 ルビー <アフタヌーン コンサート・シリーズ>

  • 備考:ソリストを新日本フィルフルート首席奏者である白尾彰が務め、指揮にオッコ・カムを迎えた演奏会の情報です。
  • サイト管理者:公益財団法人新日本フィルハーモニー交響楽団
  • サイトアドレス:2019年1月11日現在。
  • https://www.njp.or.jp/concerts/3444

本記事の名称、更新日、出典元、写真撮影日

■ 記事名称:【オッコ・カム】指揮・新日本フィル『シベリウス交響曲第2番』を聴いた 2018年春

■ 記事更新日:★2018年4月30日、2018年6月7日、2018年9月7日、2019年1月11日

■ 記事出典元:★Twitter 山上真@makotomys、山上真オフィシャルサイト

■ 写真撮影日:2018年4月14日

【上岡敏之】指揮・新日本フィル『ブラームス交響曲第1番』を聴いた 2018年春

上岡敏之と新日本フィルの公開リハーサル

入場時間前の行列

2018年3月9日、すみだトリフォニーホール。

本公演は『すみだトリフォニーホール開館20周年記念 すみだ平和祈念コンサート2018《すみだ✕広島》』と銘打たれている。

『広島』は広島交響楽団のことで、2018年3月8日にソリストにメゾ・ソプラノの藤村実穂子を迎えて、音楽総監督の下野竜也の指揮にて公演が行われた。

この新日本フィルの公開リハーサルは、本公演の前日に設けられた。

降雨寒い中、入場前の行列。思っていたよりは、人がいて結構なこと。

分かりづらいが、某出演者がいる。知り合いではなく、もちろん言葉を交わしていないので顔写真はない。少なからずの人が彼に気づいたのだろう。

2018年3月9日『すみだ平和祈念コンサート2018』新日本フィルハーモニー交響楽団 トリフォニーホール前の、公開リハーサル前の様子

公開リハーサルの内容について

対象者は、1】チケット購入者、2】墨田区在住在勤在学者、3】トリフォニーホール・チケットメンバーズ会員、以上の三者に限定された。

入場時間は11時30分より。

12時開始で、13時20分終了は予定通り。

上岡へのインタビューがその後13時35分まで。

曲目はブラームス『交響曲第1番』で、予定通り。

席は1階のみで、その一部の席は着席不可。

入退場は指定時間に限ると断りがあったが、途中で数名が席を立っていた。お手洗いなのか、病院の予約があったのか、身勝手なのかはもちろん分からない。

写真の撮影不可。音声の録音不可。映像の録画不可。この不可3つは、本公演も同じ。

1時間ちょっと居るだけで疲れた

上岡の公開リハーサルは初見。

私が公演時に通常感じる緊張感が、リハーサルという場のために少なく、その状態で聞くことができてよかった。

とは言うものの、上岡は『ブラームス交響曲第1番』の第4楽章を一度通したら、次から次へとオーケストラ、その大部分は弦楽器に指示を出し、過度な緊張感と言うかなんというか。

罵り煽りではないのだけれど、プロでも出演者でもないのに、私は居るだけで疲れた。

ただし、私は1階の10列から15列までの間に居て聞いていたが、上岡の声のすべてが明瞭に聞き取れたわけではない。10列目よりも前に居たら、しっかり耳にすることができたのかは分からない。

人の声ってその程度なのだと思ったら、生の声で勝負する歌手はやはり凄いと改めて思う。

【東京スカイツリー】をJR・東京メトロ錦糸町駅(東京都墨田区)近く『アルカキット錦糸町』より臨む 2018年3月9日11時30分ごろ 雨

本公演では着用すら見られない、上岡の、眼鏡持ちながらの指揮は落ち着かない。

客席は少ないとは言え静か。『気のない無料見学者』ではなく、興味関心あってこその客が多かった表れだろうか。前方席にも後方席にも、ある程度の人が居た。

リハーサル終了後、上岡が15分間のインタビューを真摯に。司会者も良かった。しかし両者いずれもマイクの音が聞きづらく、上記の私の疲れと相まって、話の内容の理解がぼやけてしまった。

インタビューに関する動画を、新日本フィルがフェイスブックにて公開している(2018年3月11日の記事にて。2018年5月5日現在)。

本公演への期待に、小さからずの不安が混じった。錦糸町は、雨でございます。

私の体験した公開リハーサル

本公演のものを含めて、覚えている限りで3件。ここ3年でのこと。

いずれも日本人の指揮者のもの。上岡の上記の件とは異なり、他の2件はどんどん演奏させて、要所をいくつか指摘するスタイルだったから、少なくとも私はなんら疲れない。

一つは長年、音楽監督を務めたオーケストラでのもの。

その指揮者は今も、そのオーケストラの要職にある。

開始の挨拶でオーケストラの全員が起立して、指揮者に挨拶していた。学校か。

公開リハーサルで良いなと思い楽しみにしていたのに、他の要因と相まって、本番はがっかりした。ここ数年はかなり校長、ではなく好調と見聞きしているオーケストラなのに。

もう一つは日本のあちらこちらのオーケストラの要職を務めてきた人。

関東では最もつながりのあると思われるオーケストラでのもの。

片手をポケットに突っ込み舞台上に出てきて、楽譜を軽く放って台に置くから大きな音がした。

彼はリハーサルの最後に客席に向かって頭を下げ「ありがとうございました」と言って拍手を受けていたから、それらは、彼の普段のスタイルだろうと推測される(目の前に居る客を不快にさせる行為を、意図して堂々とするとは思えない。彼の身に付いたものなのだろう)。

彼のそれらの振る舞いに、楽しみにして急遽足を運んだ公演だというのに不愉快になりがっかりし、本番にあまり期待をもてなかった。

しかしこれが良かったのだ。それから彼の公演には足を運んでいないが、またの機会を持ちたいと思っている。

音楽とは何なのだろうと思う。

東京スカイツリー(東京・押上)を真下から見上げる

2018年3月10日、東京メトロ半蔵門線の押上駅から外に出て、東京スカイツリーの真下へ。

展望台ある電波塔と、それを構成要素とする商業娯楽施設群が、これほどまでに人を引き寄せるのかと驚き、感心した。

【東京スカイツリー】を間近より見上げる 2018年3月10日17時前 晴れ

周りの地域の景気はどうか。しばらく前には、東京スカイツリーが人を吸い寄せ過ぎてどうもよくない、という話を耳にしたが。

王貞治旧宅跡(当日、それに気づかず通り過ぎてしまった)、本所税務署、少し行って、たばこと塩の博物館、すみだ郷土文化資料館。寺社多し。

【東京スカイツリー】を間近より見上げる 2018年3月10日17時前 晴れ

上岡敏之と新日本フィルによる、すみだ平和祈念コンサート2018《すみだ✕広島》

前半でトリフォニー(本公演主催者)に泣かされ、後半でふざけた爺に泣かされ、私の本公演に対する期待を返してほしい

2018年3月10日、すみだトリフォニーホール。

開演の18時を過ぎても騒がしい。

ソリストや指揮者が舞台に出てきても、ホールに人が入ってくる。

なぜトリフォニーはこんなに人を入れるのか。頭にきて緊張感が失われた。

正直に言えば、曲などへの共感が小さいことも理由であるが、公演前半は、演奏を聞く気になれなかった。

【東京スカイツリー】をJR・東京メトロ錦糸町駅(東京都墨田区)近く飲食店『よろづ屋』より臨む 2018年3月10日20時過ぎ 雨降らず

後半はずっと楽しみにしていた、上岡によるドイツもの、ブラームス。

第1楽章で近くからビリビリビリビリ。ビニール音がしばらく続き、頭にきて緊張感が失われた。公演前半はそんなことなかったのに。演奏そのものは重々しくなく苦々しくないのに、私の方がそうなってしまうとは。

第2楽章からはその音はなくなったが、もう遅い。こういうことがあると、また何時なんどき騒音ノイズが生じるのか、と身構えてしまう分楽しめなくなってしまうから、気を取り直せたのは第4楽章にて。遅いではないか。

それでもブラームス『交響曲第1番』の第4楽章が良かったから、舞台に向かって拍手はしたものの、もう一度、上岡のブラームスを聞かせてほしい。

本サイト関連記事:私が聞いた、上岡敏之のドイツもの

■ 【上岡敏之】指揮・新日本フィルハーモニー交響楽団『ベートーヴェン交響曲第5番』を聴いた 燃える秋 2016年秋

■ 【上岡敏之】指揮・新日本フィルハーモニー交響楽団『ブラームスピアノ四重奏曲第1番(シェーンベルク編)』をすみだトリフォニーホールとラジオで聴いた 2016年秋・2017年春

2018年3月10日『すみだ平和祈念コンサート2018』新日本フィルハーモニー交響楽団 公演後のホール出入口の様子

興奮熱狂で終わることだけが音楽会ではない、と知ることができたことは大きい

これも上岡だから期待していたアンコール。それに泣かされてしまった。

アンコールは耳に馴染んだ曲だけど。あっ、と気づいた途端、声を出さんばかりに泣けてきた。

2018年3月10日『すみだ平和祈念コンサート2018』新日本フィルハーモニー交響楽団 本日のアンコール曲(ソリスト、オーケストラ)

『第九』は上岡を知ったきっかけ。2006年のN響との第九、そして2015年年末の読響との第九。どちらの公演でも良い心持ちになった。

前者のN響とのものはテレビで聞いた。これが上岡の初見。名前すら知らなかった。年の瀬ということもあったろうけれど、泣いたなあ。ビデオ録画したものを何度繰り返して見て聞いただろう。それが今、私の手元にはなく、今聞いたら何を思うのだろう。

後者の読響とのものはホールで聞いた(以前は『日テレオンデマンド』にて見ることのできた本公演は、2018年5月5日現在削除されている)。これがホールでの上岡の初見。年の瀬特有の客の質の低さはともかく、素晴らしい時間だった。ただし、この公演をもって年の瀬の『第九』へは足を運ばなくなってしまったが。

本サイト関連記事:上岡敏之の『第九』

■ 良し悪しは自らの信ずるままに【上岡敏之】指揮・読売日本交響楽団『ベートーヴェン 第九』を聴いた 2016年正月

これらがあって、上岡が新日本フィルに来るならと、小澤征爾がその絶対的な存在であるとはまるで知らなかった新日本フィルに2016年から関心を持ち、私は今に至る。

気が立った本公演は、アンコールで不思議な感覚になった。心が静まったのだ。

ブラームスを聞いて、『第九』を聞いて、興奮熱狂で終わらない。これまでにほとんど経験したことがないような(2015年の上岡の第九を聞いていたから『これだ、これだ』と喜んだとはいえ)、テンポの早い、それでいてふんわりとした心地良さを覚える『第九』の第3楽章を聞いて心が動かされたのに、まさかまさか。

本公演当日の私のメモには『上岡に対する演者の素っ気なさが印象深い。コンサートマスターが足踏みし、それでも賛意を示したのは少なかったように思える』とあるのが気にかかるものの、興味深い公演だった。

(ただし、同じ上岡✕新日本フィルによる、2018年4月22日の横浜みなとみらいホール公演では、それとはまるで異なるものを公演の最後、舞台上に見ることになった。これが素晴らしく、心の中で万歳三唱)

怒りが静まる。天上に連れて行かれたのではないか。平和を祈るに通じるかもしれない。

【東京スカイツリー】をJR・東京メトロ錦糸町駅(東京都墨田区)近く『アルカキット錦糸町』より臨む 2018年3月10日20時過ぎ 雨降らず

『すみだトリフォニーホール開館20周年記念 すみだ平和祈念コンサート2018《すみだ✕広島》 上岡敏之✕新日本フィルハーモニー交響楽団』の概要

  • 音楽会『すみだトリフォニーホール開館20周年記念 すみだ平和祈念コンサート2018《すみだ✕広島》 上岡敏之✕新日本フィルハーモニー交響楽団』
  • 日時:2018年3月10日 土曜日 18時-20時1分頃
  • 場所:すみだトリフォニーホール 東京・錦糸町
  • 演目1:ドヴォルザーク『ヴァイオリン協奏曲』
  • ソリストアンコール:J.S.バッハ『無伴奏パルティータ第2番』よりサラバンド
  • 演目2:ブラームス『交響曲第1番』
  • オーケストラアンコール:ベートーヴェン『交響曲第9番』より第3楽章
  • ヴァイオリン:大江馨
  • コンサートマスター:崔文洙
  • 管弦楽:新日本フィルハーモニー交響楽団
  • 指揮:上岡敏之
  • 備考:同じプログラムで、三重県文化会館にて、翌日の2018年3月11日日曜日に公演がありました。

本記事参考サイト:すみだ平和祈念コンサート アーカイブ丨すみだトリフォニーホール

  • サイト運営管理者:すみだトリフォニーホール、公益財団法人墨田区文化振興財団(すみだトリフォニーホール指定管理者)
  • サイトアドレス:2019年2月5日現在。リンク設定について、詳細不明。
  • http://www.triphony.com/concert/archive/peace_concert/
【東京スカイツリー】をセブンイレブン墨田タワービュー通り店(東京都墨田区)近くより臨む 2018年3月10日17時過ぎ 晴れ

本記事の名称、更新日、出典元、写真撮影日

■ 記事名称:【上岡敏之】指揮・新日本フィル『ブラームス交響曲第1番』を聴いた 2018年春

■ 記事更新日:★2018年3月13日、★2018年3月25日、2018年5月5日、2019年2月5日、2019年3月12日

■ 記事出典元:★Twitter 山上真@makotomys、山上真オフィシャルサイト

■ 写真撮影日:2018年3月9日、2018年3月10日