増上寺(東京都港区)の『大殿』『安国殿』そして東京タワー

寺院【浄土宗大本山増上寺】に行った 白い梅咲く節分の日に(増上寺:東京都港区)2016年冬

東京・京橋で見た東京マラソンルートに関する看板 芝・増上寺もルートの一つ

去る2016年2月21日は、東京は京橋にある東京国立近代美術館フィルムセンターに足を運びました。

特集として『映画監督 三隅研次』を行っており、そのなかの『必殺仕掛人 地獄花』を観るためです。できればこの件でも記事を更新したいと思うほど、やっぱり良かった。良い時間でした。

 

本サイト関連記事

【田村高廣】のドラマ『必殺仕掛人 地獄花』(昭和48年1月20日)を劇場で観た 声良し 顔良し 姿良し 2016年冬

→ 2016年3月3日に公開した記事です。やっぱり良かったのです。

 

映画が終わってフィルムセンターを後にして道路で見たんです。『この辺りは東京マラソンのため一時通行止めになります』(東京マラソン2016の開催日は平成28年2月28日です)という旨の看板を。

東京マラソンのフリーペーパーやサイトを見ましたら、東京の名所のたくさんがマラソンルートになっているんですね。これはいいなあ、私は走れないけれど。

今回も私の元の職場は出るのかしら、と思いながら、今回の記事はそのルートのなかの『芝・増上寺』に足を運んだときのことです。

本記事関連サイト:映画監督 三隅研次

本記事関連サイト:東京マラソン2016

  • サイト管理者:一般財団法人東京マラソン財団
  • 備考:2016年4月3日現在、上記のサイトは『東京マラソン2017』と名称、内容が変更されています。
  • サイトアドレス:2017年2月23日現在(リンクの対応について未詳のためリンクをしない)
    http://www.marathon.tokyo/

 

JR浜松町駅に初来訪

2016年2月3日 

この日は急遽の出張でした。JR京浜東北線沿線を数駅回りました。前夜に出張が決まってからスケジュールを組んでなんとかなりそうだ、と安心してこの日を迎えて、おかげさまでつつがなく終えることができました。

最後の出張先が浜松町駅にありましたので、少し見て回ろうと思い増上寺にしました。増上寺は覚えている限りで2回目の訪問です。

浜松町駅は、東京モノレールに乗って大井競馬場に行ったことはありますが、降りたことはないかもしれません。海側にある『芝離宮恩賜公園』に関心があるのですがなかなか縁がない。

浜松町駅のアイドル 小便小僧

駅の改札を出ましたら懐かしい物が目に入ってきました。『駅名標』という名称であることを初めて知りました。

 

JR浜松町駅(東京都港区)の昔の駅名標
JR浜松町駅(東京都港区)の昔の駅名標

 

その隣にはなぜと頭をひねってしまった小便小僧のタイル画。浜松町駅のホームに小便小僧の像があることも初めて知りました。タイル画というのがいい。昔のトイレの雰囲気を思い出させます。

 

JR浜松町駅(東京都港区)の小便小僧のタイル画
JR浜松町駅(東京都港区)の小便小僧のタイル画

 

増上寺の大門、三解脱門へ

知らない場所に行く際は、事前に地図を見て、印刷して、印を付けておいて準備万全。

そのはずですが、迷ってしまうこと多々あります。この日もやってしまいました。同じ所をぐるぐると回ってしまいました。結局、世界貿易センタービルに出て増上寺側に出ました。帰りは浜松町駅の北口に出ましたので、今度は浜松町駅北口から行こうと思います

通り道左側の工事中の場所や、年季の入った居酒屋または焼き鳥屋を通りすぎて、増上寺の『大門(だいもん)』へ。大門を真正面から撮影する方法って何なんでしょう。

 

増上寺(東京都港区)の『大門』を斜めから見る
増上寺(東京都港区)の『大門』を斜めから見る

 

通り道左側のホテルや右側の芝公園郵便局を通り過ぎると、増上寺の『三解脱門(さんげだつもん)』が目に入ってきます。深い赤が鮮やか、白の布との対比が良いものです。

増上寺の公式サイトによりますと、サイトの向かって左側には『浄土宗大本山増上寺』と記載されていますが、正式な名称を『三縁山広度院増上寺(さんえんざん こうどいん ぞうじょうじ)』と言います。

 

増上寺(東京都港区)の『三解脱門』を斜めから見る
増上寺(東京都港区)の『三解脱門』を斜めから見る

 

増上寺(東京都港区)の『三解脱門』を近くで見る
増上寺(東京都港区)の『三解脱門』を近くで見る

 

増上寺(東京都港区)の『三解脱門』と寺院名称が彫られた石
増上寺(東京都港区)の『三解脱門』と寺院名称が彫られた石

 

三縁山広度院増上寺の大殿本堂

大きな三解脱門をくぐって境内に入りますと、石畳、石段、そして『大殿』、東京タワーが目に飛び込んできました。

『大殿』はなんと読むのか。

大門の読み方からすると『だいでん』かな、そうキーボードに入力しましたが大殿に変換されません。

『おおどの』『おおとの』でもよいのですが志村けんが頭に浮かんでしまってこれでよいのかな、と思ったのですが。

増上寺の公式サイトによりますと大殿は『だいでん』であります

この立派な建物は、戦災にのために消失し、昭和49年に再建されたもの。大殿は地上3階地下1階であり、その構成は次のとおりです。

  • 3階 道場
  • 2階 本堂 ←今回お邪魔したところです。
  • 1階 檀信徒控室
  • 地下1階 宝物展示室

 

増上寺(東京都港区)の『大殿』と東京タワー
増上寺(東京都港区)の『大殿』と東京タワー

 

増上寺(東京都港区)の『大殿』を近くで見る
増上寺(東京都港区)の『大殿』を近くで見る

 

増上寺(東京都港区)の『大殿』を斜めから見る
増上寺(東京都港区)の『大殿』を斜めから見る

 

館内は撮影禁止

階段を登りますと2階、大殿の本堂に着きます。見上げますと金色の文字で『増上寺』の看板が掲げられています。

扉には「館内撮影禁止」の旨の貼り紙がしてありました。以前に大きなトラブルがあったのでしょうか。

例えば、昨年平成27年の春、夏に訪問した東京は築地の築地本願寺では、このようなことはなかったように記憶しています。誰もが写真を撮っていました。それでも、寝てるだけならまだしも、マナーの悪い者もいましたから、私は撮影禁止に違和感はありません。もちろん、場所が場所であるからということもあります。

 

増上寺(東京都港区)の『大殿』2階正面扉と寺院名称の看板
増上寺(東京都港区)の『大殿』2階正面扉と寺院名称の看板

 

節分の日 正午に豆まきをした後

この日は2月3日でしたので節分の日。正午に豆まきをしたそうです。私は16時前の訪問でしたから豆まきにかすりもしません。そのためと思われるセットがそのままにされていました。

出張は浜松町駅で最後でしたが、お客様への報告がありますので長居はできません。こういう場所でゆっくりとできるといいですね。

 

増上寺(東京都港区)の『大殿』2階から見下ろす
増上寺(東京都港区)の『大殿』2階から見下ろす

 

普段は学生の集団を見るとやかましいので嫌なのですが、そうは思わずに写真を撮りたくなったのは、大きな階段と雰囲気の大きな場所のせいでしょうか。見栄えが良い。

 

増上寺(東京都港区)の石段を降りる学生5人組
増上寺(東京都港区)の石段を降りる学生5人組

 

鐘楼堂の白い梅とおみくじと

階段を降りて左手にある『鐘楼堂(しょうろうどう)』のそばに植えられている梅の花。楽しめるほどに咲いていました。春を感じさせてくれましたひと時。梅の花の白さと白いおみくじ。おみくじを引いた人は心も晴れやかになったでしょうか。

 

増上寺(東京都港区)の梅とおみくじ
増上寺(東京都港区)の梅とおみくじ

 

16時を過ぎても人足の絶えない芝・増上寺でありました。

 

増上寺(東京都港区)の『三解脱門』から『大門』の方向を見る
増上寺(東京都港区)の『三解脱門』から『大門』の方向を見る

 

増上寺の概要

  • 名称:三縁山広度院増上寺
  • 住所:〒105-0011 東京都港区芝公園4-7-35
  • 交通アクセス1:JR線・東京モノレール 浜松町駅から徒歩10分
  • 交通アクセス2:都営地下鉄三田線 御成門駅から徒歩3分、芝公園から徒歩3分
  • 交通アクセス3:都営地下鉄浅草線・大江戸線 大門駅から徒歩5分
  • 交通アクセス4:赤羽橋駅、神谷町駅からも徒歩10分以内

本記事関連サイト:増上寺

  • サイト管理者:三縁山広度院増上寺
  • サイトアドレス:2017年2月23日現在(リンクの対応について未詳のためリンクをしない)
    http://www.zojoji.or.jp/

 

増上寺(東京都港区)の『大殿』を見上げる

 

増上寺(東京都港区)の『大殿』2階から見下ろす02

 

増上寺(東京都港区)の『大殿』2階から空を見上げる

 

増上寺(東京都港区)の『大殿』『安国殿』そして東京タワー

 

以上

  • 記事名:寺院【浄土宗大本山増上寺】に行った 白い梅咲く節分の日に(増上寺:東京都港区)2016年冬
  • 記事更新日:2016年2月25日、2016年4月3日、2017年2月23日
  • 記事出典元:山上真オフィシャルサイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)