洋菓子【さなづらゼリー】を食べた 山ぶどうは深く赤く輝く(菓子舗榮太楼:秋田県秋田市)2016年夏

深い紅の鮮やかさ 山葡萄の深いコク、上等な酸味の品の良さ 

『さなづら』よりも酸味が少なく食べやすいが、山葡萄の味の深さはしっかり。

弾力がありとろけはしないが、舌触り滑らかな。

紅茶などを飲まず暫く味の余韻に浸りたい。

深く赤く山葡萄は輝く。お見事。

菓子舗榮太楼【さなづらゼリー】(秋田県)

 

■引用元:Twitter 山上真@makotomys 2016年9月4日

 

菓子舗榮太楼の【さなづらゼリー】(秋田県秋田市)の購入時のもの ゼリーはドーム型のプラスチック製の器に入れられている。さなづらの『な』の字は変体仮名である。

 

菓子舗榮太楼の【さなづらゼリー】(秋田県秋田市)の購入時のもの。

ゼリーはドーム型のプラスチック製の器に入れられている。

ちなみに、さなづらの『な』の字は変体仮名である。ふ、のようにも見える。

 

菓子舗榮太楼の【さなづらゼリー】(秋田県秋田市)を器から出したところ。この写真では黒っぽいが実物は深い赤色である。そのことはゼリーの周りに滲み出た汁の色からも推測ができるものと思う。

 

菓子舗榮太楼の【さなづらゼリー】(秋田県秋田市)を器から出したところ。

この写真では黒っぽいが、実物は深い赤色である。

そのことは、ゼリーの周りに滲み出た汁の色からも推測ができるものと思う。

 

菓子舗榮太楼の【さなづらゼリー】(秋田県秋田市)を器から出したところ。見事なまでの美しい赤い色。フラッシュ撮影したもの。室内の電球が写り込んでいる。某化粧品の新垣結衣のポスターを思い出す。

 

菓子舗榮太楼の【さなづらゼリー】(秋田県秋田市)を器から出したところ。

見事なまでの美しい赤い色。

フラッシュ撮影したもの。室内の電球が写り込んでいる。某化粧品の新垣結衣のポスターを思い出す。

 

菓子舗榮太楼の【さなづらゼリー】(秋田県秋田市)を半分に割ったもの。中には何らかの果実は入っていない。あくまでも山葡萄の果汁だけの真っ向勝負である。

 

菓子舗榮太楼の【さなづらゼリー】(秋田県秋田市)を半分に割ったもの。

中には何らかの果実は入っていない。

あくまでも山葡萄の果汁だけの、真っ向勝負である。

 

菓子舗榮太楼の【さなづらゼリー】(秋田県秋田市)をスプーンですくう。 この深く美しい赤の良さ。酸味が少なく山葡萄の味の深さをそのまま味わうことができる。

 

菓子舗榮太楼の【さなづらゼリー】(秋田県秋田市)をスプーンですくう。

この深く美しい赤の良さ。

酸味が少なく、山葡萄の味の深さをそのまま味わうことができる。

 

洋菓子【さなづらゼリー】の概要

  • 名称:洋菓子【さなづらゼリー】
  • 製造者:株式会社菓子舗榮太楼
  • 住所:〒010-0967 秋田県秋田市高陽幸町9-11
  • 値段:さなづらゼリー6個入り1,450円(税込み)(2017年8月13日、公式サイトによる)
  • 賞味期限:常温90日
  • 撮影年月日:2016年9月4日

本記事参考サイト:菓子舗榮太楼 秋田のお菓子、お土産、和菓子をお取り寄せ!

  • 備考:2016年10月以来、久しぶりに見たサイトに手入れがされていました。高級感が出て、新着の商品紹介もしっかりされていました。良いものです。2017年6月11日現在。
  • サイト管理者:株式会社菓子舗榮太楼
  • サイトアドレス:2017年8月13日現在(サイトの扱いについて不明のためリンクをしない)
    http://www.eitaro.net/

 

菓子舗榮太楼の【さなづらゼリー】(秋田県秋田市)の商品表示。

 

菓子舗榮太楼の【さなづらゼリー】(秋田県秋田市)の商品表示

 

菓子舗榮太楼の【さなづらゼリー】(秋田県秋田市) 深く赤く山葡萄は輝く。見た目通りの舌触り滑らか。ゼリーは溶けずとも心は蕩ける。

 

菓子舗榮太楼の【さなづらゼリー】(秋田県秋田市)

深く赤く山葡萄は輝く。

見た目通りの舌触り滑らか。ゼリーは溶けずとも心は蕩ける。

 

菓子舗榮太楼の【さなづらゼリー】(秋田県秋田市) 紅茶やコーヒーなどを飲まずに少しの間、さなづらゼリーの味の余韻に浸りたい。

 

菓子舗榮太楼の【さなづらゼリー】(秋田県秋田市)

紅茶やコーヒーなどを飲まずに少しの間、さなづらゼリーの味の余韻に浸りたい。

 

以上

  • 記事名:洋菓子【さなづらゼリー】を食べた 山ぶどうは深く赤く輝く(菓子舗榮太楼:秋田県秋田市)2016年夏
  • 記事更新日:2016年9月10日、2016年10月10日、2017年6月11日、2017年8月13日
  • 記事出典元:山上真オフィシャルサイト

【東京駅丸の内駅舎】を見た(東京都千代田区)2016年夏

丸の内駅舎ドームの黄色に、駅舎の赤レンガ

東京駅駅舎(東京都千代田区)の丸の内南口のドーム天井を見上げる。写真左上に見える鳥は大きさおよそ2.1メートルもある『鷲』。
東京駅駅舎(東京都千代田区)の丸の内南口のドーム天井を見上げる。写真左上に見える鳥は大きさおよそ2.1メートルもある『鷲』。

 

東京駅駅舎(東京都千代田区)の丸の内南口 多くの人が行き交う。東京駅の利用客は1日あたりおよそ42万人。
東京駅駅舎(東京都千代田区)の丸の内南口 多くの人が行き交う。東京駅の利用客は1日あたりおよそ42万人。

 

東京駅駅舎(東京都千代田区)の丸の内南口の床。スポットライトを浴びる御仁が。この床を見ると『キン肉マン✕サタンクロス戦』を魔法陣を思い出す。
東京駅駅舎(東京都千代田区)の丸の内南口の床。スポットライトを浴びる御仁が。そんなわけないか。この床を見ると『キン肉マン✕サタンクロス戦』の魔法陣を思い出す。

 

6月以来の東京駅。

その際になかった工事用の白いカバーが、丸の内側の北口~中央口~南口の道路の大半に掛けられていた。

駅舎の一部は隠れて見えないが『顔』を見ることはできる。お見事。

『丸の内駅前広場整備』として2017年春完了予定。

●引用元:Twitter 山上真@makotomys 2016年8月25日

 

東京駅駅舎(東京都千代田区)の中央部 右下に駅名を彫刻した石が見える。長らくの復原工事を経て平成24年(2012年)、大正3年(1914年)開業当時の姿に生まれ変わった。
東京駅駅舎(東京都千代田区)の中央部 左下に駅名を彫刻した石が見える。長らくの復原工事を経て平成24年(2012年)、大正3年(1914年)開業当時の姿に生まれ変わった。

 

東京駅丸の内駅舎の概要

  • 東京駅丸の内駅舎(東京都千代田区)
  • 住所:東京都千代田区丸の内1丁目
  • アクセス1(JR線):中央本線、京浜東北線、山手線、上野東京ライン、東海道線、東海道・山陽新幹線、東北・山形・秋田・北海道・上越・北陸新幹線(長野経由)、総武本線・横須賀線、成田エクスプレス、京葉線。
  • アクセス2:東京メトロ丸ノ内線。その他東京メトロ大手町駅などより徒歩にて。
  • 地図:【Google Maps】https://goo.gl/maps/jM8fuy61ivN2
  • 写真撮影日:2016年8月21日

本記事参考サイト:東京駅丸の内駅舎 | 東京駅が街になる Tokyo Station City

  • 備考:このサイトページでは、東京駅丸の内駅舎に関する『外壁の見どころ』『南北ドームのみどころ』『東京駅丸の内駅舎保存・復原 – 動画 -』を見ることができます。
  • サイト管理者:東京ステーションシティ運営協議会
  • サイトアドレス:2017年6月11日現在(リンク対応について不明のためリンクしない)
    http://www.tokyostationcity.com/tsc/marunouchi/

本記事参考サイト:TOKYOINFO 東京駅構内・周辺情報【トップページ】

  • サイト管理者:株式会社鉄道会館(JR東日本グループ)
  • サイトアドレス:2017年6月11日現在 http://www.tokyoinfo.com/

 

東京駅駅舎(東京都千代田区)の中央部 設計者は日本銀行本店など多くの国指定重要文化財を設計した建築家・辰野金吾。この東京駅駅舎も重要文化財である。
東京駅駅舎(東京都千代田区)の中央部 設計者は日本銀行本店など多くの国指定重要文化財を設計した建築家・辰野金吾。この東京駅駅舎も重要文化財である。

 

以上

  • 記事名:【東京駅丸の内駅舎】を見た(東京都千代田区)2016年夏
  • 記事更新日:2016年9月3日、2016年9月25日、2016年10月5日、2017年6月11日
  • 記事出典元:山上真オフィシャルサイト

和菓子【名代金鍔】【ずんだ金鍔】を食べた きんつばの甘さが抑えられ小豆の旨味が口で踊る(榮太樓總本鋪:東京都中央区)2016年夏

きんつばの黒と白の色の対比の美しさ。甘さが抑えられ小豆の旨味が口で踊る。

久しぶりのきんつば。

小ぶりで少しがっかりしたが、食べ終わればこれはちょうどいい。

甘さ抑えられて塩気あり。

混ぜ物もないから味とともにホッとする。

可愛い店員の「冷たくして召し上がっても美味しいです」になるほどな。

榮太樓總本鋪『名代金鍔』

 

■引用元:Twitter 山上真@makotomys 2016年8月25日

 

榮太樓總本鋪の【名代金鍔】(東京都中央区) 紺色のパッケージに白色で商品名と『榮太楼』の文字。

 

榮太樓總本鋪の【名代金鍔】(東京都中央区)

紺色のパッケージに白色で商品名と『榮太楼』の文字。

 

榮太樓總本鋪の【名代金鍔】(東京都中央区) 読み方は『なだい きんつば』。『名代』はその意味の違いでなだい、みょうだい、なしろと複数の読み方がある。

 

読み方は『なだい きんつば』。

『名代』はその意味の違いで、なだい、みょうだい、なしろと複数の読み方がある。

 

榮太樓總本鋪の【名代金鍔】(東京都中央区) 丸い金鍔。黒い小豆の色と白い小麦の色が合わせってうっすら黄金色。中ほどには黒いごまが載っている。

 

丸い金鍔。

黒い小豆の色と白い小麦の色が合わせってうっすら黄金色。

中ほどには黒いごまが載っている。

 

榮太樓總本鋪の【名代金鍔】(東京都中央区) 金鍔を二つに割る。中の小豆の黒さが顕になり白い小麦の色との対比が美しい。小豆の粒が残っている。

 

金鍔を二つに割る。

中の小豆の黒さが露わになり、白い小麦の色との対比が美しい。

小豆の粒が残っている。

 

榮太樓總本鋪の【名代金鍔】(東京都中央区) 商品表示。ごま油で焼く。保存料などの混ぜものはない。まさに生菓子だ。

 

榮太樓總本鋪の【名代金鍔】(東京都中央区)の商品表示。

ごま油で焼く。

保存料などの混ぜものはない。まさに生菓子だ。

 

ずんだの黄緑色の鮮やかさ。白隠元が枝豆の色も香りも崩さない。

榮太樓總本鋪の【ずんだ金鍔】(東京都中央区) 枝豆の色を反映させたと思われる黄緑色のパッケージに白色で商品名と『榮太楼』の文字。

 

榮太樓總本鋪の【ずんだ金鍔】(東京都中央区)

枝豆の色を反映させたと思われる黄緑色のパッケージに、白色で商品名と『榮太楼』の文字。

 

榮太樓總本鋪の【ずんだ金鍔】(東京都中央区) 『ずんだ』は枝豆、『うぐいす』は青豌豆。東北地方でずんだ、づんだ、じんだとも呼ばれるという。

 

『ずんだ』は枝豆、『うぐいす』は青えんどう豆。

東北地方でずんだ、づんだ、じんだとも呼ばれるという。

 

榮太樓總本鋪の【ずんだ金鍔】(東京都中央区) 丸く黄緑色の金鍔。思いの外黄緑色が輝きまぶしい。中ほどには抹茶が載っている。

 

丸く黄緑色の金鍔。

思いのほか黄緑色が輝きまぶしい。

中ほどには抹茶が載っている。

 

榮太樓總本鋪の【ずんだ金鍔】(東京都中央区) 金鍔を二つに割る。小豆ではなく白隠元と枝豆から成る『ずんだ金鍔』。白隠元の納得感と枝豆の良い香り。

 

金鍔を二つに割る。

小豆ではなく白隠元と枝豆から成る『ずんだ金鍔』。

白隠元の納得感と枝豆の良い香り。

 

榮太樓總本鋪の【名代金鍔】(東京都中央区) 商品表示。ごま油で焼く。食塩が含まれているが小豆の『名代金鍔』のそれよりも控えめに感じられ、甘さの方が強く感じられる。

 

榮太樓總本鋪の【名代金鍔】(東京都中央区)の商品表示。

ごま油で焼く。

食塩が含まれているが小豆の『名代金鍔』のそれよりも控えめに感じられ、甘さの方が強く感じられる。

 

和菓子『名代金鍔』『ずんだ金鍔』の概要

  • 名称:和菓子『名代金鍔』『ずんだ金鍔』
  • 製造者:株式会社榮太樓總本鋪
  • 住所:〒103-0027 東京都中央区日本橋1-2-5
  • 撮影年月日:2016年8月22日

本記事参考サイト:榮太樓總本鋪【トップ】

  • サイト管理者:株式会社榮太樓總本鋪
  • サイトアドレス:2017年8月15日現在(事務局への連絡を求められるためリンクをしない)
    http://www.eitaro.com/

 

榮太樓總本鋪の小さな紙袋(東京都中央区) 左に松の絵柄、右に『榮太樓總本鋪』。その下に「お早めにお召し上がりください」の注意書き。

 

榮太樓總本鋪の小さな紙袋(東京都中央区)

左に松の絵柄、右に『榮太樓總本鋪』。

その下に「お早めにお召し上がりください」の注意書き。

 

榮太樓總本鋪の【名代金鍔(小豆)】と【ずんだ金鍔(枝豆)】のパッケージ。各商品のイメージカラーを下地に商品名と屋号のみの記述が潔い。

 

榮太樓總本鋪の【名代金鍔(小豆)】と【ずんだ金鍔(枝豆)】のパッケージ。

各商品のイメージカラーを下地に、商品名と屋号のみの記述が潔い。

 

榮太樓總本鋪の【ずんだ金鍔】(東京都中央区) 店員いわく「冷やしても召し上がっても美味しいです!」。そのとおり。まさに枝豆だ。
榮太樓總本鋪の【ずんだ金鍔】(東京都中央区) 店員いわく「冷やしても召し上がっても美味しいです!」。そのとおり。まさに枝豆だ。

 

榮太樓總本鋪の【名代金鍔】(東京都中央区) 思ったほど大きくはないが、食べ終わると丁度いい。それが良い。
榮太樓總本鋪の【名代金鍔】(東京都中央区) 思ったほど大きくはないが、食べ終わると丁度いい。それが良い。

 

以上

  • 記事名:和菓子【名代金鍔】【ずんだ金鍔】を食べた きんつばの甘さが抑えられ小豆の旨味が口で踊る(榮太樓總本鋪:東京都中央区)2016年夏
  • 記事更新日:2016年9月3日、2016年10月3日、2017年3月13日、2017年6月11日、2017年8月15日
  • 記事出典元:山上真オフィシャルサイト