女優【若尾文子】情報番組『ゆうどきネットワーク』NHK、2012年

【若尾文子】の情報番組『ゆうどきネットワーク』(平成24年4月26日)を見た 生まれ変わったら、またぜひ 2012年春

女優【若尾文子】情報番組『ゆうどきネットワーク』NHK、2012年

若尾文子登場 大舞台に一人立ちスポットライトを浴びるように

髪を上げて品よく和服での登場、かと思いきやそうではない。

髪を肩ほどまで下ろして艶やかに、紫と黒の洋服で登場。

朝の連続テレビ小説『おひさま』(主演:井上真央)で、和服姿の丸山陽子役の印象が強く残っているせいか肩透かしをくらったような。

いやさすがは女優。

雰囲気が、画面が、引き締まります。

本記事関連サイト:連続テレビ小説「おひさま」 | NHKドラマ

  • サイト管理者:NHK
  • サイトアドレス:2017年11月2日現在
    http://www6.nhk.or.jp/drama/pastprog/detail.html?i=asadora84

 

夫・黒川紀章のこと

夫である黒川紀章の健康管理のため、若尾文子は毎朝4時に起きて朝食作っていました。

若尾文子

「建築のこと、私が手伝えるわけがないでしょう。

彼のために健康管理しかできない。

だから美味しくなくても食事をつくって健康管理をしていました。」

「お互いすれ違って会えず夜遅いから先に寝ててって言われていたので。

次の日の予定などを手紙にして渡してそれは私ももらっていました。

その手紙を黒川がとっていたんですね。

たまに書斎に入ると、そのままにしてあるので見るんです。」

黒川紀章の多彩な肩書

追記 2016年3月20日

黒川紀章は肩書が多すぎてなんだか分かりません。

私の中での印象は建築家であり、選挙に落ちた人。昔の凄い実績があってもリアルタイムで接していないので分からなかったのです。

建築物として目に見える実績があっても、少なくとも子供には建築物の凄さはよく分からない。若尾文子の映画作品、テレビドラマ作品などと比べれば余計に思うところです。

彼が設計した東京・六本木の国立新美術館、まだ縁がなく足を運んでみたいのですが。

本記事関連サイト:Kisho Kurokawa(黒川紀章略歴について)

  • サイト管理者:株式会社黒川紀章建築都市設計事務所
  • サイトアドレス:2017年11月2日現在(リンクに関する扱い不明のためリンクしない)
    http://www.kisho.co.jp/page/11.html

ここまで追記。

 

テレビプロデューサー、舞台演出家の石井ふく子とは旧知の間柄

舞台の仕事も一緒にしています。

その舞台でのある場面を石井ふく子は語ります。

石井ふく子

「舞台稽古に黒川さんがいらしてて挨拶にいったんです。

そうしたら黒川さんが(若尾は)きれいですね、って言うんです。

素晴らしいですよね。」

 

今後の映画への出演は、と問われて

映画への出演は2005年の『春の雪』以来ありません。

その出演も、1987年の『竹取物語』以来でした。近年のTVドラマやCMでの存在感。映画女優としての活躍を見てきた人からすると意外かもしれません。

若尾文子

「生まれ変わったら、また、ぜひ。

えっ、今だったら…やまんば。あっ、やまんばじゃ分からないか、

鬼ばばで。」

 

番組ではこの他に溝口健二、松村雄基、若さの秘訣

映画監督・溝口健二について「窮鼠猫を噛むっていうんですか」

俳優・松村雄基によると若尾文子は「もうチーズを食べない!とおっしゃって」

自身の若さ、美貌の秘訣について「なんだろう…食べ過ぎないこと。あら、これ大事ですよ」

 

称賛非難色々あっても長く生きていれば それが難しい

色々なことを表に出すか出さないか、出させるか出させないか。

そのことを覚えているか覚えていないか、忘れているかいないか。

あえて触れない、あえて触れさせない。実像、偶像をつくりあげること。

非難中傷を思い出したくない。

離婚、長年待っての再婚。

国政選挙立候補も惨敗。

人間長く生きていれば色々なことがあっておかしくないでしょう。

「長く生きていれば」。これが難しい。

 

福島県・三春の桜

若尾文子のコーナーが終わり、スタジオを後にします。

本番組の冒頭、福島県三春市の滝桜についてのコーナーがありました。

樹齢1千年以上のしだれ桜。滝が流れるように花が咲き乱れるそうです。若尾文子はこう言ってスタジオを後にしたそうです。

若尾文子

「三春の桜、きれいだったわねえ」

 

若尾文子が出演した情報番組『ゆうどきネットワーク』の概要

  • 情報番組『ゆうどきネットワーク』
  • 番組コーナー:『人生ドラマチック 輝ける”オトコタチ”との出会い~女優・若尾文子さん~』
  • 放送日時:2012年4月26日 16時50分-18時のコーナーの一つ
  • 放送局:NHK系列
  • サイト:NHKオンライン「ゆうどきネットワーク」2015年12月28日現在リンクなし

本記事関連サイト:若尾文子|WAKAO AYAKO OFFICIAL WEBSITE

  • 備考:サイトにはサイト管理者に関する記載がなく、『News』ページのArchivesが2014年9月で止まっていることにご留意ください。
  • サイト管理者:wakaoayako.com(詳細不明)
  • サイトアドレス:2017年11月2日現在(リンクに関する扱い不明のためリンクしない)
    http://www.wakaoayako.com/index.html

本記事関連サイト:若尾文子 映画祭 青春|トップ

  • 備考:2015年夏および冬、東京・新宿そのほかで行われた『若尾文子映画祭 青春』。結局1回しか足を運べませんでしたが、良い時間でした。初めて観たのにあっという間。それでいて濃厚、良質。私が観たのは『刺青』(監督:増村保造)です。
  • サイト管理者:株式会社KADOKAWA
  • サイトアドレス:2017年11月2日現在(リンクに関する扱い不明のためリンクしない)
    http://cinemakadokawa.jp/ayakoseishun/

 

以上

  • 記事名:【若尾文子】の情報番組『ゆうどきネットワーク』(平成24年4月26日)を見た 生まれ変わったら、またぜひ 2012年春
  • 記事更新日:2012年5月6日、2015年12月28日、2016年1月3日、2016年3月20日、2016年10月31日、2017年5月15日、2017年11月2日
  • 記事出典元:山上真の「本当に笑顔にできるんですか!!」「女優・若尾文子さん 人生ドラマチック」ゆうどきネットワーク240426 NHK情報番組視聴雑感

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)