【オッコ・カム】指揮・新日本フィル『シベリウス交響曲第2番』を聴いた 2018年春

サッリネン 歌劇<宮殿>序曲

曲自体が頭に残らずとも、好印象のサッリネン。

ホールで聞くべき曲だ。

弦が弱いと感じたが、シベリウスの演奏を聞いてから思うに、意図的な音ではないかと思いを改めた。

ニールセン フルート協奏曲

ニールセンはソリストの音にピンとこない場面があったが、フルートって素晴らしいと思わせてくれた人の協奏曲の演奏が聞けて嬉しい。彼だからこの曲を聞きにホールに足を運ぼうと思ったぐらい。

楽譜あり。眼鏡あり。

フルートの美しい音や他の楽器との掛け合いが楽しく面白い。クラリネット、ヴィオラなど。

第2楽章にて眠くなる。第1楽章は楽しく聞いていたが。それも、実演ならではで、ホールで聞くべき曲だ。

シベリウス 交響曲第2番

シベリウスは最初の音が良く、これだ。

第4楽章に移る前後は身体が大きく震え、終わりの絶頂がたまらない。

自然に思われる演奏、テンポなのに見得を切るかのような格好良さ。

名匠、オーケストラに、最後のティンパニも拍手喝采。

しかし2か3の楽章で眠くなった。これは惜しいこと。

第4楽章に入るプロセスのもやもやとした音が良い。足りないのではない。満ち足りた『もやもや』である。

第4楽章は素晴らしい演奏だった。見栄を張るわけでない自然な演奏、リズム、テンポであるにもかかわらず、見得を切るを演奏のようでばっちりだ。

最後も合奏が素晴らしい。

金管もいくつか音が外れたが、良い音だった。

『新日本フィルハーモニー交響楽団 第14回ルビー<アフタヌーン・コンサート・シリーズ>』の概要

  • 音楽会『新日本フィルハーモニー交響楽団 第14回ルビー<アフタヌーン・コンサート・シリーズ>』の概要
  • 日時:2018年4月14日 土曜日 14時-
  • 場所:すみだトリフォニーホール 東京・錦糸町
  • 演目1:サッリネン『歌劇<宮殿>序曲』
  • 演目2:ニールセン『フルート協奏曲』
  • 演目3:シベリウス『交響曲第2番』
  • アンコールは前半も後半もなし。
  • フルート:白尾彰
  • コンサートマスター:豊嶋泰嗣
  • 管弦楽:新日本フィルハーモニー交響楽団
  • 指揮:オッコ・カム
  • 備考:同じプログラム、場所で、前日の2018年4月13日金曜日14時より公演がありました。

本記事参考サイト:♯14 ルビー <アフタヌーン コンサート・シリーズ>

  • 備考:ソリストを新日本フィルフルート首席奏者である白尾彰が務め、指揮にオッコ・カムを迎えた演奏会の情報です。
  • サイト管理者:公益財団法人新日本フィルハーモニー交響楽団
  • サイトアドレス:2019年1月11日現在。
  • https://www.njp.or.jp/concerts/3444

本記事の名称、更新日、出典元、写真撮影日

■ 記事名称:【オッコ・カム】指揮・新日本フィル『シベリウス交響曲第2番』を聴いた 2018年春

■ 記事更新日:★2018年4月30日、2018年6月7日、2018年9月7日、2019年1月11日

■ 記事出典元:★Twitter 山上真@makotomys、山上真オフィシャルサイト

■ 写真撮影日:2018年4月14日

【東京駅】散歩 軍配団扇、痴漢撲滅ポスター(東京駅:東京都千代田区)2018年春

街【東京駅】2018年春。丸の内駅舎、軍配団扇、痴漢撲滅キャンペーンのポスター。

軍配団扇 丸の内駅舎、地下ホームに行く途中にて

2018年4月14日 土曜日

東京駅の総武線快速、横須賀線ほかの地下ホームに行く途中で見たもの。

東京駅丸の内駅舎の門扉でお馴染みのデザイン。

街【東京駅】2018年春、東京駅丸の内駅舎。

菊よりも軍配団扇の方がピンとくるが、これだけ見ればそれとも思えず。

相変わらず駅舎は記念撮影、インスタの嵐だが、こちらは誰も彼も素通りなのが面白い。

街【東京駅】2018年春、東京駅地下ホームに行く途中にて軍配団扇。

 

痴漢撲滅キャンペーンのポスター

東京駅地下ホーム。

関東エリアのJRと私鉄、警察による『痴漢撲滅キャンペーン』のポスター。

痴漢や盗撮や、強制わいせつの犯罪者(人権侵害者)はこれを見てもどうとも思わないのだろう。

なぜメンバーは多数の者に庇われ、自らは復活できると思うのか。

街【東京駅】2018年春、東京駅地下ホームにて痴漢撲滅キャンペーンのポスター。

入院して逃亡できるのは、政治家かメンバーか。

あっ、5月23日には監督も加わった。

夏が来たわけではないけれど、昨今はわいせつ犯罪者のニュースを見聞きすると、メンバーを思い出す。

本記事参考サイト:痴漢撲滅キャンペーンを6月1日(金)から実施します。 | 東京都交通局

  • 備考:痴漢撲滅キャンペーンは毎年のように行われているそうです。本年2018年は6月1日から15日までをキャンペーン期間とし、関東エリアの鉄道事業者21社局、警察庁、警視庁、埼玉県警察、千葉県警察、神奈川県警察が主体となり、ポスターの掲出、電車内や駅構内での呼びかけ、関係イベントを実施するなどを行います。
  • サイト運営管理者:東京都交通局
  • サイトアドレス:2018年6月1日現在。リンク設定方針について、トップページに限られるため、リンクを設定しない。
  • https://www.kotsu.metro.tokyo.jp/pickup_information/news/subway/2018/sub_p_201805288026_h.html

 

以上

  • 記事名称:【東京駅】散歩 軍配団扇、痴漢撲滅ポスター(東京駅:東京都千代田区)2018年春
  • 記事更新日:★2018年4月30日、2018年6月1日
  • 記事出典元:★Twitter 山上真@makotomys、山上真オフィシャルサイト
  • 写真撮影日:2018年4月14日、2018年4月22日(丸の内駅舎)

【鳥南ばんそば】を四谷で食べた(浅野屋・四谷三丁目駅)2018年春

温かいそば【鳥南ばんそば】浅野屋(四谷三丁目駅・東京都新宿区)

消防博物館のある交差点を南、信濃町駅方向に徒歩3分ほど

初来店。

土曜日の昼時で客足ほどほど。

すぐに冷たい麦茶を。おかわりも。

蕎麦屋【浅野屋】(四谷三丁目駅:東京都新宿区)

 

さほど待たずあっつあつの鳥南ばんそばは、中身も器も熱くて良い

器は陶器、れんげは木製。安っぽくない。

緑がかったそば。細い。

つゆはマイルドで万人向け。

皮付きの大きな鳥が4つ5つ。長ねぎ短冊(別途皿盛りあり)、わかめ、なると。

蕎麦屋【浅野屋】(四谷三丁目駅:東京都新宿区)

 

店先に藤の花

御婦人集団が揃いも揃って天ぷらそばって、良いねえ。

その中に藤娘がいたかは知らないが、店先に藤の花。

今年はサクラ散るのが早かったが、すぐさま目に嬉しいムラサキ。小さかろうと抜き出る存在感。

蕎麦屋【浅野屋】(四谷三丁目駅:東京都新宿区)。店先の藤の花。

すぐにいただきます、ゆっくり腰を据えてすすって御馳走様。安い早いではこうはいかず、少し贅沢な時間。

店内の雰囲気も落ち着き、調理場は活気あり良かった。

 

四谷三丁目駅近くの蕎麦屋『浅野屋』の概要

  • 名称:浅野屋
  • 住所:〒160-0017 東京都新宿区左門町13
  • アクセス1:東京メトロ丸の内線 四谷三丁目駅 徒歩3分
  • アクセス2:JR総武線 信濃町駅 徒歩8分
  • 営業時間1:
  • 営業時間2:
  • 休日:
  • 地図アドレス(GoogleMap):https://goo.gl/maps/y5NaEe3zTb82
  • 値段:鳥南ばんそば 800円。
  • 備考:公式サイトは見当たりません(2018年5月25日現在)。

蕎麦屋【浅野屋】(四谷三丁目駅:東京都新宿区)。店先の藤の花。

 

以上

  • 記事名称:【鳥南ばんそば】を四谷で食べた(浅野屋・四谷三丁目駅)2018年春
  • 記事更新日:★2018年4月29日、2018年5月25日
  • 記事出典元:★Twitter 山上真@makotomys、山上真オフィシャルサイト
  • 写真撮影日:2018年4月14日