上野東照宮(東京都台東区)の拝殿を見上げる02

神社【上野東照宮】に行った 神々しい金色の輝きにあやかる(東京都台東区)2016年冬

初拝観 上野東照宮の社殿

平成28年1月14日 朝から快晴のなか

を経まして、15時30分過ぎに足を運びましたのは『上野東照宮』です。

上野東照宮は昨年の秋の『モネ展』の帰りに初めて訪れましたがその際は唐門まででした。その社殿を目の前にすることは今回が初めてです。

 

社殿は賽銭箱のある唐門の左手、お札授与所の横にある入口より入ります

大きな鳥居をくぐりまして、真っ直ぐに行きますと唐門(ここに賽銭箱があります。ここまでは無料)、その奥に社殿があります。

社殿の拝観料は、大人(中学生以上)500円です

社殿を間近に見る際は、拝観料が必要になります。社殿の拝観料は大人500円です。

賽銭箱のある唐門の向かって左側に、御守やおみくじ、御朱印などを扱っている『お札授与所』がありますので、そちらで拝観料を払います。

私はぼたん苑と社殿といずれも足を運ぶ予定でしたので、ぼたん苑の入口で『拝観・入苑共通券』を買いました。1,100円です。ぼたん苑の入園料は大人700円ですから、100円得したことになります。

 

社殿へ行く途中の灯籠そして御神木、御狸様

お札授与所の横にある拝観入口を通って社殿へと進みます。

その途中は、石畳の道があり、その左側に灯籠が、右側に塀があります。

上野東照宮(東京都台東区)の社殿へ行く道
上野東照宮(東京都台東区)の社殿へ行く道
上野東照宮(東京都台東区)の社殿へ行く道にある石灯籠
上野東照宮(東京都台東区)の社殿へ行く道にある石灯籠

石畳の道の途中に、左側に向かって伸びている石の列があります。

その先にあるのは大楠、これが上野東照宮の御神木です。幹の太さは8メートル以上あるとのこと。

上野東照宮(東京都台東区)の御神木
上野東照宮(東京都台東区)の御神木

その奥にあるのは『栄誉権現社』。御狸様ともよばれ、御狸様が鎮座しています。

『他を抜く』狸として受験、就職、必勝の神様として信仰されているとのこと。御守にもその関連のものがありました。

上野東照宮(東京都台東区)の栄誉権現社(お狸様)
上野東照宮(東京都台東区)の栄誉権現社(お狸様)

社殿を囲む透塀 締まった赤茶色が金色を引き立て動物、植物の彫刻が守る

石畳の向かって左側の塀、その奥に社殿があります。

この塀は『透塀』(すきべい)と言って、こちらからも向こうからも緑の部分の塀を通して見えるようになっています。

この写真では分からないのですが、塀の上部、また下部には動物や植物などが彫刻されています。この彫刻には金が施され絵の具が塗られています。

それが大多数ありまして、これだけ見ていっても楽しい時間を過ごすことができます。ご丁寧に、その動物や植物の名称が分かるように一つひとつシールが貼ってあります。

上野東照宮(東京都台東区)の社殿を囲む透塀
上野東照宮(東京都台東区)の社殿を囲む透塀

 

神々しい金色の社殿にあやかる

透塀の入口を通りまして、いよいよ『社殿』を拝観します。

上野東照宮の社殿の歴史、特色は、上野東照宮によると次のとおりです。

1651年(慶安四年)造営。国指定重要文化財。

文化財保護の為、社殿内は非公開としております。

参道側から拝殿、幣殿(石の間)、本殿の三つの部屋から構成される権現造りです。金色殿とも呼ばれています。

  • 出典元:上野東照宮パンフレット より引用しました。

社殿の左側を見る

社殿の真正面側ではなく、その横側から入ることになります。

まずもって目に入ってきたのは、金色です。社殿が金色、まばゆい輝き。私は近年、これほどの輝きを見た覚えはありません。

この日は15時30分過ぎに拝観しました。その際は、拝殿正面から向かって左側に陽の光があたってこのような輝きを生み出したようです。

上野東照宮(東京都台東区)の本殿
上野東照宮(東京都台東区)の本殿
上野東照宮(東京都台東区)の社殿を横から見る
上野東照宮(東京都台東区)の社殿を横から見る

これだけ立派なものですが、拝観者は私一人。一人でゆったりと金色に包まれていました。その時間が20分ほど続いて、数人の修学旅行生と思しき人々、外国人の人々が拝観していました。

社殿を向かって右へと進み、唐門の裏側に出る

透塀の入口から入って右側に進みますと、右手に唐門。左手に拝殿(社殿の最も手前の部屋のこと)があります。

『唐門』は賽銭箱のあるところですから無料で誰もがみることができますが、唐門の裏側は、社殿拝観の際に限り見ることができます。それが次の写真です。

上野東照宮(東京都台東区)の唐門を裏から見る
上野東照宮(東京都台東区)の唐門を裏から見る
上野東照宮(東京都台東区)の唐門の葵の御紋
上野東照宮(東京都台東区)の唐門の葵の御紋

よく見てみますと、表側も相当に凝った作りをしていますが、裏側も負けず劣らず。金箔による金色が全体に、そして細やかかつ大胆な彫刻。唐門の正面の門の両隣にある赤茶色の門には、金色に輝く葵の御紋が見えます。

上野東照宮の社殿の正面、拝殿

そして『拝殿』です。

この写真は斜めから見たところ。4つの柱、そして扉が金色。あらゆる部分が金色です。金色、目が眩むとはこのことです。恐れ入りました。

なお社殿の中は非公開ということ。インターネット上で情報を調べてみますと、それなりの情報、写真がでてきます。

上野東照宮(東京都台東区)の拝殿を斜めから見る
上野東照宮(東京都台東区)の拝殿を斜めから見る
上野東照宮(東京都台東区)の拝殿を遠くから見る
上野東照宮(東京都台東区)の拝殿を遠くから見る
上野東照宮(東京都台東区)の拝殿
上野東照宮(東京都台東区)の拝殿
上野東照宮(東京都台東区)の拝殿を見上げる
上野東照宮(東京都台東区)の拝殿を見上げる

次には早い時間に足を運んで参拝したい。違う顔、雰囲気をみることができるのではないでしょうか。

私は信心深いわけではありませんからなかなか神社や寺、教会に足を運ぶことはないのですが、それでもお許しいただけるのであれば、機会を得たいです。

拝観を終えて、社殿の向かって右側から外に出て、唐門の表側の場所に出てきます。

お札授与所に寄って、親と知り合いの生まれたばかりの子供に御守を求めて(子供向けのパンダを刺繍した御守があります)16時15分過ぎに失礼しました。陽の出ていた昼間は暖かかった日で上着のボタンもはずしていましたが、失礼する頃にはマフラーを首に巻きました。

上野東照宮(東京都台東区)の唐門と参拝者
上野東照宮(東京都台東区)の唐門と参拝者
上野東照宮(東京都台東区)の石畳の表参道を帰る
上野東照宮(東京都台東区)の石畳の表参道を帰る

この後、上野公園、東京藝術大学、鶯谷、上野と歩いて、新橋で夕食を求めて、溜池山王へと足を運びました。この日のフィナーレは、読売日本交響楽団第554回定期演奏会、ミヒャエル・ボーダー指揮のツェムリンスキー『交響詩 人魚姫』その他でありました。

 

上野東照宮(東京都台東区)の社殿を横から見る02

 

上野東照宮(東京都台東区)の本殿02

 

上野東照宮(東京都台東区)の唐門を裏から見る02

 

上野東照宮(東京都台東区)の拝殿を見上げる02

 

上野東照宮の概要

  • 名称:上野東照宮
  • 住所:〒110-0007 東京都台東区上野公園9-88
  • 交通アクセス1:JR上野駅公園口より徒歩5分
  • 交通アクセス2:東京メトロ千代田線根津駅より徒歩10分
  • 備考:下記のサイトにて、期間限定で巫女を5名ほど募集しています(平成28年2月18日現在)

記事関連サイト:上野東照宮公式ホームページ

  • サイト管理者:上野東照宮
  • サイトアドレス:2016年4月2日現在(リンクの対応について未詳のためリンクをしない)
    http://www.uenotoshogu.com/

 

  • 記事名:神社【上野東照宮】に行った 神々しい金色の輝きにあやかる(上野東照宮:東京都台東区)2016年冬
  • 記事更新日:2016年2月18日、2016年4月2日
  • 記事出典元:山上真オフィシャルサイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)