株式会社丸屋本店(新潟県新潟市)の和菓子【特製えだまめ餅】そのものを切り分けたところ。白く柔らかな求肥に薄く包まれた緑の枝豆の餡の見事な鮮やかさ、その量の多さ。『さかなまめ(肴豆)』は収穫期間が短くそれだけ収穫量も少ないことから、『幻の枝豆』と称されているそう。

和菓子【特製えだまめ餅】を食べた(丸屋本店:新潟県新潟市)2017年夏

枝豆の鮮やかさ、美味しさが心を満たす

久しぶりの新宿伊勢丹に入った途端に、目に飛び込んできた果物ゼリーに惹かれた。

こちらは残暑御見舞に求めて、喜んでもらった。

 

えだまめ餅にも惹かれた。

初耳の、幻の枝豆『さかなまめ』は鮮やか。

美味しいでお腹いっぱいの嬉しさ。

 

株式会社丸屋本店(新潟県新潟市)の和菓子【特製えだまめ餅】の個包装された状態のもの。これでは本当に枝豆なのかどうかは分からない。
株式会社丸屋本店(新潟県新潟市)の和菓子【特製えだまめ餅】の個包装された状態のもの。これでは本当に枝豆なのかどうかは分からない。

 

株式会社丸屋本店(新潟県新潟市)の和菓子【特製えだまめ餅】の個包装された状態のもの。真ん中には『丸屋本展』の印のシールが貼付されている。シンプルなデザインの包装が美味しいお菓子の邪魔をしていない。
株式会社丸屋本店(新潟県新潟市)の和菓子【特製えだまめ餅】の個包装された状態のもの。真ん中には『丸屋本展』の印のシールが貼付されている。シンプルなデザインの包装が美味しいお菓子の邪魔をしていない。

 

株式会社丸屋本店(新潟県新潟市)の和菓子【特製えだまめ餅】の個包装から開けたところ。小さなプラスチック製ケースに入れられている。
株式会社丸屋本店(新潟県新潟市)の和菓子【特製えだまめ餅】の個包装から開けたところ。小さなプラスチック製ケースに入れられている。

 

 

株式会社丸屋本店(新潟県新潟市)の和菓子【特製えだまめ餅】の個包装から開けたところ。これだけ見せられれば、こしあんかなつぶあんかなとでも思ってしまう。中を開ければ、鮮やかな緑色の枝豆のあんが詰まっている。
株式会社丸屋本店(新潟県新潟市)の和菓子【特製えだまめ餅】の個包装から開けたところ。これだけ見せられれば、こしあんかなつぶあんかなとでも思ってしまう。中を開ければ、鮮やかな緑色の枝豆のあんが詰まっている。

 

株式会社丸屋本店(新潟県新潟市)の和菓子【特製えだまめ餅】そのものを切り分けたところ。白く柔らかな求肥に薄く包まれた緑の枝豆の餡の見事な鮮やかさ、その量の多さ。『さかなまめ(肴豆)』は収穫期間が短くそれだけ収穫量も少ないことから、『幻の枝豆』と称されているそう。
株式会社丸屋本店(新潟県新潟市)の和菓子【特製えだまめ餅】そのものを切り分けたところ。白く柔らかな求肥に薄く包まれた緑の枝豆の餡の見事な鮮やかさ、その量の多さ。『さかなまめ(肴豆)』は収穫期間が短くそれだけ収穫量も少ないことから、『幻の枝豆』と称されているそう。

 

株式会社丸屋本店(新潟県新潟市)の和菓子【特製えだまめ餅】の切り開いたところ。普通のえだまめ餅もあるそうだが、夕方に足を運んだときには売り切れていた。だから仕方なく特製えだまめ餅を求めたのではなく、美味しそうだったから。このような直感、有り難いことに大当たりだった。
株式会社丸屋本店(新潟県新潟市)の和菓子【特製えだまめ餅】の切り開いたところ。普通のえだまめ餅もあるそうだが、夕方に足を運んだときには売り切れていた。だから仕方なく特製えだまめ餅を求めたのではなく、美味しそうだったから。このような直感、有り難いことに大当たりだった。

 

和菓子【特製えだまめ餅】の概要

  • 名称:和菓子【特製えだまめ餅】
  • 発売元:株式会社丸屋本店
  • 住所:〒951-0865 新潟市中央区東堀通6番地1038
  • 撮影年月日:2017年8月23日

本記事参考サイト:新潟菓子司 丸屋本店

  • サイト管理者:株式会社 丸屋本店
  • サイトアドレス:2017年10月1日現在
    http://www.maruyahonten.com/
株式会社丸屋本店(新潟県新潟市)の和菓子【特製えだまめ餅】の商品表示
株式会社丸屋本店(新潟県新潟市)の和菓子【特製えだまめ餅】の商品表示

 

株式会社丸屋本店(新潟県新潟市)の和菓子【特製えだまめ餅】の切り開いたところ。
株式会社丸屋本店(新潟県新潟市)の和菓子【特製えだまめ餅】の切り開いたところ。

 

株式会社丸屋本店(新潟県新潟市)の和菓子【特製えだまめ餅】。
株式会社丸屋本店(新潟県新潟市)の和菓子【特製えだまめ餅】。

 

以上

  • 記事名:和菓子【特製えだまめ餅】を食べた(丸屋本店:新潟県新潟市)2017年夏
  • 記事更新日:★2017年8月26日、2017年10月1日、2017年10月2日
  • 記事出典元:★Twitter 山上真@makotomys、山上真オフィシャルサイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)