洋菓子【お米ほろほろ】を食べた(丸屋本店:新潟県新潟市)2017年夏

見て楽しく、口の中に入れても楽しく、美味しい

色や形は里芋の煮っころがしのよう。それでいて醤油煎餅ではない。

甘い。

発酵バターの深いコク

和三盆糖の控えた甘み

コシヒカリ米粉の微かな味

崩れていくのに残る食感。

 

「本当にホロホロと崩れるんです」。そのように買い求める前に店の人が教えてくれた。

 

株式会社丸屋本店(新潟県新潟市)の洋菓子【お米ほろほろ】の包装された状態のもの。「お米ほろほろは崩れやすくて、個包装には向かないので、このように一袋に入れてあります」と店の人が教えてくれた。袋には『新潟県産コシヒカリ』と記載されている。
株式会社丸屋本店(新潟県新潟市)の洋菓子【お米ほろほろ】の包装された状態のもの。「お米ほろほろは崩れやすくて、個包装には向かないので、このように一袋に入れてあります」と店の人が教えてくれた。袋には『新潟県産コシヒカリ』と記載されている。

 

株式会社丸屋本店(新潟県新潟市)の洋菓子【お米ほろほろ】。改めて写真を見たが、本当に芋の煮っころがしだ。それが辛くなく、甘いクッキーなのだ。この色は和三盆糖のものと思われる。
株式会社丸屋本店(新潟県新潟市)の洋菓子【お米ほろほろ】。改めて写真を見たが、本当に芋の煮っころがしだ。それが辛くなく、甘いクッキーなのだ。この色は和三盆糖のものと思われる。

 

株式会社丸屋本店(新潟県新潟市)の洋菓子【お米ほろほろ】をナイフで切ったところ。崩れやすいので見ての通りになる。米粉(新潟県産コシヒカリのもの)に由来するもので、本当に『ほろほろ』と口のなかで溶けてゆく楽しさ。
株式会社丸屋本店(新潟県新潟市)の洋菓子【お米ほろほろ】をナイフで切ったところ。崩れやすいので見ての通りになる。米粉(新潟県産コシヒカリのもの)に由来するもので、本当に『ほろほろ』と口のなかで溶けてゆく楽しさ。

 

和洋菓子製造販売『丸屋本店』(新潟県新潟市)は私にとって初見の店だが、地元新潟では20店舗以上ある、100年以上続く老舗。

今回は新宿伊勢丹の地下一階、いわゆるデパ地下で催事で来ていたもの。その際の店の二人の接客の丁寧さも、美味しさだ。

少なくとも昨年2016年も、新宿伊勢丹に来ていたとのこと。また本年2017年5月には、ecute(エキュート)東京サウスコート(東京駅)にも来ていたと公式サイトのお知らせにあった。また遠くないうちに口にすることができるような気がしてきた。嬉しいことだ。

 

株式会社丸屋本店(新潟県新潟市)の紙製の袋。『since1878  MARUYA HONTEN』と記載されている。
株式会社丸屋本店(新潟県新潟市)の紙製の袋。『since1878  MARUYA HONTEN』と記載されている。

 

株式会社丸屋本店(新潟県新潟市)の紙製の袋。『創業明治11年 丸屋本店』と記載されている。
株式会社丸屋本店(新潟県新潟市)の紙製の袋。『創業明治11年 丸屋本店』と記載されている。

 

洋菓子【お米ほろほろ】の概要

  • 名称:洋菓子【お米ほろほろ】
  • 発売元:株式会社丸屋本店
  • 住所:〒951-0865 新潟市中央区東堀通6番地1038
  • 撮影年月日:2017年8月25日

本記事参考サイト:新潟菓子司 丸屋本店

  • サイト管理者:株式会社 丸屋本店
  • サイトアドレス:2017年10月1日現在
    http://www.maruyahonten.com/
株式会社丸屋本店(新潟県新潟市)の洋菓子【お米ほろほろ】の商品表示
株式会社丸屋本店(新潟県新潟市)の洋菓子【お米ほろほろ】の商品表示

 

株式会社丸屋本店(新潟県新潟市)の洋菓子【お米ほろほろ】の商品案内書。
株式会社丸屋本店(新潟県新潟市)の洋菓子【お米ほろほろ】の商品案内書。

 

株式会社丸屋本店(新潟県新潟市)の洋菓子【お米ほろほろ】。
株式会社丸屋本店(新潟県新潟市)の洋菓子【お米ほろほろ】。

 

以上

  • 記事名:洋菓子【お米ほろほろ】を食べた(丸屋本店:新潟県新潟市)2017年夏
  • 記事更新日:★2017年8月26日、2017年10月2日
  • 記事出典元:★Twitter 山上真@makotomys、山上真オフィシャルサイト

和菓子【特製えだまめ餅】を食べた(丸屋本店:新潟県新潟市)2017年夏

枝豆の鮮やかさ、美味しさが心を満たす

久しぶりの新宿伊勢丹に入った途端に、目に飛び込んできた果物ゼリーに惹かれた。

こちらは残暑御見舞に求めて、喜んでもらった。

 

えだまめ餅にも惹かれた。

初耳の、幻の枝豆『さかなまめ』は鮮やか。

美味しいでお腹いっぱいの嬉しさ。

 

株式会社丸屋本店(新潟県新潟市)の和菓子【特製えだまめ餅】の個包装された状態のもの。これでは本当に枝豆なのかどうかは分からない。
株式会社丸屋本店(新潟県新潟市)の和菓子【特製えだまめ餅】の個包装された状態のもの。これでは本当に枝豆なのかどうかは分からない。

 

株式会社丸屋本店(新潟県新潟市)の和菓子【特製えだまめ餅】の個包装された状態のもの。真ん中には『丸屋本展』の印のシールが貼付されている。シンプルなデザインの包装が美味しいお菓子の邪魔をしていない。
株式会社丸屋本店(新潟県新潟市)の和菓子【特製えだまめ餅】の個包装された状態のもの。真ん中には『丸屋本展』の印のシールが貼付されている。シンプルなデザインの包装が美味しいお菓子の邪魔をしていない。

 

株式会社丸屋本店(新潟県新潟市)の和菓子【特製えだまめ餅】の個包装から開けたところ。小さなプラスチック製ケースに入れられている。
株式会社丸屋本店(新潟県新潟市)の和菓子【特製えだまめ餅】の個包装から開けたところ。小さなプラスチック製ケースに入れられている。

 

 

株式会社丸屋本店(新潟県新潟市)の和菓子【特製えだまめ餅】の個包装から開けたところ。これだけ見せられれば、こしあんかなつぶあんかなとでも思ってしまう。中を開ければ、鮮やかな緑色の枝豆のあんが詰まっている。
株式会社丸屋本店(新潟県新潟市)の和菓子【特製えだまめ餅】の個包装から開けたところ。これだけ見せられれば、こしあんかなつぶあんかなとでも思ってしまう。中を開ければ、鮮やかな緑色の枝豆のあんが詰まっている。

 

株式会社丸屋本店(新潟県新潟市)の和菓子【特製えだまめ餅】そのものを切り分けたところ。白く柔らかな求肥に薄く包まれた緑の枝豆の餡の見事な鮮やかさ、その量の多さ。『さかなまめ(肴豆)』は収穫期間が短くそれだけ収穫量も少ないことから、『幻の枝豆』と称されているそう。
株式会社丸屋本店(新潟県新潟市)の和菓子【特製えだまめ餅】そのものを切り分けたところ。白く柔らかな求肥に薄く包まれた緑の枝豆の餡の見事な鮮やかさ、その量の多さ。『さかなまめ(肴豆)』は収穫期間が短くそれだけ収穫量も少ないことから、『幻の枝豆』と称されているそう。

 

株式会社丸屋本店(新潟県新潟市)の和菓子【特製えだまめ餅】の切り開いたところ。普通のえだまめ餅もあるそうだが、夕方に足を運んだときには売り切れていた。だから仕方なく特製えだまめ餅を求めたのではなく、美味しそうだったから。このような直感、有り難いことに大当たりだった。
株式会社丸屋本店(新潟県新潟市)の和菓子【特製えだまめ餅】の切り開いたところ。普通のえだまめ餅もあるそうだが、夕方に足を運んだときには売り切れていた。だから仕方なく特製えだまめ餅を求めたのではなく、美味しそうだったから。このような直感、有り難いことに大当たりだった。

 

和菓子【特製えだまめ餅】の概要

  • 名称:和菓子【特製えだまめ餅】
  • 発売元:株式会社丸屋本店
  • 住所:〒951-0865 新潟市中央区東堀通6番地1038
  • 撮影年月日:2017年8月23日

本記事参考サイト:新潟菓子司 丸屋本店

  • サイト管理者:株式会社 丸屋本店
  • サイトアドレス:2017年10月1日現在
    http://www.maruyahonten.com/
株式会社丸屋本店(新潟県新潟市)の和菓子【特製えだまめ餅】の商品表示
株式会社丸屋本店(新潟県新潟市)の和菓子【特製えだまめ餅】の商品表示

 

株式会社丸屋本店(新潟県新潟市)の和菓子【特製えだまめ餅】の切り開いたところ。
株式会社丸屋本店(新潟県新潟市)の和菓子【特製えだまめ餅】の切り開いたところ。

 

株式会社丸屋本店(新潟県新潟市)の和菓子【特製えだまめ餅】。
株式会社丸屋本店(新潟県新潟市)の和菓子【特製えだまめ餅】。

 

以上

  • 記事名:和菓子【特製えだまめ餅】を食べた(丸屋本店:新潟県新潟市)2017年夏
  • 記事更新日:★2017年8月26日、2017年10月1日、2017年10月2日
  • 記事出典元:★Twitter 山上真@makotomys、山上真オフィシャルサイト

【モード学園コクーンタワー】を新宿駅近くで見た(東京都新宿区)2017年夏

モード学園コクーンタワーを小田急ハルク(ビックカメラ新宿西口店入居)近くから見る

写真のうち一番高いビルが、モード学園コクーンタワー(東京都新宿区)。小田急ハルク(ビックカメラ新宿西口店入居)近くから見たもの。
写真のうち一番高いビルが、モード学園コクーンタワー(東京都新宿区)。小田急ハルク(ビックカメラ新宿西口店入居)近くから見たもの。

 

写真のうち一番高いビルが、モード学園コクーンタワー(東京都新宿区)。その足元にある形のビル2つの左が新宿スバルビル(『SUBARU』の青い看板)。その右が松岡セントラルビル(『東京アカデミー』の看板)。
写真のうち一番高いビルが、モード学園コクーンタワー(東京都新宿区)。その足元にある形のビル2つの左が新宿スバルビル(『SUBARU』の青い看板)。その右が松岡セントラルビル(『東京アカデミー』の看板)。

 

写真のうち一番高いビルが、モード学園コクーンタワー(東京都新宿区)。小田急ハルク(ビッグカメラ新宿西口店入居)近くから見たもの。この歩道橋ではサルスベリを見ることができた。
写真のうち一番高いビルが、モード学園コクーンタワー(東京都新宿区)。小田急ハルク(ビックカメラ新宿西口店入居)近くから見たもの。この歩道橋ではサルスベリを見ることができた。

 

モード学園コクーンタワー(東京都新宿区)。ここまで近づくと、建物に『MODE』(東京モード学園)、『HAL』(HAL東京)、『IKO』(首都医校)の看板が設置されていることが分かる。いずれもここに入居している、学校法人日本教育財団(旧・学校法人モード学園)が運営する専門学校である。
モード学園コクーンタワー(東京都新宿区)。ここまで近づくと、建物に『MODE』(東京モード学園)、『HAL』(HAL東京)、『IKO』(首都医校)の看板が設置されていることが分かる。いずれもここに入居している、学校法人日本教育財団(旧・学校法人モード学園)が運営する専門学校である。

 

モード学園コクーンタワー(東京都新宿区)を小田急ハルク(ビックカメラ新宿西口店入居)近くから見る。
モード学園コクーンタワー(東京都新宿区)を小田急ハルク(ビックカメラ新宿西口店入居)近くから見る。

 

モード学園コクーンタワーの概要

  • 名称:学校法人専門学校東京モード学園総合校舎 モード学園コクーンタワー
  • 住所:〒160-0023 東京都新宿区西新宿1-7-3
  • 交通アクセス1:JR・東京メトロ・小田急線・京王線 新宿駅 徒歩3分
  • 地図:【Google Map】https://goo.gl/maps/zqEGuFBpNq62

本記事参考サイト:問合せ/アクセス|専門学校 東京モード学園

  • サイト管理者:学校法人・専門学校モード学園
  • サイトアドレス:2017年9月10日現在
    https://www.mode.ac.jp/tokyo/access

本記事参考サイト:モード学園コクーンタワー | 丹下都市建築設計

  • 備考:丹下都市建築設計は、モード学園コクーンタワーの設計を担当しました。
  • サイト管理者:株式会社丹下都市建築設計
  • サイトアドレス:2017年9月10日現在
    https://www.tangeweb.com/project/modegakuen/
モード学園コクーンタワー(東京都新宿区)を損保ジャパン日本興亜本社ビル近くから見る。
モード学園コクーンタワー(東京都新宿区)を損保ジャパン日本興亜本社ビル近くから見る。

 

以上

  • 記事名:【モード学園コクーンタワー】を新宿駅近くで見た(東京都新宿区)2017年夏
  • 記事更新日:2017年9月9日、2018年6月24日
  • 記事出典元:山上真オフィシャルサイト
  • 写真撮影日:2017年8月20日