薬師丸ひろ子の映画【Wの悲劇】1984年、監督澤井信一郎。2018年3月神保町シアター(東京・神保町)にて。

薬師丸ひろ子の映画『Wの悲劇』(昭和59年12月)を劇場で観た(神保町シアター:東京都千代田区)2018年春

薬師丸ひろ子の映画【Wの悲劇】1984年、監督澤井信一郎。2018年3月神保町シアター(東京・神保町)にて。

現・国立映画アーカイブにて目に入ったチラシ

2018年2月17日

本年2018年4月1日より東京国立近代美術館フィルムセンターは、国立美術館として独立し『国立映画アーカイブ』になるとのこと、喜ばしい。

無料で利用できる1階の広い休憩所へ。

映画関係のチラシ多数。その中の一つは『カイカン』だ。

久しぶりに神保町行ってみようかな。またもや、されど『Wの悲劇』。

本記事参考サイト:神保町シアター公式サイトにおける『赤川次郎と現代ミステリーの世界 映画で愉しむ謎解きエンターテインメント!』のページ

  • サイト運営管理者:株式会社小学館と思われます。神保町シアターの公式サイトにはそのように記載されていませんが(運営管理主体に関するページ、記載がない)、その公式サイトのページ下方に『Copyright(C) Shogakukan Inc. 2018』と記載されていること、神保町シアターのサイトアドレスに『shogakukan.co.jp』とあることなどを踏まえると、小学館が神保町シアターの運営管理者と思われます。なお、チラシには『小学館グループ 神保町シアター』と記載されていました。
  • サイトアドレス:2018年5月4日現在。リンク設定について、詳細不明。
  • http://www.shogakukan.co.jp/jinbocho-theater/program/mystery2.html

本サイト関連記事:展覧会『ポスターでみる映画史Part3 SF・怪獣映画の世界』

■ 電車で【錦糸町、三越前、京橋】。歩いて東京国立近代美術館フィルムセンター、【八重洲】へ 2018年冬

 

神保町シアターに初来館

神保町シアター(東京・神保町) 看板

2018年3月10日

間近に、有名なラーメン屋の行列。

出入口狭くロビーも狭い。映画館本館、神保町花月、チケット売場の各客が一堂に会すると、邪魔で暑くてたまらない。

当日券のみで整理番号制だから、神保町の滞在時間が長そう。

先に後方席が埋まっていた。耳の遠そうな爺が多いのに。

入場料は良心的、良い。

神保町シアター(東京・神保町) 出入口に設置された立て看板。『赤川次郎と現代ミステリーの世界』と銘打たれた。2018年2月24日から3月23日まで。

 

映画『Wの悲劇』 2時間足らずで3度も泣くとは

作品の魅力に白旗あげて映画館へ。

近くの爺の臭いに挫けそうになるも、彼はいびきや騒音などを出さなかった。

なぜ『エンドロール』で後列の奴(その爺ではない)は騒音をバリバリ出し続けたのか。最後の最後で爆弾を破裂させる、頭の狂った奴がいる。

 

話し言葉はそうではないが、効果音が映像と一致しない場面がいくつかあって違和感あり。

2時間足らずで3度も泣くとは。

薬師丸ひろ子のオーディション落選。

薬師丸ひろ子単独のカーテンコール。

そして薬師丸ひろ子と世良公則の『千秋楽』。

初めて映画館で見た時は、『エンドロール』で急にグッとずっと来た。

本サイト関連記事:映画『Wの悲劇』

■ 角川映画祭で【薬師丸ひろ子】の映画『Wの悲劇』(昭和59年12月)を観た 最後まで大きく心動かされる薬師丸ひろ子の表情、しぐさ、そして声(角川シネマ新宿:東京都新宿区)2016年夏

神保町シアター(東京・神保町) ポスター掲示板。当日の演目、時間が館外でも分かるようになっている。

 

薬師丸ひろ子の映画『Wの悲劇』の概要

  • 映画『Wの悲劇』
  • 1984年、109分、カラー
  • 監督:澤井信一郎
  • 原作:夏樹静子
  • 脚本:澤井信一郎、荒井晴彦
  • 音楽:久石譲
  • 主題歌:薬師丸ひろ子『Woman “Wの悲劇”より』
  • 主な出演:薬師丸ひろ子、世良公則、高木美帆、三田村邦彦、三田佳子

 

神保町シアターの概要

  • 名称:神保町シアター
  • 住所:東京都千代田区神田神保町1-23
  • 最寄り駅1:東京メトロ半蔵門線、都営新宿線・都営三田線 神保町駅A7出口より徒歩3分
  • 最寄り駅2:JR御茶ノ水駅聖橋口より徒歩8分

 本記事参考サイト:神保町シアター

  • サイト運営管理者:株式会社小学館と思われます。神保町シアターの公式サイトにはそのように記載されていませんが(運営管理主体に関するページ、記載がない)、その公式サイトのページ下方に『Copyright(C) Shogakukan Inc. 2018』と記載されていること、神保町シアターのサイトアドレスに『shogakukan.co.jp』とあることなどを踏まえると、小学館が神保町シアターの運営管理者と思われます。なお、チラシには『小学館グループ 神保町シアター』と記載されていました。
  • サイトアドレス:2018年5月4日現在。リンク設定について、詳細不明。
  • http://www.shogakukan.co.jp/jinbocho-theater/index.html

 

以上

  • 記事名称:薬師丸ひろ子の映画『Wの悲劇』(昭和59年12月)を劇場で観た(神保町シアター:東京都千代田区)2018年春
  • 記事更新日:★2018年2月18日、★2018年3月14日、2018年5月4日
  • 記事出典元:★Twitter 山上真@makotomys、山上真オフィシャルサイト
  • 写真撮影日:2018年2月18日、2018年3月10日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)